By Machi / 最後の更新 2022年01月24日

Windows 11を別のディスクに移行する必要があるか?

WINDOWS 11

Microsoftは2021年10月5日に最新OS「Windows 11」をリリースしました。最小要件を満たすWindows 10搭載PCは、Windows 11への無償アップグレードを行うことができます。一定期間使用した後、さまざまな原因から、Windows 11を別のハードディスクに移行したいユーザーがいます:

1. パソコンの起動時間が長くなります。オリジナルディスクのメモリ容量が不足し、コンピュータのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。こんな時、古いハードディスクを新しいハードディスクに換装することができます。

2. バックアップとしてデータを守ります。デジタル時代になり、コンピュータの使用頻度が増えています。多くの人は、コンピュータに重要なデータがたくさん保存されています。したがって、バックアップの習慣を持つことは不可欠です。Windows 11をバックアップすることで、システムクラッシュ、ハードウェア故障、人災など、不測の事態を防ぐことができます。

3. パソコンの買い替えが必要ですが、システムの再インストールはしたくありません。OSの再インストール、その他の必要なアプリケーションの再インストール、システムのリセットは大きなプロジェクトであり、時間と手間がかかります。

Windows 11をSSDなど別のハードディスクに移行するには、信頼できるソフトウェアの使用が必要です。

Windows 11をSSDなど別のハードディスクに移行するための最高のフリーソフト

Windows 11を別のドライブに移行したい場合、クローンを作成することが良い方法です。ご存知のように、Windowsには標準のクローンツールを備えないので、クローンを作成するには、サードパーティー製のソフトしか使えません。

数あるソフトの中でも、プロのディスククローンフリーソフト-AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。データの整合性を確保しながら、データとOSを転送することができます。クローンが完了した後、クローンされたディスクから直接起動することもできます。

また、このソフトは次のような利点があります:

操作簡単:このソフトはUIデザインがシンプルで使いやすく、いくつかのクリックだけでクローンを実行することができます。パソコンに疎い方でも、気軽に使えます。
異なる容量のハードディスクの間のクローンに対応:このソフトはデフォルトで、「インテリジェントクローン」を実行し、ソースディスクに使用されている部分のみをターゲットディスクにクローンするので、大容量ディスクから小容量ディスクにクローンすることができます。また、ターゲットディスクの容量はソースディスクと同じまたはより大きいである場合、「セクター単位のクローン」を実行すると、ハードディスクの1:1コピーを作成することができます。
全メーカーと全種類のハードディスクに対応:Western Digital、Samsung、SanDisk、Inland、Kingston などのメーカー製のハードディスクに対応しています。また、HDD、SATA SSD、NVMe M.2 SSD、USBドライブ、SDカードなどに対応しています。
全Windows OSに対応:Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。Windows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019/2022、SBS 2003/2008/2011のユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。

最も重要なのは、AOMEI Backupper Standardは無料でダウンロードし、アカウント登録なしでクローンを作成することができます。今すぐダウンロードし、インストールしましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 11をSSDなど別のディスクに移行する方法

これから、Windows 11を別のドライブに移行する方法をご紹介します。移行する前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

☛ 準備作業

1. まず、クローン先としてのSSDをパソコンにインストールするか、接続します。そして、パソコンに搭載されているハードディスクのスロット数を確認します。複数のスロットがある場合は、ドライバーでパソコンにディスクを取り付けることができます。1つしかない場合は、SATA-USB変換ケーブルを用意する必要があります。

スロット数

2. コンピュータを再起動します。

クローン先としてのSSDには重要なファイルがある場合は、事前にバックアップしてください。クローン作成中にターゲットディスク内のデータがすべて上書きされてしまうからです。
SSDが新しい場合、「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」で「diskmgmt.msc」と入力して「OK」をクリックして「ディスクの管理」を開きます。SSDを見つけて右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。パーティションのスタイルをソースディスクと同じに設定し(MBRまたはGPT)、「OK」をクリックします。

ディスクの初期化

方法1. Windows 11が含まれているディスクを別のドライブに移行する

準備作業が完了した後、AOMEI Backupperを使ってWindows 11をSSDに移行しましょう。詳細については、読み続けてください。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」→「ディスククローン」の順にクリックします。

ディスククローン

注意:AOMEI Backupper Standardはデータディスクのクローンと、MBRからMBRのシステムディスクのクローンに対応しています。GPTからGPT、MBRとGPTの間のシステムディスクのクローンを利用したい方は、AOMEI Backupper Professionalへのアップグレードをご検討ください。

ステップ 2. Windows 11が含まれているハードディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. ターゲットディスクがSSDであるので、クローン完了後、SSDの読み書き速度を向上させるため、左下にある「SSD 4Kアライメント」のチェックを入れてください。すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

パーティションを編集この機能では、ソースディスクの容量と同じまたはより大きいターゲットディスクにクローンする場合、ターゲットディスクのパーティションのサイズを自動か手動で調整することができます。

パーティションを編集

方法2. Windows 11 OSのみを別のディスクに移行する

もしWindows 11だけを新しいハードディスクに移行したい場合、AOMEI Backupper Professionalまたは他の上級バージョンにアップグレードして、「システムクローン」機能をご利用ください。詳しい手順は下記をご覧ください。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」→「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

ステップ 2. Windowsの実行に必要なパーティションが自動的に選択されるので、ターゲットディスクを指定すればよいです。選択完了後、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 3. 「操作概要」で設定を確認します。問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

まとめ

以上は、Windows 11を他のディスクに移行する2つの方法をご紹介しました。この2つの方法では、プロのクローンソフト-AOMEI Backupperを使用しました。このソフトによって、データを損失なしでWindows 11を他のドライブにクローンし、移行することができます。また、クローンした後、そのドライブから直接起動することができます。

AOMEI Backupperは、プロのクローンソフトであるだけでなく、プロのバックアップ、復元、同期、ディスク消去ソフトでもあります。Windows11で特定のフォルダをバックアップしたい場合や、WinPEブータブルディスクを作成したい場合はこのソフトがベストな選択です。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速