By Akira / 最後の更新 2021年07月21日

Windows 10でマイドキュメントの保存場所を変更したいの?

 

「場所」を右クリック、「移動する」を行いましたが、「マイドキュメント」フォルダはどちらのドライブにも表示されません。実際に「マイドキュメント」フォルダを見つけるには、特定のファイルとその場所にアクセスする必要があります。現在では、C:\ドライブにも消えたし、どこでも見つかないで、Windows 10でマイドキュメントを移動できなくなりました。どうすればいいですか?教えてください。

 

多くの理由で、ドキュメントとオペレーティングシステムを同じドライブに配置できません。ここには2つの主な理由があります。

  • Windowsのパフォーマンスを低下させます。マイドキュメントのサイズが大きくなると、C:ドライブの容量が不足するか、いっぱいになるため、起動時間が長くなり、読み取り/書き込み速度が遅くなります。

  • マイドキュメントは簡単に失われます。マイドキュメントフォルダは、システムクラッシュ、ハードドライブの障害、または人為的エラーの影響を受けることがよくあります。

これらの要因を考慮して、マイドキュメントフォルダを別のドライブに移動する必要があります。では、タスクを簡単に完了する方法は?読み続けてください。

Windows 10でマイドキュメントの保存先を変更する方法

マイドキュメントを別のドライブに移動するには、Windowsの組み込みツール、または無料のバックアップと同期ツール-AOMEI Backupper Standardを使用できます。2つの方法は、マイドキュメントをWindows7の別のドライブに移動する場合にも適用できます。

方法 1. Windowsの組み込みツールでマイドキュメントを移動する

ステップ 1. ターゲットドライブに「ドキュメント」という名前の新しいフォルダを作成します。

ステップ 2. 「PC」>「ローカルディスク(C:)」>「ユーザー」に移動します。

ステップ 3. 「ドキュメント」フォルダを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ 4. 「場所」タブをクリックし、「ドキュメント」フォルダの新しいパスを入力します。次に、「OK」をクリックします。

新しいパス

ステップ 5. 元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動することを確認するように求められたとき、「はい」をクリックします。プロセスが完了するのを待ちます。

新しい場所に移動

ヒント:
Cドライブの元のマイドキュメントフォルダは自動的に削除されます。
後でCドライブのマイドキュメントフォルダを元に戻したい場合は、新しい場所にあるドキュメントフォルダを見つけて右クリックし、「プロパティ」を選択して、「場所」タブの「標準に戻す」をクリックします。

方法 2. AOMEI Backupper Standardでマイドキュメントを移動する

AOMEI Backupper Standardは、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPに最適な無料のバックアップおよび同期ソフトウェアであり、マイドキュメントフォルダを別のドライブに簡単に移動するのにも役立ちます。ファイル同期機能を使用すると、1つまたは複数のフォルダーを元の場所から新しい場所に同期できます。

新しい場所は、同じディスク上の別のドライブ、外部ドライブ、ネットワークの場所、またはクラウドドライブにすることができます。たとえば、ローカルフォルダーをOneDriveに同期することが許可されています。次のように、AOMEI Backupper Standardを使用してWindows10のマイドキュメントを別のドライブに移動する方法を学習します。

ご注意:方法2を使用する場合、同期プロセス後に「ドキュメント」という名前の新しいフォルダーが自動的に作成されるため、ターゲットドライブに作成する必要はありません。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「同期」をクリックして、「ベーシック同期」を選択します。

ファイル同期

ステップ 3. タスク名は必要に応じて変更できます。「フォルダを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで「ドキュメント」を選択して「開く」をクリックします。

ヒント:複数のフォルダを同時に追加して同期することができます。

フォルダを追加

ステップ 4. 保存先を選択してから「開始」をクリックします。

開始

>> オプション:特定の同期ファイルを見つけることができるように、同期タスクのコメントを書くことができます。ここでメール通知を有効にすることもできます。
>> スケジュール:同期タスクをディリー、ウィークリーまたはマンスリー実行するように設定できます。「イベントトリガー」、「USB挿入」、「リアルタイム同期」などのより高度なスケジュールモードを使用したいするには、AOMEI Backupper Professionalアップグレードしてください。

✍ヒント:

  • 同期プロセス後も、Cドライブに「ドキュメント」フォルダーがあります。空き容量を増やすために削除するか、バックアップとして保持するかを選択できます。

  • Cドライブの「ドキュメント」フォルダーを削除すると、同期タスクは無効になります。つまり、タスクはもう実行できません。

結論

上記の2つの方法を使用して、マイドキュメントをWindows10の別のドライブに簡単に移動できます。複数のフォルダを一度に移動したい場合は、AOMEI Backupper Standardをお勧めします。ファイル同期機能に加えて、AOMEI Backupper Standardを使用すると、クローン機能を使用してmSATA SSDを別のmSATA SSDにクローンすることもできます。今すぐダウンロードして、詳細をご覧ください。