By ゆき / 最後の更新 2020年03月28日

ハードディスク エラーコード 0142について

パソコンを使用しているうちに、色々なハードウェアの問題が発生するかもしれません。デルは、さまざまな状況に対して、診断機能を提供しています。

お使いのコンピュータまたはWindowsタブレットが正常に機能しない場合、診断を使用して問題を特定し、問題を解決するためのトラブルシューティングステップを確認することができます。

コンピュータがオペレーティング システムを起動できない場合(完全に/部分的に)、またはインターネットにアクセスできない場合、ePSAまたはPSAを使用する必要があります。この診断では、オペレーティング システムがロードされる前に、機能レベルでハードウェアがテストされます。

  • ※補足:デルは、ノートパソコン、デスクトップ、サーバ、およびWindowsベースのタブレットに内蔵された一連の自己診断プログラムを提供しています。これらは、Dell Enhanced Pre-Boot System Assessment(ePSA)またはDell Pre-Boot System Assessment(PSA)Diagnostics(診断)プログラムと呼ばれています。

内蔵診断を使用して問題が検出されると、問題に対応するエラーコードが表示されます。コードは4桁の番号(1000または2000)と、別の4桁の番号(2000-0142、2000-0146など)で構成されます。

エラーコード0142

ハードドライブのセルフテストが失敗した場合、「ePSAハードドライブ - セルフテストに失敗しました。」というエラーメッセージが表示され、エラーコード0142が発生します。これは、ハードドライブでエラーが示されていることを意味します。

HDDエラーコード0142が発生する理由

エラーコード0142が発生する原因はいくつか考えられます。

●ハードディスクの接続に問題が生じている

●ディスクが故障しているか、ディスク構造が壊れている

●WindowsファイルやMBRが破損している

原因が分かった上で、Dell HDD エラーコード 0142を修復する方法について説明しましょう。

Dellエラーコード0142の修正方法

次は、効果のある4つの対処法をご紹介します。ここではWindows 10を例とします。

√対処法1:HDDの接続をチェック

コンピュータの電源をオフにします。パソコンのケースをあけます。HDDとマザーボードの接続をチェックします。

ケーブルを1度抜き、再び接続しなおして(即ちHDDをシステム基板に再接続して)からPSA診断を再度実行します。エラーコードが発生するかどうかを確認します。

√対処法2:インストールメディアからディスクチェックを実行

手順 1. Windows 10のインストールメディアを挿入し、インストールメディアから起動します。

手順 2. 言語を選択し、時刻、キーボードなどを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 3. 次の画面で「コンピューターを修復する」を選択します。

手順 4. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「コマンドプロンプト」を選択します。

手順 5. コマンドプロンプトでchkdsk C: /rと入力してEnterキーを押します。

◎ヒント:このコマンドはCドライブのエラーをチェック、修復します。ドライブ文字を変更することにより、ほかのドライブのエラーをチェックすることができます。

手順 6. コマンドプロンプトを終了した後、コンピュータを再起動してエラーコード0142が発生するかを確認します。

Windows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法

√対処法3:Windowsを再インストール

Windowsの新規インストール(クリーンインストール)は、データ紛失を起こすので、実行する前に重要なファイルをバックアップしておきましょう。そして、次の手順に従ってください。

手順 1. Microsoftの公式ページから「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてインストールメディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)をコンピュータに保存します。

手順 2. MediaCreationTool.exeを右クリックして管理者として実行します。

手順 3. 「Windows 10セットアップ」というウィザードが始まるので、「同意する」をクリックします。

手順 4. すると「実行する操作を選んでください」画面で「他のPC用にインストールメディアを作る」という項目にチェックを入れてから、「次へ」をクリックしてください。

手順 5. 次にWindows 10の言語、アーキテクチャー、エディションを選択する画面が表示されます。そこでまずは「このPCにおすすめのオプションを使う」という項目にチェックが入っていることを確認してから、お使いの「Windows 10」と言語、エディション・アーキテクチャという項目が合致していることを確認して、さらに「次へ」という項目をクリックしてください。

