By Akira / 最後の更新 2022年05月26日

起動ディスクとは?

Weblioによりますと、起動ディスクとはUSBポートによってPCと接続し、PCの起動(ブート)を行う機能を搭載した記憶装置(ハードディスクやUSBフラッシュメモリなど)です。システムが起動しなくなった場合、起動ディスクを利用すればPCを起動させることができます。同時にPC内の外部記憶装置へのアクセスを禁止するように設定することで、PC内への情報の保存を抑止し、情報漏洩を防止するシンクライアントを実現するソリューションなども提供されています。

なぜ起動ディスクを作成しますか?

USB

以下の場合にはブータブルUSBは必要であるかもしれません:

サイバー攻撃、ウイルス感染、システム破損、ハードディスク故障などの原因でパソコンは起動しなくなってしまった場合は、起動ディスクを使用してパソコンを起動させて、トラブルシューティング(システム修復)を実行したり、システムを再インストールしたりすることができます。
OSを上書きインストールしたいか、ゼロからインストールしたい場合は、Windowsを起動したままではいけないため、起動ディスクを使用する必要があります。
内蔵ドライブ上のOSをロードできない場合は、起動ディスクを使用して、破壊されたシステムまたは失われたデータを復元することができます。
OSを読み込まずにバックアップまたはクローンの操作を行いたい場合は、起動ディスクを使用する必要があります。

起動ディスク--CDまたはUSB内のバックアップフリーソフト

起動ディスクにある起動可能なバックアップソフトウェアは、Windows環境以外のコンピュータをバックアップするため、PCを起動する必要はありません。Windows OSなしでは、Windowsバックアップユーティリティを使用することは不可能です。そのため、起動可能なCDまたはUSBドライブを作成する必要があります。プロバックアップソフトAOMEI Backupper Standardをお試しください。

このバックアップソフトウェアはお使いのCD/USBドライブを起動可能にすることをサポートします。簡潔明瞭なインターフェイスと簡単な操作方法なので、あなたはコンピュータサイエンスに関する知識がほとんどない場合でも心配しないでください。では、このソフトウェアをダウンロードして試してみてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

バックアップソフトウェアで起動ディスクを作成する方法

CDまたはUSBドライブをコンピュータに接続し、Windowsで検出できることを確認してください。起動ディスクを作成する操作はWindows環境で行われるため、コンピュータがすでに故障している場合は、ご家族や友人のコンピュータで作成してください。

ステップ 1. AOMEI Backupper標準版をインストールして起動します。「ツール- >ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. 「Windows PE- Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」を選択します。その後、Windows AIKをインストールする必要があるかどうかをAOMEI Backupperが検出します。そうした場合は、まずWindows AIKをインストールしてください。

Windows PE- Windows PEに基づいて起動ディスクを作成

ステップ 3. 起動可能なメディアを選択します(ここではUSBを例とします)。「次へ」をクリックし、処理が完了するまでお待ちください。ほとんどの場合、ほんの数分かかります。

起動可能なメディア

作成後、起動可能なメディアを抜きます。

システム復元のためにシステムイメージを作成

Windowsが起動しない場合は、作成された起動ディスクでパソコンを起動して、AOMEI Backupperの機能を使用することができますが、事前にAOMEI Backupperでシステムイメージを作成しないと、深刻なトラブルが発生したあと、起動ディスクがあっても、システムを正常な状態に戻すことができません。次は、AOMEI Backupperの「システムバックアップ」でシステムイメージを作成する方法についてご紹介しましょう。

「バックアップ」タブをクリックしてから「システムバックアップ」を選択します。次には、ウィザードに従って、システムバックアップの作成を完成させます。データの安全を確保するためにシステムイメージを外付けHDDまたはネットワーク場所に保存した方がいいです。

システムバックアップ

▼詳細情報についは次の記事を参考にしてください。

AOMEI Backupperでシステムイメージを作成する方法

まとめ

この記事では、Windows11、10、8.1/8、7、Vista、XPのすべてのエディション向け起動ディスク作成フリーソフトと起動ディスク作成方法をご紹介しました。起動ディスクがあれば、システムがクラッシュしてもパソコンを簡単かつ迅速に修復することができます。また、AOMEI Backupperを使用して、ブータブルメディアを持たなくても、回復環境を起動させることができます。そうすると、USBメモリを用意する必要がありません。

Windows Server OS(例えば、Windows Server 2022/2019/2016/2012)の各種エディションのために起動ディスクを作成したい場合は、AOMEI Backupper Serverを選択してください。躊躇わずその強力なブータブルUSB作成フリーソフトを試してみましょう。