By Comnena / 最後の更新 2020年09月07日

なぜClonezillaで小さなディスクに大きなディスクをクローンしますか?

オープンソースのフリーソフトウェアとして、Clonezillaはハードドライブのクローンまたはバックアップに使用できます。主に会社や家庭で使用されているほとんどのオペレーティングシステムで動作するため、特にハードドライブを新しいものにアップグレードする場合は、多くの人がClonezillaを使用することを好みます。この場合、Clonezillaを使用して、Windowsやプログラムを再インストールせずにハードドライブを別のハードドライブにクローンできます。

しかし、古いものを代替する宛先ドライブのサイズはいつもソースドライブと同じ、またはより大きいわけではありません。SSDの素晴らしい性能で、また最近それらは安くなるので、多くのユーザーはClonezillaでデータを大きなドライブから小さなSSDに換装したいです。したがって、Clonezillaを使用して小さなディスクに大きなディスクをクローンすることは良い選択です。

Clonezillaをより小さなドライブにクローンできるようにします

公式に、Clonezillaは、クローンを保存するためにソースドライブと等しくて、またはより大きい宛先パーティションが必要です。そのため、唯一の方法はソースパーティションを縮小して、クローン先パーティションにフィットすることです。

Clonezillaを使用して新しいディスクにパーティションをクローン:

ステップ 1. Windows 10/8/7の「ディスクの管理」を開きます。Linuxシステムを実行する場合、GPartedメディアからコンピューターを起動できます。

ステップ 2. ソースパーティションを右クリックして、「ボリュームの縮小」をクリックします。ウィザードに従って、パーティションを縮小します。

ステップ 3. それが完了した後、Clonezillaを再起動します。

ステップ 4. ソースディスクとターゲットディスクを選択します。

ステップ 5. EXPERTモードを選択して、「-icds」オプションを有効にします。以下のメニューから「Resize partitional table proportionally」オプションを選択する必要もあります。

Extra Parameters

ステップ 6. 必要があるなら、他のClonezillaオプションを設定できます。そして「y」を入力して、確認します。最後にクローンを開始します。

補足:この方法で、Clonezillaはこのディスクでパーティションテーブルを作成するのに失敗しましたみたいなエラーが発生せずにクローンのプロセスを完成できます。しかし、これは複雑で面倒すぎると思っていたら、他のフリーソフトを試して、余分な準備なしに、直接に大きなディスクから小さなディスクにクローンします。

小さなHDDに大きなHDDをクローンするより簡単な方法

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8/7向けの無料クローンソフトウェアで、数回のクリックで小さなドライブにHDDをクローンできます。それは、システムクローン、パーティションクローン、ディスククローンの3つの異なるクローンソリューションを提供します。

小さなSSDへの大きなHDDのクローンを開始:

ステップ 1. このフリーソフトをダウンロードして、お使いのコンピューターに実行します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP

ステップ 2. ホームスクリーンで、「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。自分のニーズに基づいて、「システムクローン」と「パーティションクローン」も選択できます。

クローン

ステップ 3. ソースディスク(クローン元のディスク)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソース選択

ステップ 4. ターゲットディスク(クローン先のディスク)として、新しいハードドライブを選択します。そして「次へ」をクリックします。

開始

ステップ 5. ソースディスクとターゲットディスクの情報をプレビューできます。以下のようなウィザードページで、所望のオプションを設定できます。

✎ノート:
◆ パーティションを編集:パーティションサイズやドライブ文字などを編集できます。この機能を利用するには、Pro版にアップグレードする必要があります。
◆ セクター単位のクローン:ソースディスクからターゲットディスクにすべてのセクションをクローンします。これには、ターゲットディスクの容量がソースディスク以上である必要があります。このオプションを使用すると、「パーティションを編集」が使用できなくなります。
◆ SSD 4Kアライメント:クローン先ディスクがSSDの場合は、このオプションをオンにして、読み取りと書き込みのパフォーマンスを向上させます。

手順 5. 最後に、「開始」をクリックします。プロセスが完了するまで待ちます。終わったら「完了」をクリックします。ソースディスクのサイズによってディスククローンの数時間がかかる場合もあります。

しばらくすると、クローン作成プロセスが完了します。その後、大きなディスクを取り外してクローンドライブから起動します。したがって、AOMEI Backupperを試してみる場合、安全かつ簡単により大きなディスクを小さなディスクにクローンできます。

まとめ

Clonezillaがより小さなディスクにクローンを作成できるようにするには、ソースパーティションをターゲットパーティションに合わせて縮小する必要があります。または、AOMEI Backupperを試して、複雑な操作なしで目標を達成することもできます。

ディスクからディスクへのクローン作成に加えて、AOMEI Backupperは、システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップを含むさまざまなバックアップオプションを提供して、データを安全に保ちます。また、ブート可能なディスクを作成して、災害発生時にコンピューターを起動することもできます。

社内の無制限のコンピューターを保護する場合は、AOMEI Backupper Technicianを選択できます。組み込みのAOMEI Image Deployツールを使用すると、サーバー側のコンピューター上のシステムイメージファイルをネットワーク経由で複数のクライアント側のコンピューターに展開/復元することもできます。