By AOMEI / 最後の更新 2020年03月24日

Wndows ServerをNASへバックアップする必要性

コンピューターのシステムはいつもウイルス感染、ディスク故障やシステムクラッシュに弱く、データの管理とアプリケーションのセキュリティを確保するために、内部のデータをバックアップして格納することが必要です。

特にサーバーユーザーでの多くはビジネスや、テクノロジー関係の仕事をしていた方でしょう。大量で大切なデータがコンピューターに保存していると思います。その場合、データはただのデータではなく、財産です。なので、バックアップの作成を大事にしてください。

NASを関する知識、知ってる?

NAS(ネットワーク接続ストレージ)はケーブルを介してコンピューターと接続するディスクアレイであり、ディスクアレイのすべての主要な特性を持っています。つまり、高容量、高性能、高信頼性が特徴です。

NASのメリットは

● インストールに簡単で速い

● メンテナンスに容易

● Superduperスケーラビリティ

● 速い応答速度と高いデータ帯域幅

サーバーに低い要件なので、大幅にサーバーのコストを削減し、より広い範囲で高性能ストレージシステムを普及/適用することに利点を持ってます。

NASの機能は

● ファイル共有

● データバックアップ/ディザスタ復元

● ネットワーク印刷

● マルチメディアファイル共有

● メディアサーバー

専門なソフトでバックアップを作ろう!

サードパーティ製のソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverを利用して、サーバーをバックアップすることをお勧めします。これにより、Windows Serverの各バージョンをバックアップするのは容易くなります(AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2008/2008 R2/2003/2003 R2/2016/2019およびWindows 7/8/8.1/10/XP/Visaもサポート)。

また、バックアップオプション、スケジュール、スキームなど便利なセカンダリ機能が付けてあります。それにより、毎日のバックアップ、毎週のバックアップ、毎月のバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップなどを作成することができます。色んなすばらしい機能を集めていて、各レベルの使用者にピッタリとした方案を出します。

無料体験

Win サーバ&PC向け

安全かつ高速ダウンロード

では、詳細ステップを見てみましょう!

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールし、起動します。ホームページで「バックアップ」を選択し、「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. 「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックして、NASをターゲットパスとして選択します。(Backupperは自動的にシステム、ブートファイルを検出するので、自分で選択する必要がありません)

ターゲット

ステップ 3. 「開始」をクリックします。終わったらプログラムをシャットダウンまたはPCを再起動することもできます。

開始

バックアップが完了した後は、「ホーム」でイメージファイルを確認できます。「復元」をクリックすると、プログラムは自動的にイメージファイルの種類によって、適切な方法にします。

ご注意:

● バックアップオプションでは、暗号化や圧縮レベルなどの詳細設定を行うことができます。

● スケジュールでは、バックアップする時間を設定したら、予約済みバックアップタスクが自動に実行できます。

最後の話し

上述は、「システムバックアップ」の機能でWindows ServerをNASへバックアップする方法です。バックアップされたイメージで任意のディスクにサーバーを復元することができます。

もし、社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusを選択することができます。クライアントに無制限の技術サービスを提供する上に、インストールディレクトリをコピーすることでポータブル版を作成することもできます。

AOMEI Backupperは、いつも世界中のデータを守ります。