By AOMEI / 最後の更新 2019年12月20日

USBドライブにシステムイメージを作成する理由

システムイメージは、システム設定や、プログラムおよびWindowsの起動に不可欠のファイルで、つまりパソコンの運行がそれのおかげだ。システムイメージがあれば、システムが損傷した場合でもシステムを通常の状態に復元できる。では、システムイメージを作成することの重要性が分かったでしょう。

次はシステムイメージをUSBフラッシュドライブに保存する理由だ。

● システムイメージは外付けUSBドライブに保存すると画像ファイルが失われることはない。

● HDDやSSDなどの他の外付けドライブと比べて、USBドライブは手頃な価格で、コンピューターに直接接続できるメリットがある。

問題:ドライブは有効なバックアップ場所ではない

Windowsには、システムイメージの作成を支持する組み込みツールがあるけど、一部のユーザーは、「バックアップと復元」この機能を使用してUSBドライブにシステムイメージが作成できないことがあったり、「ドライブは有効なバックアップ場所ではない」のような警告を受け取ることもある。

USBドライブがシステムイメージを保持するのに十分な大きさで、NTFSとしてフォーマットされている場合でも、問題はそのまま存在してる。実際、このエラーはバックアップと復元の制限が原因で発生するかもしれない。USBフラッシュドライブまたはサムドライブをシステムイメージを作成するときのバックアップ先としてサポートしていないなど。では、 USBフラッシュドライブにシステムイメージを作成する別の方法はあるのか?

USBフラッシュドライブにシステムイメージを作成する方法

Windows用の強力なバックアップユーティリティであるAOMEI Backupper Professionalがきっと役立つ。システム/ディスク/パーティション/ファイルのバックアップなど、万能のバックアップソリューションを提供する。ローカルディスク、外付けHDD、ネットワークロケーション、NASデバイスなど、さまざまなバックアップロケーションがサポートされてる。

では、以下の手順に従って、AOMEI Backupperを介してUSBドライブにシステムイメージを作成しよう。

Pro版の無料体験 Win 10/8.1/8/7/XP
2千万人以上のユーザーに信頼されてる

手順 1. USBフラッシュドライブをコンピューターに接続し、検出されることを確認する。

手順 2. AOMEI Backupperをインストールして実行する。そして「バックアップ」、「システムバックアップ」を選択する。

システムバックアップ

手順 3. 必要なシステムパーティションがデフォルトで選択されるから、システムイメージを保存するターゲットパスのみ選択する。

ターゲットパス

手順 4. 「スケジュール」をクリックする。ポップアップウィンドウで、タスクを定期的にバックアップを設定できる。

スケジュール

手順 6. 操作を確認して、「開始」をクリックする。バックアッププロセスが終わったら、USBドライブを安全に取り外す。

開始

では、USBドライブにシステムイメージの作成は全て完成した。どう思う?全然難しくないでしょう。実は、クローンやバックアップに関する限り、AOMEI Backupperを使うと、どんな操作も簡単になるよ。早く試してみようよ!