By Machi / 最後の更新 2022年03月03日

microSDカードとは?

機器本体から取り外すことがきる記憶媒体はリムーバブルメディアと呼ばれています。SDメモリーカードはリムーバブルメディアの一種です。SDメモリーカードには、大きく分けて「SDカード」と「microSDカード」の2つがあります。

SDカードは、2000年に東芝、パナソニック、米サンディスク社が共同で開発した小型のメモリーカードで、デジカメやデジタルビデオカメラ、デジタルフォトフレームなどで使用されています。

microSDカード(マイクロSDカード)は、デジタル機器の小型化に伴い、2004年に登場したより小さなメモリーカードで、スマートフォン、ドライブレコーダー、アクションカメラ、デジタルオーディオプレーヤーなどで使用されています。

microSDカード

microSDカードは、さらに細かく分けると、データ容量の大きさにより、3つのタイプに分類されます。

microSDカード:2GB以下の容量を持つSDカード

microSDHCカード:4GB~32GBの容量を持つSDカード

microSDXCカード:64GB〜2TBの容量を持つSDカード

microSDカードは規格により、容量以外、転送速度にも違いがあります。自分の必要に応じて、最適なmicroSDカードを選んでください。例えば、大量の写真や動画などのデータを、パソコンへ速いスピードで移したい場合は、UHS-I対応のmicroSDXCカードがおすすめです。高画質の画像の撮影や、長時間の動画の保存には大容量のmicroSDXCカードがおすすめです。

◎注意事項:
①変換アダプタを使用すればSDカードとして利用することができます。
②カードが超小型なので、頻繁に抜き差しすると、紛失しやすいのでご注意ください。変換アダプター

なぜ、microSDカードからノートパソコンにデータを移行?

上記のように、microSDカードの使用頻度が高いです。microSDカードにはさまざまな種類のデータが大量に保存されているかもしれません。また、microSDカードはメモリーカードの中で最も小さいサイズのカードなので、なくしやすいし、壊れやすいです。そのため、データをmicroSDカードに長期保存することはお勧めできません

microSDカード

重要なデータが消失してしまった場合に備えて、事前にmicroSDカード上のデータを別の場所に移行・移動して、バックアップを定期的に取っておいた方がいいです。多くのユーザーはmicroSDカードからノートパソコンへデータをバックアップします。しかし、どうやって簡単かつ迅速にmicroSDカードデータをノートパソコンに移行しますか?答えは、「ファイル同期」を使うことです。

microSDカードデータ移行用の最高のフリーソフト

microSDカードからノートパソコンへデータを移行するために、microSDカード上のデータをコピーしてからノートパソコンに貼り付けるより、同期という機能を使った方が便利です。ここでは強力なファイル同期フリーソフト「AOMEI Backupper Standard」を強くお勧めします。

※補足:バックアップ機能と異なり、ファイル同期はイメージファイル(圧縮ファイル)を作成しないため、復元せずに直接アクセスすることができます。

このソフトは「ベーシック同期」に対応しています。ベーシック同期は、ファイルをソースディレクトリからターゲットディレクトリに同期できます。デフォルトでは、新しく追加/更新されたファイルのみ同期されますが、削除操作の同期も有効化可能です。

ノートパソコンに加えて、デスクトップパソコン、共有フォルダ/NAS、クラウドストレージなどをターゲットディレクトリとして指定できます。また、「スケジュール」オプションで自動同期も設定できます。時間と手間を節約します。今すぐダウンロードし、インストールしましょう:

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP/Vista

次は、AOMEI Backupper Standardの「ベーシック同期」を使用して、microSDカードとノートパソコン間でファイル/フォルダを同期する簡単な方法についてご紹介しましょう~ლ(╹◡╹ლ)

microSDカードのデータをノートパソコンに移行する方法

ステップ 1. まずは、microSDカードをノートパソコンに接続して、認識できることを確認します。そして、AOMEI Backupper Standardを起動します。

ステップ 2. 左側の「同期」タブをクリックして「ベーシック同期」を選択します。

ベーシック同期

AOMEI Backupper Professionalなどの上位版にアップグレードすると、他の3つの同期モードが利用可能:
リアルタイム同期同期元のフォルダに削除/追加/更新操作が検出されると、すぐに同期先のフォルダへ同期されます。
ミラー同期:同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持し、一致していないファイルは削除または上書きされます。
双方向同期:一方でファイルを変更すると、もう一方のディレクトリで同期されます。

ステップ 3. 「フォルダを追加」をクリックして、microSDカード上の同期したいフォルダを選択します。

フォルダを追加

ステップ 4. そして、ノートパソコン上のフォルダを保存先として選択します。最後に、問題なければ「開始」をクリックしてファイル同期を実行します。

開始

ヒント:
オプション削除操作の同期とターゲットフォルダのファイルの整合性の確認を有効にすることができます。
スケジュール自動同期を有効にすることができます。AB Stdは毎日/毎週/毎月の3つの自動同期モードに対応していますが、AB Proにアップグレートすると、イベントトリガー/USB挿入の2つより柔軟的なモードが利用可能です。USB挿入を設定した後、microSDカードをパソコンに接続すると、同期が自動的に実行されます。非常に便利です。
同期タスクを設定した後、同期元のフォルダ名を変更しないでください。さもないと、同期に失敗するかもしれません。

まとめ

この記事では、AOMEI Backupper Standardを使用して、microSDカードからノートパソコンへデータを簡単に移行する方法をご紹介しました。このソフトはデータをSDカードからノートパソコンへの移行に加えて、マイドキュメントを共有フォルダへの同期、ネットワークフォルダをGoogleドライブなどのクラウドドライブへの同期にも対応しています。

今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。