By Machi / 最後の更新 2022年06月09日

無料で使用できる自動同期ソフトはあるのか?

 

ノートPCとラップトップPCの間でファイル(特に音楽)を自動的に同期する方法を探しています。これを簡単に行うための無料の自動同期ソフトはありますか?ノートPCにすでにある曲をもう一度ラップトップPCでダウンロードするのが嫌です。

 

多くのユーザーは、ファイルを自動的に同期するための無料の自動同期ソフトを探しています。ファイル同期は、ファイルバックアップと似ていますが、両者には違いがあります。

ファイルバックアップを作成すると、バックアップするすべてのファイルやフォルダが1つのイメージファイルに圧縮されます。その中のファイル/フォルダを使用する場合、まずそのイメージファイルを復元する必要があります。

ファイル同期は同期するファイルとフォルダを指定した場所に転送/コピーすることです。同期されたファイル/フォルダを使用する場合、復元する必要がなく、いつでも使えます。

同期

ファイル自動同期のメリット

技術の急速な発展に伴い、ファイルの自動同期が日常業務で重要な役割を果たすようになりました。この傾向には、2つの主な理由があります。

1. 時間と手間を節約できます。自動同期が設定されると、毎回ファイルを手動で同期する必要はありません。

2. 更新されたファイルを定期的に同期できます。多くのユーザーは、異なるコンピュータで作業する必要があります。もし、あるコンピュータでファイルを変更し、同期するのを忘れた場合、他のコンピュータはその重要な変更を見逃すことになります。事前に自動同期を設定すれば、これらのファイルは自動的に更新されます。

全Windows PC対応の最高の自動同期フリーソフト-AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper Standardは無料の自動同期ソフトウェアで、多くの実用的な同期機能を備えています。

毎日/毎週/毎月などの頻度から自動同期の実行を設定できます。
外付け/内蔵ハードドライブ、USBドライブ、共有フォルダ、NAS、クラウドドライブなど、ほとんどの場所にファイルを同期させることができます。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。

また、このソフトは同期に加えて、ファイル/ディスク/パーティション/システムバックアップの4つのバックアップモードと復元機能をサポートしています。データを保護するために、これらの強力な機能を使用することを強くお勧めします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Backupperでファイル/フォルダを自動的に同期する方法

ここでは、Windows 10でSynology NASにファイルを自動的に同期する方法を紹介します。ステップに従って、AOMEI Backupperでファイル/フォルダの同期をスケジュールしましょう~

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。「同期」>「ベーシック同期」を選択します。

ベーシック同期

ステップ 2. 「フォルダを追加」を選択して、同期するファイルまたはフォルダを選択します。

フォルダを追加

ステップ 3. 逆三角形アイコンをクリックして、「共有またはNASデバイスの追加」をクリックし、ネットワークパスまたは名前を入力して、「>」アイコンをクリックし、同期先としてのフォルダを選択します。

共有またはNASデバイスの追加

>アイコンをクリック

ステップ 4. 「自動同期」をクリックし、「自動同期を有効にする」のスイッチをオンにします。ニーズに応じて自動同期の頻度を設定します。

自動同期

☛ ヒント:
自動同期モードをイベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)またはUSB挿入に設定したい場合、AOMEI Backupper Professionalなどの上位版へのアップグレードをご検討ください。
「オプション」で、同期完了後のメール通知、削除操作の同期などを設定できます。
ソースディレクトリにファイルが変更されると、すぐにターゲットディレクトリに同期したい場合、AOMEI Backupper Professionalへアップグレートし、「リアルタイム同期」をご利用ください。この機能では、「自動同期」を設定する必要がありません。

ステップ 5. 「開始」をクリックし、ファイルをSynology NASに同期します。

開始

▶ 注意:同期元のファイル/フォルダ名を変更しないでください。さもないと、それらが同期されません。

同期後、同じLANにある他のコンピュータはSynology NASでこれらの共有ファイルをコピーして使用することができます。これらの共有ファイルにアクセスには、「エクスプローラ」>「ネットワーク」で、同期先のSynology NASを見つけて開いて、共有ファイルを表示します。

同期センターでファイル/フォルダを自動的に同期する方法

そのほか、「同期センター」を使って、あるコンピュータから別のコンピュータにファイルやフォルダを自動的に同期させることもできます。詳細については、読み続けてください。

ステップ 1. コンピュータでフォルダを共有します。

同期したいフォルダを右クリックし、「プロパティ」>「共有」>「詳細な共有」をクリックし、「このフォルダーを共有する」にチェックを入れて、「アクセス許可」をクリックします。

アクセス許可

「追加」をクリックして、ファイルを共有するコンピュータのユーザー名を入力します。「フルコントロール」、「変更」、「読み取り」の権限を許可し、「OK」をクリックして、確認します。

追加

ステップ 2. オフラインファイルを有効にします。検索ボックスで「同期センター」を入力し、検索結果から「同期センター」を開きます。「オフラインファイルの管理」をクリックし、「オフラインファイルを有効にする」をクリックします。その後、コンピュータを再起動すると、このオフラインフォルダが有効になります。

オフラインファイルを有効にする

ステップ 3. 常にオフラインで利用できるように設定します。別のコンピュータを起動し、「エクスプローラ」>「ネットワーク」で、同期元のコンピュータを探してダブルクリックし、ネットワーク資格情報を入力し、共有フォルダを右クリックし、「常にオフラインで使用する」を選択します。

常にオフラインで使用する

これで、ネットワークコンピュータ上で何か変更があった場合、自動的にもう一方のコンピュータに同期されます。しかし、この方法でスケジュールされた同期は、時々同期失敗や、同期保留中などの問題に遭うことがあります。

まとめ

自動同期はあなたの仕事をより便利にします。同期フリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使用して、ファイルの自動同期を簡単にスケジュールできます。ネットワークフォルダをGoogleドライブに同期する場合や、コンピュータにあるファイルをUSBドライブに同期する場合、このソフトも役立ちます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。