By Akira / 最後の更新 2021年09月28日

Windows 11の無料アップグレードについて

Windows 11は2021年10月5日に利用可能になります。その時、対象となるWindows 10はWindows 11にアップグレードできます。Windows 11がプレインストールされたPCが購入可能になります。対象となるデバイスは何ですか?興味のある方は、この記事を読んで、参照になれば幸いです。

Windows11

Windows 11に無料アップグレードのシステム要件

◐プロセッサ/CPU(中央処理装置):2つ以上のコアで1GHz以上のクロック速度が必要になります。
◐RAM(ランダムアクセスメモリ):4GB以上が必要になります。
◐ストレージ:少なくとも64GBの使用可能なストレージが必要になります。
◐セキュリティ:PCでTPM 2.0、UEFIファームウェア、およびセキュアブート対応は有効できる必要があります。
◐グラフィックカード:DirectX12以降とWDDM2.0ドライバーとの互換性はある必要があります。
◐ディスプレイ:高解像度(720p)ディスプレイ、9インチ以上のモニター、カラーチャネルあたり8ビットの必要があります。
◐インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows 11 Homeエディションでは、最初の使用時にデバイスのセットアップを完了するために、インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要です。
◐アップグレード用のWindowsバージョン:Windows Updateを介してアップグレードするには、デバイスでWindows10バージョン2004以降が実行されている必要があります。無料の更新プログラムは、Windows Updateの「設定」>「更新とセキュリティ」から入手できます。

 現在のWindows 10 PCがWindows 11にアップグレードできる対象であるかどうかを確認するには、PC Health Checkをダウンロードしてチェックできます。デバイスに互換性があり、必要な最小要件を満たしていると、Windows 10からWindows 11に無料アップグレードできます。

Windows 10から11に無料アップグレードする方法

Windows 11がリリースされたら、公式WebサイトからWindows 11アップグレードファイルをダウンロードし、システムのISOファイルでWindows 11をインストールできます。ただし、この記事では、より簡単な方法があります。Windows 10からWindows 11の無料アップグレードを実行する手順は次のとおりです。

1. 「スタート」メニューに移動し、「設定」をクリックします。

設定

2. 次に、設定ページから「更新とセキュリティ」オプションをクリックします。

更新

3. Windows Updateページを開き、「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックします。次に、新しい更新を自動的にチェックします。検出された更新を確認し、そのリストにWindows 11のアップグレードが表示されている場合は、そのファイルを選択して、「ダウンロードしてインストール」をクリックします。

チェック

万が一のためにシステムをバックアップする

Windows 11のリリース日が近づくにつれ、最もよく寄せられる質問は「Windows 10をWindows 11にアップグレードしても安全ですか?」です。実際には必ず安全ではありません。アップグレード中またはアップグレード後に潜在的な問題が発生する可能性があり、データの損失や、起動の失敗などのさらに深刻な問題につながる可能性があります。

したがって、Windows 11が正式にリリースされる前に、重要なファイルのコピーを作成するか、Windows 10のシステムイメージバックアップまたはディスクバックアップを作成することが重要です。Windows 10用の無料のWindows 11にアップグレードした後に予期しないエラーが発生した場合は、このシステムバックアップからコンピューターを以前の状態に復元できます。ここでは、最高の無料バックアップソフトウェアであるAOMEI Backupper Standardをお勧めします。その優れた機能を見てみましょう。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップの4つのバックアップ方法を提供します。これらのバックアップは、システム障害からの復元や失われたファイルの回復に役立ちます。
増分バックアップと差分バックアップを提供して、バックアップ時間とストレージスペースを節約します。データが完全にバックアップされると、ソフトウェアは変更されたファイルまたは新しいファイルのみをバックアップできます。
クラウド、NAS、ローカルディスク、外付けハードドライブ、USB/DVD/CDなどのさまざまなストレージへのバックアップを作成できます。
WindowsPCオペレーティングシステム(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP)をサポートします。Windows Server 2008、2012、2016、2019などをバックアップする場合は、AOMEI Backupper Serverを使用してください。

次に、このソフトウェアを使用して、Windows10の外付けハードドライブにシステムバックアップを作成する方法を説明します。手順は他のオペレーティングシステムでも同じです。 まず、この無料のバックアップソフトウェアをダウンロードします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupperを開きます。「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。 

システムバックアップ

2. プログラムは、システム関連のパーティションをソースデータとして自動的に選択します。必要に応じて宛先パスを選択するだけです。

バックアップ先

3. 操作を確認し、「開始」をクリックして、起動可能なバックアップの作成を開始します。

開始

その他のバックアップ設定:✎...
オプション:システムイメージへのコメントの追加、圧縮、暗号化(Professionalバージョンでサポート)、イメージファイルの分割などのさまざまな機能をサポートします。
スケジュール:これを使用して、ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー、またはUSB挿入を設定してWindows11を自動的にバックアップできます(イベントトリガーまたはUSB挿入を利用したい場合は、Professional版にアップグレードしてください)。
スキーム:この機能(Professional版で利用可能)は、バックアップディスクスペースを節約するために古いバックアップイメージを自動的に削除することができます。

Windows 10からWindows 11への無料アップグレード中またはその後に問題が発生した場合、AOMEI BackupperでこのシステムバックアップからPCを簡単に復元できます。

1. AOMEI Backupperを起動し、「復元」->「タスクを選択」または「イメージファイルの選択」に移動します。

復元

2. 以前に作成したシステムバックアップを選択して、「次へ」をクリックします。

選択

結語

Windows 10からWindows 11の無料アップグレードを安全に実行できるようにするには、事前にシステムのバックアップを作成する必要があります。アップグレードが失敗した場合でも、コンピューターを以前の状態に復元して使用できるようにすることができます。

このソフトウェアには、クローン作成、同期、復元、その他の強力なツールなど、他の多くの機能が組み込まれています。たとえば、Windows 11をSSDにインストールしたり、Windows 11の起動可能なUSBを作成したりするために使用できます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較