By Comnena / 最後の更新 2020年09月11日

Windows 7コンピュータをバックアップする必要性

今日、社会だけでなくコンピューター技術も大きく進歩しています。ただし、デメリットもあります。たとえば、Windows 7のハードドライブの問題やシステム障害は毎日発生します。それが単なる故障であろうと、完全に悲惨な問題であろうと、私は多くのコンピューターユーザーがこのような経験を以前に持っていると信じています。

このような問題が再発しないようにするための最善の解決策は、システムと重要なデータを事前にイメージファイルにバックアップすることです。したがって、データの損失や予期しないシステムクラッシュが発生した場合、バックアップしたイメージファイルを使用して、データとシステムを以前の構成に復元できます。

Windows 7(32/64ビット)向けの最高の無料バックアップソフトウェア

Window 7を適切にバックアップするには、適切なバックアップソフトウェアを選択することも非常に重要です。AOMEI Backupper Standardは、Windows 7に最適な無料のバックアップソフトウェアの1つとして、すべてのユーザーに強く推奨されます。

✦ 4つのバックアップタイプを提供します:システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ。必要に応じて、対応するバックアップタイプを選択できます。
✦ 必要に応じてWindows 7自動バックアップを実行できる毎日/毎週/毎月カスタムスケジュールタスクを設定できます。
✦ バックアップファイルをハードドライブ、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、ネットワークなどに保存できます。

さらに、AOMEI Backupperにはユーザーフレンドリーなインターフェースがあります。数回クリックするだけでバックアップジョブを完了できます。次に、Windows 7をバックアップする詳細な手順を示します。

Windows 7 64ビットオペレーティングシステムをバックアップする方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。

ステップ 2. 次に、「バックアップ」>「システムバックアップ」を順にクリックします。ディスク、パーティション、またはファイルをバックアップする場合は、対応するボタンをクリックして作成します。

ステップ 3. 他のバックアップタスクと区別できるように、タスクに名前を付けます。システムとブートドライブは、AOMEI Backupperによって自動的にソースパーティションとして選択されています。バックアップ先パスを選択するだけです。

ステップ 3. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

ノート:
◆ オプション:クリックしてシステムバックアップのコメントを追加したり、電子メール通知を有効にしたり、圧縮レベルを設定したり、バックアップを暗号化(有料)したりできます。
◆ スケジュール:クリックして、独自のカスタムスケジュールバックアップを設定します。
◆ スキーム:バックアップの場所に十分なスペースがあるように、古いバックアップを自動的に削除するルールを設定するのに役立ちます。この機能は、AOMEI Backupper Professionalで利用できます。

まとめ

ご覧のとおり、AOMEI Backupper Standard-最高の無料のWindows 7バックアップソフトウェアです。さらに、このツールはWindows 7に最適なバックアップソフトウェアであるだけでなく、Windows 10/8/8.1もサポートしています。バックアップ機能に加えて、ディスク/パーティションのクローン作成を実行して、HDDをSSDにクローンするのに役立ちます。

この無料のバックアップソフトウェアは、確かに必要なツールです。したがって、データが失われたり、システムがクラッシュしたりしても、後悔することはありません。このフリーウェアをダウンロードして、今すぐデータとシステムをバックアップしてください。より多くの機能を楽しむために、Pro版にアップグレードすることもできます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。