By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

Google Driveについて

Google Driveは、Microsoftが提供するクラウドストレージサービスです。追加のHDDなしでオンラインでデータを保存するために広く使用されており、最大5TBの大容量を無料で提供し、GoogleアカウントにアクセスすることでGoogle Drive上のすべてのデータを使用できます。

Google Drive

Google Driveでファイルを自動的にバックアップする

Googleは2017年に「バックアップと同期」と呼ばれる新しいツールを開始しました。これは、Windows PCおよびMac用のGoogleドライブに代わるものとして使用されます。また、Google Driveでファイルをバックアップするには、フォルダをGoogle Driveフォルダに直接ドラッグアンドドロップする、「コピー」と「貼り付け」なしで特定のフォルダを同期するなどことができます。ここで2つの方法があります。

まだ最新バージョンにアップグレードしていない場合は、Google Driveのページからダウンロードする必要があります。次に、PCファイルをバックアップする詳細なステップをご覧ください。

ステップ 1. Googleアカウントにサインインすると、「マイ パソコン」と「Googleドライブ」の2つのタブが追加で表示されます。

マイ パソコン

ステップ 2. 特定のフォルダをGoogleドライブと同期します。「マイ パソコン」ページで「フォルダを選択」をクリックし、同期したいフォルダを選択します。

フォルダを選択

ステップ 3. Google Driveをローカルコンピュータに同期します。Google ドライブのページで、「マイドライブをこのパソコンに同期」の下にある「マイドライブ内のすべてを同期」または「これらのフォルダのみ同期」にチェックマークを付けます。

マイドライブをこのパソコンに同期

ステップ 4. 「開始」をクリックして、Googleドライブとの間でファイルをバックアップします。プロセスが100%完了するまで待ちます。次に、drive.google.comにアクセスして、すべてのファイルが正常に同期されているかどうかを確認できます。

ご注意:
同期すると、ローカルコンピュータに「Google ドライブ」という名前のフォルダが表示されます。ファイルをGoogleドライブフォルダに直接コピーすると、drive.google.comにも同期されます。

「バックアップと同期」は復元ツールではありません

Google Driveは、ローカルフォルダをGoogleドライブと簡単に同期できるので、非常に便利です。ただし、問題があります。Googleドライブフォルダまたはdrive.google.comからファイルを削除すると、Google Driveはすべてのデバイスからファイルを削除します。そのため、バックアップに「バックアップと同期」を使用するのは安全ではありません。

コンピューターファイルまたはコンピューター全体を保護するには、バックアップソフトウェアを使用することをお勧めします。バックアップソフトウェアを使用すると、障害回復の機会が得られるからです。ここでは、Windows7/8/10用の無料のバックアップおよび復元ソフトウェア--AOMEI Backupper Standardをお勧めします。このソフトウェアは、ファイルをGoogle Driveに自動バックアップするのに役立つだけでなく、エクスペリエンスを向上させるための追加機能も提供します。

このソフトウェアは、「スケジュール」に対応して、ディリー、ウィクリー、マンスリーを提供し、定期的にファイルをバックアップするのに役立ちます。

「メール通知」が利用可能です。この機能を使用すると、バックアップタスクが完了するまで待つ必要はありません。バックアップタスクが正常に完了したか、プロセス中にエラーメッセージがポップアップしたかどうかを通知します。

ファイルをGoogle Driveに自動的にバックアップする方法

ステップ 1. フリーソフトウェア--AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、コンピューターにインストールして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. Google Driveにファイルをバックアップするには、ここで「同期」の「ベーシック同期」をクリックし、ファイルを同期する必要があります。

ベーシック同期

ステップ 3. 「フォルダを追加」をクリックし、同期したいフォルダを同期元として選択します。

フォルダを追加

ご注意:
フォルダー内に複数のファイルがある場合、フィルター設定で指定したファイル拡張子を同期したいフォルダから自動的に除外できます。(AOMEI Backupper Professionalでサポートされています)。

ステップ 4. 次に、逆三角形をクリックし、「クラウドドライブを選択」をクリックして、保存先としてGoogleドライブを選択します。

クラウドドライブを選択

ステップ 5. 「開始」をクリックする前に、「スケジュール」をクリックして、自動ファイル同期のタクスを設定できます。次に、「開始」をクリックしてベーシック同期を実行します。進行状況は100%に達したら、「完了」をクリックします。

スケジュール

他の内容:
Google Driveに加えて、このソフトウェアを使用すると、Dropbox、OneDrive、外付けHDD、USBドライブなどのクラウドにファイルをバックアップすることもできます。
ファイル同期と言えば、「リアルタイム同期」は無視できない機能です。この機能は、変更が行われるとすぐにファイルを同期するために使用されます。必要に応じて、上位エディションにアップグレードしてください。この機能は有料版でのみ利用できます。

まとめ

これで、いつでもバックアップからファイルを復元できます。ただし、ファイルバックアップは、予期しないことが起こった場合にファイルのみを回復するために使用できます。システムがクラッシュした場合はどうなりますか?この状況を回避するには、システムバックアップを作成して、外付けHDDなどの安全な場所に保存する必要があります。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較