By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

このPCではWindows11を実行できません

Windows 11の発売後、多くのWindowsユーザーはWindows 11をインストールして体験したいと考えていました。ただし、一部のユーザーは、Windows 11のインストール時に「このPCではWindows11を実行できません」というエラーメッセージを受け取ります。コンピューターがTPM 2.0とセキュアブートをサポートしていないため、Windows 11のインストールに失敗しました。

では、TPM 2.0とセキュアブートがない場合はどうすればよいでしょうか?この記事では、TPM2.0とセキュアブートを回避してWindows 11をクリーンインストールする簡単な方法を紹介します。

このPCではWindows11を実行できません

TPMとセキュアブートとは?

TPMは、通常、トラステッドプラットフォームモジュール(トラステッドプラットフォームモジュール)と呼ばれ、ISO/IEC 11889とも呼ばれ、ハードウェアを保護するための安全な暗号化キーの国際標準です。RSA方式による暗号化や復号、公開鍵と暗号鍵のペアの生成、SHA-1方式のハッシュ値の計算、デジタル署名の生成・検証、(疑似ではない)真性乱数(物理乱数)の生成などを行なうことができ、内部の不揮発メモリに生成した値などを保存しておくことができます。
セキュアブートとは、コンピュータ起動時の安全性を確保するため、デジタル署名で起動するソフトウェアを検証する機能です。UEFI(BIOS)の機能として提供され、OSに関係なく利用できます。セキュアブートを有効にすると、コンピューターがマルウェアによる攻撃や感染に抵抗できるようになります。

TPMとセキュアブートを回避してWindows 11をクリーンインストール

Windows 11をインストールするための最小要件に従って、コンピューターはTPMとセキュアブートをサポートする必要があります。UEFI BIOSモードの場合は、2つの要件を簡単に有効にできます。ただし、レガシー BIOSモードの場合、それを行う方法はありません。そのため、Windows PCのレジストリキーの値を変更して、セキュアブートとTPM2.0を回避してWindows 11をクリーンインストールする必要があります。方法は次のとおりです。

手順 1. Win + Rを押して実行インターフェイスを開き、regeditと入力してレジストリを開きます。

regeditと入力

手順 2. 左側のペイン上の目次を展開して次のパスに移動する:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup

目次を展開

手順 3. 「Setup」の上で右クリックし、コンテキストメニューが表示されたら、「新規(N)」→「キー(K)」をクリックします。すると「新しいキー #1」という名前のキーが作成されますので、キーの名前を「LabConfig」に修正します。

新規

手順 4. LabConfigキーの下で、空白スペースを右クリックして2つのDWORD(32ビット)値オプションを作成し、新しいDWORD値を作成します。

DWORD値を作成

手順 5. それぞれBypassTPMCheckとBypassSecureBootCheckという名前を付けます。

BypassTPMCheckとBypassSecureBootCheck

手順 6. 2つのDWORDをダブルクリックし、「値のデータ」フィールドをそれぞれ1に編集します。

値のデータ

終了したら、レジストリエディタウィンドウを閉じて、コンピュータを再起動します。最後に、Windows PCにWindows 11 ISOをインストールして、Windows 11セットアップを実行してみてください。このようにして、TPMとセキュアブートを回避してWindows 11を簡単にクリーンインストールできます。

インストール後にデータを保護するためにWindows11をバックアップ

セキュアブートとTPMを回避してWindows 11を正常にアップグレードした後、新しいシステムをバックアップすることをお勧めします。コンピューターが起動しない、または他の問題が発生しない場合は、このシステムバックアップを使用してWindows 11を復元し、通常どおりに使用できます。それはデータを最大限に保護します。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、パーティションバックアップなどの複数のバックアップソリューションをサポートする無料のプロフェッショナルなバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを選択できます。また、以下の利点があります。

さまざまなバックアップモード(インテリジェントバックアップまたはセクターバックアップ)とさまざまな圧縮レベル(高/普通)を選択できます。
バックアップにコメントを書き込んだり、電子メール通知を設定したりできます。
このソフトウェアは、VSSとAOMEI Backupperサービスの2つのバックアップサービスをサポートしています。Windows VSSが機能しない場合、他のサービスはバックアップを適切に作成できることを保証できます。
定期的なバックアップをサポートし、毎日、毎週、毎月、その他の固定バックアップ時間を設定できます。
増分バックアップと差分バックアップを提供し、変更された部分のみをバックアップするため、ディスク領域の節約とバックアップの高速化に役立ちます。
ローカルディスク、HDD、SSD、外部USBなどの複数のストレージパスをサポートします。
オペレーティングシステム(Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11など)との互換性があります。

数ステップでWindows11を簡単にバックアップできます。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールし、開きます。「バックアップ」>「システムバックアップ」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムバックアップ

手順 2. 起動に必要なシステムディスクとその他のパーティションが自動的に選択されます。バックアップ先を選択する必要があります。

バックアップ先を選択

手順 3. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

ノート:
オプション:現在のバックアップタスクについて、コメントの追加、システムイメージの暗号化/圧縮/分割、電子メールの通知などを設定できます。
スケジュール:フル/差分/増分バックアップを定期的に自動バックアップすることを選べます。
スキーム:「フルバックアップスキーム」、「差分バックアップスキーム」、「増分バックアップスキーム」などが選択できます。そして異なるバックアップスキームを理解しやすくするために簡易なジフが付いてあります。
しかし、これらの多くの機能は有料なので、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

まとめ

TPMとセキュアブートをサポートしていないためにコンピューターでWindows 11を実行できない場合は、この記事に記載されている方法に従って、TPMとセキュアブートを回避してWindows 11をクリーンインストールできます。

インストールが正常に完了すると、無料のバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用してWindows 11をバックアップできます。これにより、コンピューターが起動しない場合に復元することで、Windows 11を通常どおりに使用できます。それはデータを最大限に保護することができます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。