By Akira / 最後の更新 2022年11月14日

実例:新しいSSDのクローンを作成したが、そこからDellを起動できない

 

XPS 8700デスクトップを使用しています。1TBのSamsung SSD 860 EVOを購入して、既存のほぼいっぱいになったMSATA Hynix 250GBを交換しました。古いSSDをMacrium Reflectで正常にクローンしました。しかし、起動するディスクを変更するオプションが見当たりません。インストールされているすべてのハードディスクを見ることができますが、起動する特定のディスクを選択するオプションが見当たりません。クローンSSDがDellパソコンを起動しないのを修正する方法を知りたいのです。ありがとうございます!

- あるユーザーからの質問

SSD

クローンしたSSDからDellパソコンが起動できない理由はたくさんありますが、同じような問題に遭遇した場合は、具体的な理由と解決策を学ぶために読み進めることができます。

クローンしたSSDがDellを起動しない理由

多くのユーザーは、古いHDDを新しいSSDにクローンした後、クローンしたSSDがDellを起動しない問題に遭遇したと報告しています。例えば、クローンしたSSDがBIOSに表示されないとか、SSDを最初のブートオプションに変更しても、パソコンが前のHDDから起動するなどの問題です。そのため、この記事はいくつかの一般的な理由をまとめています。

ディスククローンソフトウェアのエラーでクローンされたSSDがDellパソコンを起動しません。
ブートモードエラーでクローンしたSSDがDellパソコンを起動しません。
複数の起動可能なデバイスがあり、クローンSSD以外の他の起動可能なディスクを無効にしません。
ディスクのクローン作成中に、システム予約パーティションを削除してください。回復パーティションまたはブート関連パーティションがない場合、クローンしたSSDは正常に起動しません。

クローンしたSSDがDellを起動しない場合の対処法

クローンされたSSDがDellパソコンを起動しない上記の一般的な状況では、自分のニーズに応じて、以下の解決策を選択することができます。 

方法1. Macriumでレスキューメディアを作成する

Dellのフォーラムでは、ディスククローンソフトウェアMacriumでHDDからSSDにクローンした後、SSDが起動しなくなったという報告があります。この場合、Macriumを使用して起動可能なレスキューフラッシュドライブを作成し、そこからシステムを起動することができます。その後、再びHDDをクローンし、クローンしたディスクを初めて起動する前に、元のディスクを切断することを忘れないでください。

レスキューメディアを作成

方法2. 正しいブートモードを設定する

間違ったブートモードも、クローンしたSSDがDellパソコンを起動しない原因になります。GPT HDDをMBR SSDにクローンした場合、ブートモードをUEFIからLegacyに変更する必要があります。一方、MBR HDDをGPT SSDにクローンした場合、ブートモードをLegacyからUEFIに変更する必要があります。以下のステップでブートモードを変更できます。

ステップ 1. ホットキーF2/F8/F12/Del(パソコンによって、特定のキーが異なる場合があります)を連続的に押して、BIOS設定に入ります。

ステップ 2. 矢印キーを使って、「Boot」タブを選択します。そして、UEFI/BIOSブートモードをLegacyまたはUEFIとして選択できます。

boot

ヒント:Dellパソコンがレガシーブートモードしかサポートしていない場合、心配しないでください、GPTをMBRに変換して、レガシーモードで起動することができます。

ステップ 3. F10キーを押して、変更を保存して終了します。その後、クローンしたSSDからDellパソコンを再起動します。

方法3. 他の起動可能なデバイスを無効にする

パソコンに複数の起動可能デバイスがある場合、コンピュータが正しい起動デバイスを検出しないか、常に前のハードドライブから起動することがあります。BIOSで他の起動可能なデバイスを無効にすることで、クローンしたSSDがDellパソコンを起動しない問題を解決できます。

起動可能なデバイスを無効にする

DellでクローンしたSSDを起動可能にする最良の方法

もし上記の方法が問題を解決できない場合、またはシステム予約パーティションのクローンを失敗して、クローンしたSSDがDellパソコンを起動できない場合、HDDからSSDへのクローン用のソフトAOMEI Backupper Professionalを使用することができます。このソフトは簡単に問題を解決できるだけでなく、ユーザーフレンドリーな操作性を持っています。このソフトは次のような利点があります。

安全な起動:クローンした後、クローンしたSSDから正常に起動できます。
インテリジェントなクローン:デフォルトでは、使用されているセクターのみがクローンされます。したがって、このソフトウェアは、必要に応じて、大きなHDDを小さなSSDに簡単にクローンするのに役立ちます。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、HDDのすべてのセクターをSSDにクローンします。また、ディスクにWindowsがインストールされている場合は、システム予約パーティションの欠落エラーを回避できます。
ライブクローン:この機能により、クローン作業をバックグラウンドで行うことができ、クローン作業中、パソコンを普通に使用できます。
SSD 4Kアライメント:この機能により、ターゲットSSDの読み取りおよび書き込み速度が向上します。
強力な互換性:このソフトウェアは、複数のWindowsオペレーティングシステム(Windows 11/10/8/7/XP/Vistaなど)とさまざまなブランドのディスク(Dell/Intel/Critical/Samsung/WDなど)をサポートします。

AOMEI BackupperdでHDDからSSDへのクローン作成を始める前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

  • 重要なファイルをバックアップ:クローンディスクはHDDのすべてのデータを削除するので、事前に重要なファイルをバックアップしてください。
  • ディスクを接続:SSDをDellに接続し、SSDが検出できることを確認します。
  • クローンツールをダウンロード:Dellパソコンに安全なクローンソフトウェアAOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、インストールします。
Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

そして、以下のチュートリアルに従って、HDDをSSDにクローンして、クローンされたSSDがDellパソコンを起動しない問題を解決することができます。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動して、「クローン」>「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ 2. HDDをソースディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDを保存先ディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」と「セクター単位のクローン」にチェックを入れて、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
パーティションを編集パーティションサイズを自動または手動で変更できます。「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。最後の二つのオプションを利用したい場合は、有料版にアップグレードしてください。

パーティーションを編集

まとめ

クローンしたSSDがDellパソコンを起動しない場合、記事で述べた理由に従って、問題を解決するのに役立つ対応する方法を選択することができます。しかし、一つずつエラーを解決するのは時間がかかるかもしれません。

一番良い方法は、安全なディスククローンソフトウェア-AOMEI Backupper Professionalを使って、HDDをSSDにクローンすることです。クローンした後、クローンしたSSDから直接にパソコンを起動できます。そして、自分のニーズに応じて、使用セクタだけをクローンすることも、すべてのセクタをクローンすることもできます。また、SSDの読み取りと書き込み速度を加速し、SSDの寿命を延長することもできます。

さらに、システムクローンとパーティションクローン機能を提供します。最近、システムをWindows 11にアップグレードした場合、このソフトウェアをWindows 11移行ツールとして使用することができます。このソフトをダウンロードして、より多くの便利な機能を探索しましょう~