By Comnena / 最後の更新 2021年07月30日

Buffalo LinkStation NASについて

Buffalo Network-Attached Storage(NAS)は、個人、オフィス、ビジネス、およびホームユーザー向けの優れたストレージです。Buffaloには、様々なユーザーグループ向けのNASシリーズがあります。それは、TeraStationTM 5010シリーズ、TeraStationTM 3010シリーズ、TeraStationTM WSH5610DNなどが含まれます。

Buffalo LinkStation NAS

どのBuffalo LinkStation NASを選択する場合でも、NASをPCにバックアップするか、別のNASにバックアップするかをお勧めします。

Buffalo LinkStation NASを別のNASにバックアップする理由

ほとんどのPCユーザーは、2つの主な理由から、Buffalo NASを別のNASにバックアップしたいと考えています。 1つはデータセキュリティ用で、もう1つはファイル転送用です。

詳細には、NASはストレージとして使用されており、重要で機密性の高いデータをここに保存することは避けられません。この意図は問題なく、ある日予期しない災害が発生したときにデータを損失する可能性があります。したがって、BuffaloLinkStationNASを別のNASにバックアップする必要があります。
すでに説明したように、バッファローNASを別のNASにバックアップすると、データ転送を実現できます。スケジュールされたバックアップを使用して、ユーザーの操作なしで別のNASユーザーと定期的にファイルを共有できます。

これらの2つの理由以外に、他の議論があるかもしれません。次に重要なのは、バックアップ方法を見つけることです。

Buffalo LinkStation NASを別のNASにバックアップする方法

NASをバックアップするには、両方のNASが接続できる専門のバックアップツールが必要です。市場には多くのバックアップソフトがありますが、このAOMEI Backupper Professionalは最も使う甲斐があるのです。このソフトウェアを使用すると、Windows 10、8.1、8、7、XP、およびWindows Vistaで任意のバックアップができます。

ここでは、Buffalo LinkStation NASを別のNASにバックアップする方法を紹介します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして起動してください。そして「バックアップ」、 「システムバックアップ」を選択してください。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

システムバックアップ

ステップ 2. 次の画面で、必要なパーティションがすでに選択されていることが分かります。ターゲットパスを選択し、下向きの三角形をクリックして、「ネットワーク共有またはNASを選択」に移動してください。

ネットワーク共有またはNASを選択

ステップ 3. そして、「ネットワーク場所を追加」をクリックし、QNAP NASの場所の表示名とパスを入力してください。必要に応じて、「匿名」に移動し、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してください。

ネットワーク場所を追加

ステップ 4. 「スケジュール」をクリックして、必要に応じてこのバックアップを自動的に実行するスケジュールを設定してください。操作を確認したら、「開始」をクリックしてください。

開始

まとめ

これで、Buffalo LinkStation NASを別のNASにバックアップする方法がわかりました。ご覧のとおり、AOMEI Backupperは専門なバックアップソフトウェアで、安全かつ簡単にNASを別のNASにバックアップするのに役立ちます。さらに、このソフトウェアは写真を同期、システムイメージを作成、外付けHDDにバックアップなど、より多くの機能を提供します。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。