Clonezillaのクローンが失敗する対処方法

Clonezillaについて

ClonezillaはHDDクローンとイメージの無料プログラムであります。これは2つのエディションがあります。Clonezilla LiveはブータブルCD/USBディスクを作成できて、様々なシステム(Linux、Mac OS、Windows、FreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどを含む)を実行しているコンピューターを起動できます。Clonezilla Serverはネットワークを介して、同時に多くのコンピューターをクローンできます。沢山のユーザはClonezillaを使用して、HDDをクローンします。一部のユーザはそれを順序に完成できますが、他の人はエラーで終了してしまいます。多くの理由でClonezillaのクローンが失敗します。ここには修正する方法あるいは解決する方法がありますか。

原因とソリューション

不良セクタはクローンが失敗する原因である可能性が高いです。不良セクタは、データの読み込みと書き込みに使用されることができないストレージスペースの小さなクラスタであります。不良セクタでClonezillaのクローンが失敗するかもしれません。次のコマンドを試してみて、セクタをチェックし、修正することができます:sudo e2fsck -f /dev/sdxy(「x」はドライブ文字を示し、「y」はパーティション番号を示します)。チェックされるパーティションはアンマウントを保たなければならないことを注意してください。Windowsパーティション(通常はNTFSとFAT32のフォーマット)をチェックしたい場合、chkdsk /fを使用することができます。しかし、不良セクタは修復できない時、高度な追加パラメータを有効にして、不良セクタをスキップできます。そして、読み込み、アクセスできるデータをHDDから他のに移動できます。

高度な追加パラメータ

大容量ディスクを小容量ディスクにクローンしてみる時(クローン進捗中で一部のブロックを捨てなければならない)、Clonezillaはどのブロックを捨てるはずだが分かりません。そのため、ClonezillaでHDDをクローンすることが失敗します。この問題を解決するために、ソースパーティションを縮小し、または同じサイズやより大きいサイズを持つHDDを宛先ディスクとして使用します。確かに大容量ディスクを小容量ディスクにクローンしたい場合、高度な追加パラメータで「-icds Skip checking destination disk size before creating partition table」オプションをチェックします。

Clonezillaを使用して、まだHDDをクローンできない時、こんな問題を自動的に回避できる他のプログラムを試すことができます。

HDDクローンのよりスムーズな方法

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8.1/8/7向けのHDDクローン無料ソフトウェアです。ソースディスク上の全てのデータは小容量HDDにフィットする限り、それは大容量ディスクを小容量ディスクにクローンするのを完全にサポートします。AOMEI Backupperは、クローンとバックアップの時デフォルトで不良セクタを無視します。WindowsのOSを使用しない場合、HDDクローンのために、AOMEI Backupperによって作成されたブータブルCD/USBディスクを使用して、コンピューターを起動できます。

AOMEI BackupperでHDDをクローンします:

1. このフリーウェアをダウンロードして、インストールし、開きます。クローンプロセスを設定します。

2. 「クローン」タブで「ディスククローン」をクリックします。1つや1つ以上のパーティションをクローンしたいなら、代わりに「パーティションクローン」をクリックします。

クローン

3. クローンしたいディスクをクリックして、ソースディスクを選択します。「次へ」をクリックします。次のスクリーンに、データを保存するターゲットディスクをクリックして、そして「次へ」をクリックします。

ソースを選択

4. ターゲットディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックします。そして「開始」をクリックして、クローンのプロセスが始まります。

開始

直感的なインタフェースと優れた性能なので、Clonezillaのクローンが失敗する時、AOMEI Backupperを試してみるのを非常に推薦します。その他、AOMEI Backupperも非凡な無料バックアップと復元ソフトウェアと見なされます。それを使用して、無料で異なるハードウェアに復元することもできます。