By AOMEI / 最後の更新 2020年09月03日

Windows 7のバックアップと復元の制限

バックアップは、コンピューターユーザーにとって最も重要なものだと言われています。万が一パソコンが故障した場合には、再インストールする必要がなく、作成したバックアップイメージを使用して先の日付にコンピューターを復元できます。

もちろん、Windows 7には、Windows 7を他の場所にバックアップできるバックアップと復元ツールがあります。

1. 「スタート」の「コントロールパネル」を開き、「システムとセキュリティ」をクリックして、バックアップと復元を選択します。その後、「バックアップの設定」をクリックしてバックアップイメージを作成できます。

バックアップと復元

2. 「バックアップの設定」をクリックすると、バックアップを保存する場所として前に準備した外付けHDDを選択します。

保存する場所を選択

3. バックアップする内容を選択して、「次へ」をクリックします。

 バックアップの設定

4. 下記の画面に、毎日、毎週、毎月のバックアップの頻度を設定できます。そのため、前回のバックアップ以降に変更されたファイルと作成された新しいファイルは、設定に従ってバックアップに追加されます。

バックアップの頻度

5. 最後に、「バックアップ設定」を確認し、「バックアップの開始」をクリックして、バックアップを開始できます。

バックアップの開始

Windows 7の「バックアップと復元ツールを使い、Windows 7を自動的にバックアップできますが、外付けハードドライブへの自動バックアップに失敗しまって、不快に感じる場合があるかもしれません。また、管理者の1人になる必要があります。これらの問題を回避するには、Windows 7バックアップ専門ソフトウェアを使用して、より柔軟な方法でコンピューターを外付けHDDにバックアップできます。

AOMEI Backupperを利用する

AOMEI Backupper Standardは、Windows 7/8/10用の無料のプロフェッショナルバックアップと復元のソフトウェアです。Windows 7を外付けHDDに自動バックアップするのに役立ちます。次は、AOMEI Backupperで自動的にバックアップする方法を紹介します。

1. 外付けHDDをコンピューターに接続し、検出できることを確認します。AOMEI Backupperを無料でダウンロードし、Windows 7コンピューターにインストールして起動すると、簡潔なインターフェースが表示されます。「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアプ

2. AOMEI はデフォルトでシステムに関するすべてのパーティションを選択しますので、バックアップイメージを保存する先として外付けHDDを選択するだけで良いです。

パーティションを選択

3. 外付けHDDを選択した後、「開始」をクリックして起動できます。

ただし、自動バックアップを実行する必要がある場合は、開始する前に、スケジュールをクリックしてさらにセットアップする必要があります。スケジュールをクリックすると、「スケジュールオプション」画面が表示されます。

スケジュール

「普通」タブでは、バックアップタスクを実行する頻度を設定でき、「デイリー」、「ウイークリー」、「マンスリー」、および「イベントトリガー」(AOMEI Backupper Professionalと上位バージョンでサポートされています)を選択できます。

スケジュール

「詳細」タブでは、「フルバックアップ」、「増分スキーム」、または「差分スキーム」を実行するように設定できます。

スケジュールの詳細

4. これらすべての設定が完了したら、「開始」をクリックしてタスクを実行します。

AOMEO Backupperを使用してWindows 7を外付けHDDに自動バックアップするのはとても簡単なことです。必要に応じて、AOMEI Backupperを使用してコンピューターを以前の状態に復元することもできます。また、ブータブルメディアを作成し、コンピューターを別のハードウェアへの復元など、Windowsでの作業に役立つ多くの機能があります。基本的な機能だけが必要な場合は、AOMEI Backupper Standardで十分です。しかし、より上級な方法が必要な場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしたほうがいいと思います。