By Akira / 最後の更新 2022年07月01日

事例:ADATA SSDへのクローンを実行したい

 

Windows 10パソコンで120GB ADATA SSDを使用しています。Acronis True Image HDを使用して120GB SSDをより大きな512GB SSDにクローンしましたが、クローンされたSSDを起動できないのはなぜですか?ADATA SSDのクローンを作成して起動可能にする他のより良い方法は、助けが必要です!

- あるユーザーからの質問

場合によっては、Acronis True Image HD(Acronis ATI HD)を使用して小さいSSDを大きいSSDに複製するときに問題が発生します。どうすれば修正して起動可能にすることができますか?慌てないでください、以下の説明で最高のADATA SSDクローンソフトウェアを見つけます。

ADATA SSD組み込みのクローンソフト

実際、ADATAでは、ADATA Ultimate、XPG、S、PremierシリーズSSD向けに、SSDデータ移行ソフトを提供しています。ADATAのホームページでは、Acronis True Image HDを使用して、パソコンの内蔵HDD/SSDからADATA SSDにデータを移行することを推奨しています。以下は具体的な手順です:

ステップ 1. Acronis True Image HDをダウンロードして、起動します。左のメニューから「ツール」を選択し、「ディスクのクローン作成」をクリックして下さい。

ディスクのクローン作成

ステップ 2. クローン作成モードに入ります。「自動(推奨)」を選択し、「次へ」をクリックして下さい。

自動

ステップ 3. 次に、ソースディスクを選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 4. 続いて、ADATA SSDをターゲットディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 5. ソースディスクとターゲットディスクに間違いないか、最終確認をしっかりしましょう!問題なければ、「実行」をクリックして下さい。

開始

上記のいくつかのステップでディスクをADATA SSDにクローンすることに成功しましたが、クローンしたADATA SSDがパソコンを起動しない問題が発生する場合があります。また、Acronis True Image HDには、注意しなければならない制限事項があります:

より多くの機能が必要な場合は、少なくとも$49.99の追加費用でAcronis True Imageにアップグレードする必要があります。
ファイルとフォルダのバックアップ、増分バックアップ、スケジュールバックアップなどを作成することができなません。

その時、以下の最高のサードパーティADATA SSDクローンソフトを利用することをお勧めします。

最高の無料ADATA SSDクローンソフトウェア【オススメ】

AOMEI Backupper Standardは専門的かつ無料のADATAクローンソフトウェアとして、あなたのベストソリューションになります。HDD/SSDをADATA SSDにクローンしたり、ADATA SSDを別のSSDにクローンしたりするための包括的な機能を提供します。セクター単位のクローン、インテリジェントセクタクローンなどもサポートします。クローンされたSSDからパソコンを正常に起動できます。「SSD 4Kアライメント」の機能でクローン先のSSDの読み取りと書き込みの速度を加速できます。

また、スケジュール設定、ファイル・フォルダバックアップ、増分バックアップ、復元なども無料でサポートし、Acronis True Image HDの欠点を補っています。

オールインワンADATA SSD移行ソフトとして、以下のメリットがあります:

ADATA、samsung、WDなどのすべてのブランドのディスクに対応します。
SSDをより小さなSSDにクローンすることもできます。たとえば、500GBのHDDを250GBのSSDにクローンします。唯一の前提は、ターゲットドライブに元のSSDにデータを保存するのに十分なスペースがあることです。
Windowsオペレーティングシステム、インストールされているアプリケーション、および失われたくないその他すべてのデータを含む、ディスク全体をADATA SSDにクローンするのに役立ちます。
Windows 11、10、8.1/8、7、XP、Vistaに完全対応します。

ADATA SSDのクローンを実行する前の準備

以下のものを用意してください:

  • 新しいADATA SSD

  • Windows PC

  • HDD/SSDを交換するためのドライバ

  • Windows PCにAOMEI Backupper Standardをダウンロードしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
  • ノートパソコンにドライブベイが1つしかない場合、ADATA SSDを接続するためのSATA-to-USBアダプタが必要です。

デスクトップの場合、SATAケーブルと電源ケーブルでADATA SSDをコンピューターに接続します。ラップトップの場合は、SATA-to-USBアダプタを介してADATA SSDを接続します。すべてのストレージデバイスが正しく接続され、Windowsによって検出されることを確認します。

AOMEI BackupperでADATA SSDへのクローンを実行する方法

すべての準備が終わったら、以下の手順に従って、ADATA SSDへのクローンを実行しましょう~

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。メイン画面で「クローン」タブをクリックして「ディスククローン」を選択します。

しかし、起動ディスクをGPTからMBRへ、GPTからGPTへ、MBRからGPTへクローンする場合、個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードしてください。また、サーバーで使用可能なServer版や企業の台数無制限のパソコン向けTechnician Plus版もあります。➨もっと詳しく

ディスククローン

パーティションスタイルを確認する方法:「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。クローン先のディスクとターゲットディスクを右クリックし、「プロパティ」→「ボリューム」タブをクリックし、「パーティションのスタイル」でディスクのパーティションスタイルを確認します。または、ターゲットディスク/ソースディスクの選択ページにも確認できます。具体的に、「ディスク」の文字の下、ディスク容量の上に表示されます。

パーティーションスタイルの確認

ステップ 2. クローンしたいディスクをソースディスク(例えば、ディスク0)として選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ 3. ADATA SSDをターゲットディスク(例えば、ディスク2)として選択して「次へ」をクリックします。

クローン先を選択

ステップ 4. 注意事項を読んだ後に「はい」をクリックして続行します。

はいをクリック

ステップ 5. 次の画面で「開始」をクリックして、ディスククローンを実行します。

開始

💛便利なオプション:

✿ パーティションを編集:ターゲットディスクのパーティションサイズを調整できます。「パーティションサイズを変更せずにコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」、「パーティションのサイズを手動で調整」を選択できます。最後の2つのオプションはProfessional版で利用可能です。

👉この3つのオプションのうち、2番目のオプションが最もスマートで、すべてのパーティションに未使用領域を自動的に追加します。最後のオプションは、拡張したいパーティションを選択し、パーティションサイズを手動で調整する必要があります。

パーティーションを編集

✿ セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、古いHDD上のすべてのセクターのクローンを作成します。ターゲットディスクがソースディスクと同等かそれ以上の大きさであることが必要です。

✿ SSD 4Kアライメント:クローン先がSSDである場合、SSDのパフォーマンスを向上させるために、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れてください。

ステップ 6. ディスククローンの進捗状況が100%に達すると、「完了」をクリックしてください。

完了をクリック

注意:ディスククローンを作成した後、起動順序を変更(ADATA SSDを1番目のオプションとして設定)、または物理的に古いHDDをADATA SSDと交換し、ADATA SSDから起動するようにしてください。

bios

まとめ

AOMEI Backupper Standardは最高のADATA SSDクローンフリーソフトウェアで、数クリックでHDD/SSDをADATA SSDにクローンできます。Windows 11、10、Windows 8.1、Windows 7、Vista、XPなどのOSに関係なく、ADATA SSDクローンを簡単かつ安全に実現できます。

Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)を実行している場合、AOMEI Backupper Serverは利用してください。リアルタイムファイル同期、MBRとGPTディスク間のクローンディスク、差分バックアップ、ダイナミックディスクのクローンなどのより高度な機能を提供します。