By Comnena / 最後の更新 2022年05月26日

Clonezillaエラー:宛先ディスクが小さすぎます

 

Clonezillaを使ってシステムドライブのクローンを作りたいと思っています。そうすれば、メインドライブが故障したときに、手元にバックアップがあります。可能であれば、この手順を定期的に行うつもりです。
disk to diskモードを使ってClonezillaを実行すると、clonezillaエラーが表示されます。宛先ディスクが小さすぎます!また、-icdsモードも試してみましたが、同じメッセージが表示されます。最初にディスクを縮小することは可能でしょうか?もしそうなら、どのパーティションを縮めるべきでしょうか?よろしくお願いします。

- あるユーザーからの質問

エラー

Clonezilla宛先ディスクが小さすぎるエラーが発生する原因

Clonezillaはオープンソースのクローン作成ソフトで、ハードディスクのバックアップやクローン作成を行うことができます。しかし、Clonezillaのターゲットディスクが小さくて困ることがあります。

次に、どのような場合にこのエラーが発生するのかをお伝えします。

  • Clonezillaの復元先ディスクが小さすぎます。大きなドライブをバックアップした後、より小さなディスクに復元しようとすると、宛先ディスクが小さすぎるエラーが表示されます。

    多くのユーザーは、バックアップと復元という方法で、OSをハードディスクから一般的に小さいSSDに移行したいと考えています。Clonezillaは、ファイルシステムのオリジナルサイズをバックアップします。Clonezillaが元のファイルシステムをより小さいディスクに復元しようとすると、復元先のディスク境界を越えて書き込むことができません。

  • Clonezillaのクローン先ディスクが小さすぎます。Clonezillaのクローン機能は、同じ方法でデータをクローンするため、大きなハードディスクを小さなSSDにクローンしても、同じエラーが発生する場合があります。

さて、Clonezillaで大容量ディスクのバックアップを小容量ディスクに復元することは可能でしょうか?下記をご覧になって、明確なアイデアを得てください。

Clonezillaより小さなディスクへの復元

Clonezilla公式サイトから見て、Clonezillaは大容量ディスクから小容量ディスクにクローンすることをサポートできないことを知っています。でも、沢山のユーザーはHDDをSSDへアップグレードしたい時、大容量ディスクを小容量ディスクへクローンし、または復元するニーズがあります。幸いなことに、ある方法がこの問題を解決できます。Clonezillaは高度なモードを提供します。クローン、復元する時、Clonezillaにディスクサイズを無視させることができます。Clonezilla起動の開始時にエキスパートモードを選択します。そして、パラメータ「-icds」を選択して、パーティションテーブルを作成する前にClonzillaは宛先ディスクサイズをチェックしません。

パラメータ

Clonezillaはまた小さなドライブにクローンできない場合、ソースドライブを、宛先ディスクと同じに、または宛先ディスクより小さくなるまでに縮小します。その後、ソースドライブをもう一度イメージし、またはクローンできます。パーティションを縮小するために、Windows内蔵ユーティリティーディスクの管理を使用してもいいです。実行ボックスで「diskmgmt.msc」を入力して、それをアクセスできます。「ディスクの管理」の「ボリュームの縮小」オプションがグレー表示になり、または望み通りに縮小できないなら、他の無料パーティション管理ソフトウェアを使用できます。

大容量ディスクから小容量ディスクへの復元【より簡単】

もし上記の回避策を試しても、ディスクが小さすぎると言ったら、AOMEI Backupper Standardのようなサードパーティソフトウェアの使用を検討することができます。これは無料のハードディスククローニングとイメージングソフトウェアで、より大きなディスクからより小さなディスクへのクローンまたは復元をサポートします。事前に余分な設定やパーティションサイズを変更する必要がなく、ただ動作するだけです。

ここでは、大容量ディスクを小容量ディスクに復元する方法を例として紹介します。また、大容量ドライブを小容量ドライブにクローンする詳細な手順もご紹介します。

修復する前に、いくつかの準備が必要です:

  • AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。そして、それを使って、システムバックアップを作成します。なぜなら、バックアップイメージは新しいハードディスクに復元する前提だからです。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
  • バックアップイメージを保存するために、新しいハードディスクまたはSSDを用意します。

では、AOMEI Backupperがどのように大容量ディスクから小容量ディスクに復元するか、見てみましょう。

1. イメージを含むハードディスクとターゲットドライブをコンピュータに接続し、両方が検出できることを確認します。

2. バックアップイメージを見つけるために、「復元」と「タスクを選択」をクリックしてください。

タスクを選択

3. 復元したいシステムイメージを選択します。

復元するイメージの選択

4. 「このシステムイメージを復元」を選択します。

システムイメージを復元

5. システムイメージを他の場所に復元する場合、ターゲット(復元先)ドライブを指定する必要があります。元の場合に復元するのは、プログラムは直接にこのページをスキップして、次のページに入ります。

ターゲットディスク

5. プレビューして、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
「ユニバー復元」機能により、システムイメージを異なるハードウェアのコンピュータに復元できます。これはAOMEI Backupper Professionalで利用できます。
パーティションのサイズを調整したい場合は、下の「パーティションを編集」(有料機能)をクリックします。
SSDへ復元する場合、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックを入れます。
バックアップと復元以外に、このソフトはM.2 SSDクローンソフトとして、Windows 10をM.2 SSDに移行、M.2 SSDをM.2 SSDにクローンなど、様々な用途に使用できます。

まとめ

AOMEI Backupperで、Clonezillaの保存先ディスクが小さすぎることに悩まされることはもうないでしょう。AOMEI Backupperを利用して、イメージをより小さいドライブに復元するのは簡単です。さらに、強力なディスククローンソフトウェアでもあり、より大きいハードディスクをより小さいSSDにクローン、未割り当てのスペースを残さないでSSDをより大きいSSDにクローン、Windows 10をNVMeにクローンなど、様々なことが可能です。

会社内の無制限のコンピュータを保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianを選択することができます。内蔵のAOMEIイメージデプロイツールにより、サーバー側コンピュータのシステムイメージファイルをネットワーク上の複数のクライアント側コンピュータに復元することも可能です。