By AOMEI / 最後の更新 2020年05月25日

人々は個人情報や仕事資料について話す時、よくWindowsバックアップに言及しています。Windowsバックアップはコンピューターデータのイメージ化を指します。では、以下の内容を読んでバックアップに関する情報をゲットしましょう。

なぜWindowsバックアップが必要?

「data is heart of the enterprise」(データは企業の中心)という諺のように、データは非常に重要ですから、機密データの安全性を無視できません。コンピューターユーザーにとってデータ損失はよくあるのことでしょう。ある調査により、約66%のユーザーは様々な原因でデータを紛失する状況に遭ったことがあります。ですから、そに状況を避けられるように、バックアップを作成するのがとっても重要です。

一部のコンピューターには関連するツールがありますが、バックアップの速度が遅いか、機能が要求に達せないなどの原因で使用されていません。また、そのバックアップ手順が難しいしので、元々バックアップしてデータを保護しようと思っているのに、逆に不正確な操作でデータをなくしてしまったこともあります。ユーザー達を助けたいと思って、ここでAOMEI Backupperというバックアップソフトをオススメします。

AOMEI Backupperがどんなソフト?

サードパーティ製のソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverを利用して、PCまたはサーバーをバックアップするのが一番適切だと思います。これにより、Windows各バージョンのデータをバックアップするのは容易くなります(AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2008/2008 R2/2003/2003 R2/2016/2019およびWindows 7/8/8.1/10/XP/Visaをサポート)。

また、バックアップオプション、スケジュール、スキームなど便利なセカンダリ機能が付けてあります。それにより、毎日のバックアップ、毎週のバックアップ、毎月のバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップなどが設定できます。色んなすばらしい機能を集めていて、各レベルの使用者にピッタリとした方案を出しますので、きっと楽に使えます。

AOMEI Backupper Serverについて

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)、Windows SBS/2008/2011、およびWindows PCシステムをサポートします。


無料体験

Serverユーザー用

ダウンロード数が2千万回を超えた

AOMEI Backupperでデータのバックアップを作成

ここでは、例として、AOMEI Backupperによってディスクバックアップの作成方法を説明します。

その前に、AOMEI Backupper Serverをダウンロードしてくださいね。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

それで、バックアップの作成が完成になりました。すごく簡単でしょう。

ちなみに、このバージョンは1台のサーバーパソコンだけをサポートします。データとOSを継続的に保護したい場合(会社とか)、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。これは無制限のPCまたはサーバーで使用できて、とても評判になっています。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。最後までありがとうございました。