By Akira / 最後の更新 2021年09月29日

TPMについて

TPMは、通常、トラステッドプラットフォームモジュール(トラステッドプラットフォームモジュール)と呼ばれ、ISO/IEC 11889とも呼ばれ、ハードウェアを保護するための安全な暗号化キーの国際標準です。

TPMについて

1999年、Compaq、HP、IBM、Intel、Microsoft、およびその他のIT企業が共同でTrusted Computing Platform Alliance(TCPA)の設立を開始しました。

2003年に、ノキア、ソニー、その他の企業がTPCAに参加し、TPCAはTrusted Computing Group(Trusted Computing Group、TCG)に改名されました。これらの企業は、クロスプラットフォームおよびオペレーティング環境のハードウェアとソフトウェアから信頼できるコンピューター関連の標準と仕様を指定し、TPM仕様を提案します。TPMの最新バージョンは現在2.0です。

TPMの役割について

TPMはハードウェア保護キーとして、主にデバイスの識別、IDの検証、暗号化、およびデバイスの整合性の測定に使用されます。以下は、TPMのいくつかの重要な機能です。

システム整合性の測定:TPMの最も一般的な機能はシステム整合性の測定とキーの作成に使われます。システムのブート プロセスの実行時、読み込まれたブートコード(ファームウェア、オペレーティングシステムコンポーネントを含む)はTPMで測定して記録できます。整合性の測定値は、システムがどのように起動されたかの証拠として使えます。また、正しいソフトウェアによるシステムの起動にのみTPMベースのキーが用いられたことの確認としても使えます。
暗号化:TPMを使用して、コンピューター上のすべてのハードドライブとパーティションを暗号化できます。コンピューターでTPMを有効にしている場合は、このテクノロジをキーとして使用して、コンピューターのストレージデバイスを保護できます。

TPM(1.2)とTPM(2.0)の違い

TPM 2.0は2014年4月に正式にリリースされ、それ以降改訂および更新されており、その機能も以前のTPM1.2よりも強力です。では、古いバージョン1.2との違いは何ですか?暗号アルゴリズム、プラットフォーム構成レジスタPCR、および認証を比較してみましょう。次の図を参照してください。

対応機能 TPM1.2 TPM2.0
暗号化アルゴリズム RSAとSHA-1ハッシュアルゴリズムの使用のみが許可されています。 RSA、SHA-1、HA-256とECCをサポートします。
プラットフォーム構成レジスタPCR PCRを使用して、開封したBitlobkerのキーを復元します。システムの起動プロセス中に小さな変更があった場合は、復元するためにユーザーの介入が必要です。 複数のPCRバンクを標準的な方法で実行します。バンク内のすべてのPCRは、拡張操作に同じアルゴリズムを使用します。異なるバンクに異なるPCRを割り当てることができます。異なるバンクは、拡張操作中に互いに独立しており、互いに干渉しません。
ルートキー 1つ(SRK RSA-2048) 各階層には、複数のキーとアルゴリズムがあります。
認証 HMAC、PCR、場所、物理的なセキュリティー パスワード、HMACおよびポリシー(HMAC、PCR、場所、および物理的なセキュリティー)、非対称デジタル署名
ご注意:プラットフォーム構成レジスタ(PCR)は、一意のプロパティを持つTPM内のメモリの場所です。PCRに格納できる値のサイズは、関連付けられたハッシュアルゴリズムによって生成されるダイジェストのサイズによって決まります。

TPM2.0を確認する方法

Windows 11にアップグレードするときに、PCがWindows11と互換性がないことに気付きます。実際には、MicrosoftのWindows 11の更新要件を見ると、Windows 11にアップグレードする場合、PCはTPM2.0とUEFIセキュアブートをサポートする必要があることがわかります。

したがって、Windows 11にアップグレードする場合は、PCにTPM2.0があるかどうかを確認してください。

方法 1. TPM管理画面でTPM2.0を確認する

手順 1. WindowsキーとRキーを同時に押し、「tpm.msc」と入力し、Enterキーを押します。

手順 2. ローカルコンピューター上のTPM管理を開いた後、次の2つの状況が表示される場合があります。

画像1:TPMが実装されている

TPMが実装されている

画像2:TPMを実装していないか、TPM機能を無効にしている

無効

TPMがある場合は、TPMのバージョンを確認してください。TPMバージョンが2.0以下の場合、Windows11にアップグレードすることはできない。

TPM1.2をTPM2.0にアップグレードするには、次の「TPM1.2をTPM2.0にアップグレードする方法」をお読みください。

方法 2. デバイスマネージャーでTPM2.0を確認する

手順 1. 「スタート」ボタンを右クリックし、表示されるメニューから「デバイスマネージャー」をクリックします。

手順 2. 「デバイスマネージャー」が表示されます。「セキュリティデバイス」の左側にある三角をクリックし、「トラステッド プラットフォーム モジュール 2.0」の表示の有無を確認します。

手順 3. TPM 2.0を搭載している場合は、「セキュリティデバイス」に「トラステッド プラットフォーム モジュール 2.0」が表示されます。

チェック

TPM2.0を有効にする方法

コンピューターがTPM2.0をサポートしているが、無効になっている場合はどうすればよいですか?TPM2.0は次のように有効にできます。

手順 1. Windows サインイン画面で、Shiftキーを押しながら「電源」>「再起動」の順に選択します。PCが再起動したら、「オプションの選択」画面で、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 2. 「詳細オプション」を選択します。

詳細オプション

手順 3. 「UEFIファームウェア設定」を選択してBIOS設定を実行します。

bios設定

手順 4. コンピューターのマザーボードが異なるため、BIOS設定の名前が異なります。図の手順に従って、TPMをオンにします。

TPMをオンにする

手順 5. TPMを有効にした後、設定を終了してコンピューターを再起動できます。

TPM1.2をTPM2.0にアップグレードする方法

TPMバージョンが1.2の場合、Windows 11にアップグレードできないため、TPM2.0にアップグレードする必要があります。以下は、Dellを例としてPCのTPM1.2を2.0にアップグレードする方法を示します。

手順 1. デルの製品サポートページに移動します。

手順 2. サービスタグを入力するか、製品リストからモデルを選択してください。

手順 3. 「ドライバーとダウンロード」タブをクリックします。

手順 4. ドロップダウンカテゴリボックスから「セキュリティ」を選択します。

手順 5. 「Dell TPM2.0 Filmware Update Utilite」が表示されるなら、チェックを付けて、TPM2.0への更新を実行します。

dell tpm

まとめ

Windows 11へのアップグレードには、PCがTPM2.0をサポートしている必要があることです。この記事の内容を読むことで、TPMとは何か、TPM2.0を有効にしてアップグレードする方法は何ですかなどの問題を理解できたと思います。TPM2.0を正常に有効にした場合、おめでとうございます。Windows 11のアップグレードに一歩近づきました。