By Machi / 最後の更新 2022年08月03日

Windows Serverのバックアップを仮想マシンへのリストアについて

システムまたはデータの安全性のために、現在、より多くのユーザーがソフトウェアのテストなどのために仮想マシンを使用することを好みます。ご存知のように、Microsoft Virtual Machine Converter(MVMC)は物理コンピュータをHyper-V仮想マシンに、またはその逆に変換することができます。

また、Windows Serverのバックアップを仮想マシンにリストアすることも可能です。Windows Server バックアップは、Windows Server 2008/2012/2016/2019/2022のベアメタルバックアップを任意の仮想マシンにリストアすることをサポートしています。VMware、VirtualBoxのような、より多くの種類の仮想マシンに変換できるようにしたい場合は、Windows Serverのバックアップのリストアも役立ちます。

Windows Serverのバックアップを仮想マシンにリストアする方法

Windows Serverの標準ツールを使用してシステムバックアップを仮想マシンに復元することができます。しかし、その手順が複雑で、復元を設定する際にエラーが発生したり、イメージバックアップが見つからなかったりして、物理サーバから仮想マシンを作成することができない場合があります。より簡単な方法を使いたいなら、直接方法2を参照してください。

方法1. 標準ツールで仮想マシンにServerのバックアップを復元する

Windows Serverのバックアップを仮想マシンにリストアするには、まず、Windows Server バックアップで、ソースサーバのベアメタルバックアップを作成する必要があります。

ベアメタルバックアップが作成されたら、そのバックアップを復元したい仮想マシンの仮想ディスクに移動する必要があります。Windows ServerのベアメタルリカバリはWinPE環境で行う必要があるため、事前にWindowsのインストールディスクやISOファイルを用意する必要があります。

これから、物理サーバを仮想マシンにリストアする方法をご案内します。

1. Windows セットアップがロードされると、「Repair your computer(コンピューターを修復する)」を選択します。

windowsのインストール

2. 指示に従い、「Restore your computer using a system image that you created earlier(以前に作成したシステムイメージを使ってコンピュータを復元する)」を選択します。

3. 次の画面では、ソースサーバのイメージバックアップを探して選択します。ネットワーク上のイメージバックアップを使用することもできます。

場所の選択

4. 必要に応じて、追加の復元オプションを指定することができます。

他のオプション

5. 最後、確認画面で「Yes」をクリックして復元を開始し、復元が完了するまで待ちます。

方法2. AOMEI Backupperで仮想マシンにServerのバックアップを復元する

より簡単な方法を探しているなら、サードパーティー製のバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Serverの使用を検討することができます。AOMEI Backupper ServerはServer 2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)でシステムイメージを作成できます。そのイメージをHyper-V、VMwareまたは他の仮想マシンに簡単に復元することができます。また、物理マシンに簡単に復元することも可能です。

▶ 注意:AOMEI Backupperの復元機能を使うには、AOMEI Backupperで作成されたバックアップイメージが必要です。持たない場合、まず「システムバックアップ」機能でWindows Serverのバックアップを作成してください。

これから、AOMEI Backupperで仮想マシンにWindows Serverのバックアップを復元する方法をご案内します。

1. AOMEI Backupper Serverを仮想マシンにダウンロードし、インストールして実行します。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

2. 「復元」タブ→「イメージファイルを選択」をクリックして、リストアしたいWindows Serverのバックアップを選択します。

メイン コンソール

3. 「このシステムイメージを復元」を選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップポイント

4. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。異なるハードウェアのマシンに復元する場合、「ユニバーサル復元」にチェックを入れる必要があります。

開始

パーティションを編集:仮想マシンはシステムイメージより大きい場合、容量を最大限に活用するには、このオプションで、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整できます。復元完了後、仮想マシンに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

まとめ

この記事では、Windows Serverのバックアップを仮想マシンに復元する方法を2つ紹介しました。Windows標準ツールと比較して、AOMEI Backupper Serverの方が簡単かつ高速です。初心者でも気軽に使えます。

また、AOMEI Backupperを使って複数のスケジュールバックアップを作成することができます。さらに、ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンなどのクローン機能もサポートしています。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

もし、社内の無制限のPCとサーバを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusをご利用ください。このバージョンを購入したら、有料サービスの形でクライアントに技術サポートを提供できます。