By Comnena / 最後の更新 2020年07月02日

HDD VS SSD

ハードディスク大きくはHDD(hard disk drive)とSSD(solid state drive)に分かれます。

豆知識HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶装置です。その性能とインターフェース規格の違いからSATAとSASに分類されます。

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、HDDと同様の記憶装置です。半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)のことを指します。SSDの種類が沢山あります。SATAという一般的な規格の他にPCI-Express、mSATA及びM.2 SSDを選ぶことができます。

ここ数年、SSDの低価格化が著しいです。その上で、SSDの性能(読み書きスピードなど)がHDDよりはるかに超えています。

hddからssd

さらに、小型で軽量、音がしないので静か、低消費電力、低発熱など長所があります。

なぜHDDからSSDへ交換?

HDDからSSDへ換装には多くの理由があり、大きく分けて以下のとおりです。

✦ ハードドライブが壊れた:時間の経過とともに劣化する場合、コンピュータ自体が古くなっている可能性があります。特に、Windows 7のサポートは2020年に終了します。この場合、ハードディスクに問題がある可能性があります。
✦ OSやアプリケーションの起動が遅い:OSやアプリケーションの起動が遅い場合は、クローンする必要があります。SSDの最大のメリットはデータの読み書き速度ですので、SSDへクローンすればユーザーの作業効率が大幅に向上します。
✦ より良い体験をしたい:HDDとは異なり、SSDはより多くの利点を持っているので、より良い体験をしたい場合は、換装を作成することをお勧めします。

要するに、PCのパフォーマンスを向上させるためにHDDからSSDへデータを交換するのは良い選択です。では、HDDからSSDへの簡単な交換方法がありますか?

SSDへの交換に使用された一般的な方法

最初の方法はノートパソコンのSSDにWindowsをクリーンインストールすることです。Windowsインストールディスクを準備しておきます。それを使用してOSをインストールします。そしてクリーンインストールが完了した後、好みのアプリケーションをインストールします。

この操作を実行するのは難しくありません。Windows用のインストールメディアをお使いのコンピューターに接続します。そしてBIOS起動順位を変更してノートPCがインストールディスクから起動することを確保します。最後は指示に従えばいいです。しかし、この方法はけっこう時間がかかります。

多くのユーザーは最初の方法を試した後、それが非常に面倒だと思っているかもしれません。それで彼らは2番目の方法を見つけてOSとアプリケーションを再インストールせずにノートパソコンのSSD交換を完了させます。そのソリューションはクローンソフトを使用してHDDからSSDにクローンすることです。

SSDクローンソフトウェア

HDDからSSDへクローン、コピーするために、頼もしいクローンソフトを選択するのは重要です。

【要件】
ⅰ 一般に、HDDよりSSDは容量が小さいので、このソフトは大容量HDDから小容量SSDへクローンできる必要があります。
ⅱ また、クローンしたSSDが起動するよう、BIOS設定をLegacyブートモードからUEFIブートモードに変更する必要があるので、このソフトはLegacyとUEFI両方のブートモードとの互換性があるべきです。

ここでは上述の要求を全部満たせるSSDクローンフリーソフト - AOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。パソコン初心者でも簡単に使えます。様々な機能を備えます。

例えば、SSDを最適化するためのオプションがあり、MBRからMBRへのクローンだけでなく、パーティションクローン、バックアップ&復元、ブータブルメディアの作成などもできます。

※補足:しかし、システムディスクをMBRからGPTへクローン、またはGPTからGPTへ、GPTからMBRへクローンしたい場合やOSのみクローンしたい場合、割引でAOMEI Backupperの有料版 - AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。また、有料版はクローン先のディスク上のパーティションのサイズを変更できますし、差分バックアップ、イメージのチェック/検索などもっと多くの高度な機能があります。

▼AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

HDDからSSDへクローンする方法

▶注意:
HDDからSSDへクローンを作成する前に、AOMEI Backupperはターゲットディスクの上に十分な空き領域があるかどうかをチェックします。容量不足の場合、一部のデータを他のストレージデバイスに移動してディスク(HDD)の容量を解放するか、または「ディスククローン」の代わりに「システムクローン」を使用してオペレーティングシステム(OS)のみをSSDに移行することができます。この機能を利用すると、PRO版にアップグレードする必要があります。
そして、ドライブベイ数に余裕があるかどうか確認ください。ドライブベイ数の状況に対応してクローン方法は「SATA-USB変換ケーブルなしでHDDをSSDにクローンする方法」記事を参考にしてください。

✂----------------------------------- HDDからSSDへクローンの作成 ----------------------------------✂

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。

手順 2. 「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします。

hdd から ssd 交換

手順 3. パソコンが認識できる全てのHDDまたはSSDは表示されます。ソースディスク(クローン元のHDD)を選択し、「次へ」をクリックします。(※注:ディスク全体のクローン作成がダイナミックディスクをサポートしません。)

hdd から ssd 交換

手順 4. SSDをクローン先(ターゲットディスク)として指定して「次へ」をクリックします。※注意点:ターゲットディスク上の全てのデータは削除(上書き)されます。

hdd から ssd 交換

手順 5. 以下のスクリーンショットのように、3つの重要なオプションがあります。

a)パーティションを編集:このオプションを使うと、「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。
b)セクター単位のクローン:使用されたかどうかに関係なく、HDDの全てのセクターをSSDにコピーします。SSDのサイズはソースディスクと同じ、あるいはソースディスクよりも大きい場合しかこれを選択できません。
c)SSD 4Kアライメント:SSDのパフォーマンスを最適化するために、この機能を使ってください。

hdd から ssd 交換

手順 6. 最後は「開始」をクリックしてHDDからSSDへクローンを実行します。後は進捗状況をチェックできます。

まとめ

HDDと比べてSSDはとても多くのメリットがあります。したがって、多くのユーザーがHDDからSSDへ交換したいです。クローンは最も直接的な方法です。

AOMEI Backupperは専門的なバックアップソフトです。それはあなたが簡単かつ安全にHDDをSSDに交換するのに役立ちます。さらに、このソフトウェアはPCをクラウドへのバックアップ、外付けHDDへのバックアップ、NTFSの修復と復元など、より多くの機能を提供します。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@