このPCにおすすめのオプションを使う

手順 6. そしてメディアの作成先にチェックを入れてから、「次へ」をクリックしてください。今回はUSBフラッシュドライブを選びましょう。

USBフラッシュドライブ

手順 7. 空のUSBメモリ(少なくとも8GB)をパソコンのUSBポートに挿します。インストールするドライブを指定して「次へ」をクリックします。

手順 8. これでWindows10インストールプログラムのダウンロードが開始します。最後に「USBフラッシュドライブの準備ができました」が表示され、Windows10のUSBメディアの作成が完了した画面で「完了」をクリックします。

手順 9. 作成したWindows10用のインストールUSBメディアでコンピュータを再起動します。

手順 10. 「今すぐインストール」をクリックします。そしてWindowsセットアップウィザードに従って、Windows 10のクリーンインストールを完成させます。

◎ヒント:「今すぐインストール」をクリックした後、Windows 10のプロダクトキーを入力する画面が表示されます。Windows 10を今まで使用している同一のパソコンにクリーンインストールする、または過去にWindows 7及びWindows 8.1をWindows 10に無償アップグレードしたパソコンをクリーンインストールする場合は、自動でアクティベーション(ライセンス認証)されるので、Windows 10のプロダクトキーを入力する必要はありません。

データを消さずにWindows 10を再インストールする3つの方法

√対処法4:故障したHDDを交換

上述の3つの方法を試してみても診断でエラーコード0142が発生する場合は、古いHDDを新しいディスクに交換することができます。

●保証期間内であれば、Dellに連絡してHDDの交換修理をお願いします。

●保証期間が切れている場合は、お使いのコンピュータの種類に応じて、交換可能なハードディスクを選んでください。

◎ヒント:HDDを交換する前に古いHDDを新しいHDDにクローン、コピーするのは良い選択です。こうすれば、交換後にシステムやすべてのアプリを再インストールする必要がありません。

備えあれば憂いなし:Dell HDD エラーに備えよう

ご覧のように、Dell HDDのエラーコード0142を修復するのは少し複雑でしょう。特に対処法3はとても面倒くさい手順があります。システムに深刻なトラブルが発生することに備えたり、OSやアプリを再インストールすることを防ぐために、日頃からシステムバックアップを取っておく必要があります。

  • ★★★ ここでは、AOMEI Backupper Standardという最高のバックアップフリーソフトをお勧めします。システム/ディスク/パーティション/ファイル、4つのバックアップ種類をサポートします。バックアップスケジュールを設定することでバックアップを自動的に実行することができます。

    こちらからダウンロード

まずはこのフリーソフトをダウンロードし、「バックアップ」タブ→「システムバックアップ」をクリックします。そして、シンプルな手順でシステムイメージを作成しましょう。システムイメージがあれば、再インストールの代わりに、システムの復元を実行して、壊れたシステムやMBRを修復することができます。これはたくさんの時間と手間を節約します。

システムバックアップ

◎ヒント:パソコン起動失敗に備えて、AOMEI Backupper Standardを利用してブータブルメディアを作成することができます。

補足バックアップのほか、AOMEI Backupper Standardも素晴らしいHDDクローンフリーソフトです。また、Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、Server版を使用することができます。企業で台数無制限のPC&Serverを守りたい場合、Technician版を選ぶことができます。AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

結論

この記事では、Dell HDD エラーコード 0142の修復方法をいくつかご紹介しました。役に立てば幸いです。また、このようなHDD エラーコードが発生することに備えて、AOMEI Backupperを利用してバックアップを定期的に自動バックアップした方がいいです。バックアップ&復元機能のほか、クローンを実行することもできます。迷わずにこの強力なツールを試みてみましょう!

関連の人気記事:

パソコンのデータを定期的に自動バックアップする方法

Windows 10/8/7向けのSamsungクローンフリーソフト