By Akira / 最後の更新 2021年05月26日

バックアップ向けのGoogleドライブ

GoogleドライブはGoogleによって提供されたオンラインファイルストレージサービスであり、ファイルを保存したり、インターネットに接続したらどこでも任意のデバイスからファイルにアクセスしたりすることができます。誰でも無料アカウントを作成して、15GBのストレージを取得することができます。

この15GBの無料クラウドストレージを利用して、如何なるファイルをそこに保存することができます。他のオンラインバックアップサービスのように、ローカルドライブへのバックアップより、PC上のファイルをGoogleドライブにバックアップするのは多くの利点があります。

例えば、他のデバイス(ローカルドライブや外付けHDDなど)をバックアップ先として準備する必要がありません。インターネットに接続するだけで済みます。より重要なことには、コンピューターのハードウェアに障害が発生しても他のデバイスから、Googleドライブへバックアップしたファイルに簡単かつ高速にアクセスすることもできます。

Googleドライブのデスクトップアプリの設定

PC上のファイルをGoogleドライブへバックアップするために、まずはGoogleドライブのデスクトップアプリをダウンロードしてインストールする必要があります。Googleドライブとローカルドライブの間でデータを同期するフォルダを設定した後、ファイルバックアップを実行することができます。ここでは、無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用して、設定したスケジュールにより、ファイルをGoogleドライブの同期フォルダへ自動バックアップすることができます。

次の手順に従って、Googleドライブの同期フォルダを設定しましょう。

1. Googleドライブの公式サイトにアクセスします。Googleドライブ(Gmail)のアカウントにログインしてください。

2. デスクトップアプリ版Googleドライブをダウンロードして、インストールします。

3. このアプリケーションはPCをGoogleドライブと同期させるために、デフォルトで「C:\Users\Google Drive」というフォルダを作成します。もちろん、他の場所を変更することもできます。

パソコン上のファイルをGoogleドライブへバックアップする方法

「コピー&貼り付け」で一部のファイルをGoogleドライブの同期フォルダにバックアップできますが、より安全かつ便利なバックアップソリューションは、強力なバックアップフリーソフトAOMEI Backupper Standardを使用することです。ファイルバックアップのほか、パーティションバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップも作成できま。また、自動バックアップ増分バックアップ、差分バックアップの設定もサポートします。

注意:差分バックアップを使用するためにAOMEI Backupperのアドバンスト版にアップグレードする必要があります。
無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

次の手順に従って、AOMEI BackupperでPC上のファイルをGoogleドライブへバックアップしましょう。

1. コンピューターにこの無料バックアップソフトウェアをダウンロード、インストール、実行します。

2. 「バックアップ」タブ⇒「ファイルバックアップ」をクリックします。もし、Googleドライブには十分な空き容量があるなら、「システムバックアップ」「ディスクバックアップ」または「パーティションバックアップ」も選択できます。

ファイルバックアップ

3. 次のページで「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップしたいデータを選択します。

ファイルを追加

4. Googleドライブの同期フォルダをバックアップ先として指定します。

ステップ2

5. Googleドライブへの自動バックアップを作成したい場合、「スケジュール」オプションでスケジュールを設定できます。設定が終わったら、「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

開始

バックアップ作成が完了すると、同期フォルダにバックアップしたデータはすぐGoogleドライブに自動同期されます。AOMEI Backupperで、GoogleドライブにPCをバックアップするほか、ファイル同期の機能を使用して、二つのフォルダを同期することもできます。