By Akira / 最後の更新 2022年03月23日

フォーマットの前にHDDをバックアップする原因

現在のWindows PCは深刻な問題がある場合、コンピューターのHDDを再フォーマットしたり、Windowsを再インストールしたりすることを考えるかもしれません。このように、全てのソフトウェアの問題を修正できます。

しかし、ご存知のように、コンピューターの再フォーマットはHDD上のデータを全て削除するので、フォーマットの前にHDDをバックアップする必要があります。HDDのバックアップはバックアップから一部のファイル、システムを復元できます。そのため、クリーンインストール後または工場出荷時に戻した後、バックアップから必要なファイルを復元できます。

Windowsの内蔵ツールでフォーマットの前にデータをバックアップ

コンピューターHDDをバックアップするために、まずWindowsの内蔵ツール「バックアップと復元」が利用可能であるならそれを使用できます。

1. Windowsのバックアップを開くために、検索ボックスに「バックアップ」を入力して、Windows 7である場合「バックアップと復元」を選択し、Windows 10/11である場合「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。「バックアップと復元」のスクリーンで「バックアップの設定」をクリックして、バックアップの設定のウィザードに従って、HDDのフォーマットの前にバックアップを行います。

バックアップと復元

2. Windows 8に「Windows 7のファイルの回復」というバックアップ機能もあります。それはWindows 7上の機能と同じ全体HDDのバックアップを作成できます。ほとんどのユーザーはそれを気づけません。それを開くために、「バックアップ」または「ファイル履歴」を検索して、「ファイル履歴」を選択します。「ファイル履歴」機能のスクリーンで左下にある「Windows 7のファイルの回復」ボタンをクリックします。

ファイル履歴

3. そして、Windows 7バックアップと復元のようなスクリーンに移動します。Window 7と同じ「バックアップの設定」をクリックしてバックアップを作成できます。

Win7のファイルの回復

また、WBadminコマンドを使用して、全体HDDをバックアップできます。どのようなWindowsバージョンを使用しても、WindowsバックアップはNTFSパーティションだけに適用します。FAT32でフォーマットされたパーティションがある場合、サードパーティ製の無料バックアップソフトウェアを使用する必要があります。

サードパーティ製ソフトでHDDをバックアップ

最高の無料バックアップソフトウェアであるAOMEI Backupper Standardは、Windowsの組み込みツールよりも実用的な機能を提供します。システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップの4種類のバックアップを提供します。すべてのバックアップタイプは、内蔵または外付けハードドライブ、ネットワークの場所、およびNASデバイスへのバックアップをサポートしています。ディスク容量を節約し、バックアップ効率を向上させるために、増分バックアップと差分バックアップ機能(有料)を利用できます。

Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindowsPCオペレーティングシステムがサポートされています。ただし、Windows Serverオペレーティングシステムを実行している場合は、サーバーバックアップソフトウェアを使用してください。これから、AOMEI Backupper Standardを使用してHDDのバックアップを作成する方法を詳しく説明します。

HDDをフォーマットする前のバックアップ:

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして実行します。

2. ホームスクリーンで、「バックアップ」をクリックして、1つのバックアップオプションを選択します。ここでは「ディスクバックアップ」です。

ディスクバックアップ

3. 「ディスクバックアップ」ウィンドウで、「ディスクを追加」をクリックすると、使用可能なすべてのディスクが表示されます。バックアップするHDDを選択して、「追加」をクリックします。

ソースディスクを選択

4. HDDを選択すると、「ディスクバックアップ」ウィンドウに戻ります。他のディスクをバックアップする場合は、「+」をクリックして追加できます。次に、2番目のボックスをクリックして、事前にコンピューターに接続する外付けHDDを選択します。

外付けHDDを選択

これでほぼ完了です。いくつかのバックアップ設定を設定してから、「開始」をクリックするだけです。

バックアップオプション:このオプションをクリックして、このタスクへのコメント、電子メール通知の有効化、VSSテクノロジーの使用などのカスタマイズされた構成を設定できます。

バックアップオプション

スケジュール:ここでバックアップモード(日次、週次、月次)のバックアップスタイル(完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ)を設定できます。差分バックアップは、少なくともProfessional版で利用できることに注意してください。

スケジュール

ディスクバックアップイメージが正常に作成された後、コンピューターがクラッシュしたり、ハードディスクが損傷したりしたときに、システムイメージを復元するために使用できます。それでも別のコンピューター用に作成されたシステムイメージである可能性があります。つまり、このソフトウェアを使用してコンピューター上にシステムイメージを作成すると、ユニバーサル復元(Professional版でサポート)機能を使用して、他のコンピューターを復元するために使用できます。

まとめ

ディスクバックアップが失敗するなどの潜在的なバックアップリスクを回避することができます。AOMEI Backupperは、ディスクをクローンしたり、別のハードドライブにシステムをクローンしたりすることができます。一言で言えば、それは便利なオールラウンドのバックアップソフトウェアであり、試してみる価値があります。

もしあなたが会社内の無制限なコンピュータを保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianを選択することができます。内蔵のAOMEIイメージデプロイツールで、サーバー側コンピュータのシステムイメージファイルをネットワーク上の複数のクライアント側コンピュータにデプロイ/リストアすることも可能です。