By Comnena / 最後の更新 2020年08月13日

GPTディスクについて

GPTディスクをクローンする方法を学ぶ前に、GPTについて簡単に理解しておく必要があります。これにより、手順を理解しやすくなりますよ。

GUIDパーティションテーブル(GUID Partition Table,GPT)は、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格である。これはインテルの提案しているEFI標準の一部であり、旧来のBIOSで使用されているマスターブートレコード(MBR)の置き換えを意図している。従来のMBRパーティションが、テーブルのパラメータから、1セクタ512バイトで定義した場合、最大2TiB迄の領域までしか管理できないのに対し、GPTでは、最大8ZiB迄の領域を定義、管理できる。

二種類のディスク

✦ GPTは2TBを超えるハードドライブをサポートします。
✦ Windowsは、UEFIベースのコンピューターでGPTからのみ起動できます。
✦ MBRとは異なり、GPT HDDでは、最大128個のプライマリパーティション作成することができます。
✦ GPTディスクは64ビットWindowsシステムのみをサポートしますが、MBRディスクは32ビットと64ビットの両方のWindowsシステムをサポートします。

これまでのところ、最新のコンピューターはMBRと互換性のあるGPT標準もサポートしています。それらの詳細については、MBRとGPTこのページをご覧ください。しかし、なぜGPTディスクをより小さなSSDドライブにクローンする必要があるのですか?

GPTディスクをより小さなSSDにクローンする理由

HDDと比較して、SSDはその機能、耐久性、高速性、持ち運びの便利性、作業中の騒音がないため、HDDよりも信頼性が高くなっています。したがって、GPTディスクがある場合は、GPTをSSDにクローンして、パフォーマンスを向上したほうがいいと思います。でも普通に、HDDよりSSDは小さいです。じゃあ、どうクローンするのでしょうか?

GPTディスククローンのソフトウェア

WindowsとアプリケーションをインストールせずにGPTディスクをより小さなSSDにクローンする方法は?まず、コンピューターで使用できるSSDの種類を確認してください。次に、いいディスククローン作成ツールを準備します。GPT HDDをSSDに正常にクローンするには、総合的な機能を備えるクローンソフトウェアを探すことが不可欠です。

AOMEI Backupper Professionalは、Windows 7、8、10などの人気のある個人的なWindowsオペレーティングシステム向けの強力なバックアップおよびクローンソフトウェアです。汎用性、信頼性の高い実行機能、簡潔なインターフェースによりユーザーに強く推奨されます。このソフトウェアは、ダイナミックディスク、ハードウェアRAID、UEFIブートモードなど、MBRとGPTの両方のパーティションスタイルをサポートしています。

小さいSSDが選択されたGPTディスクのすべての内容に対応できない場合、AOMEI Backupperの機能であるシステムクローンが大いに役立ちます。システムドライブと起動関連のパーティションをターゲットSSDにクローンするだけで、高度なテクノロジーのメリットを楽しめます。

Windows 7/8/10でGPTディスクをより小さなSSDにクローンする方法は?

注意:クローンする前にコンピューターで使用できるSSDの種類を確認してください。メーカーにご相談して小さい方のSSDがGPTディスクからのすべてのデータを保持できることを確認してください。

そもそも、AOMEI Backupper Professional 30日間の無料体験版をインストールして起動してみてください(すべてのクローン操作は体験版で使用できません)。GPT HDDをより小さなSSDにクローンする方法は次のとおりです。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP

ステップ 1. 小さいSSDをコンピューターに接続してください。AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動し、メインインターフェースで「クローン」、「ディスククローン」を選択してください。

ディスククローン

ステップ 2. GPTディスクをソースディスクとして選択、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

ステップ 3. GPT HDDからデータを保存するターゲットディスクとして小さいSSDドライブを選択し、「次へ」をクリックしてください。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」をチェックし、操作を確認したら「開始」をクリックしてください。

アライメント

ステップ 5. クローン作成プロセスが完了したら、GPTディスクをクローン化されたSSDと交換するか、ターゲットディスクから起動するように起動順序を変更してください。UEFIブートモードになっていることを確認してください。そうでないと、正常に起動できない場合があります。BIOSでレガシーをUEFIに変更する方法を知りたい場合があります。

「開始」を押す前に、いくつかの設定を行う必要があります。

パーティションを編集:これは、ディスクをより大きなディスクにクローンするときに特に役立ち、クローンの作成中にクローン先ディスクのストレージ領域を完全に使用するようにパーティションのサイズと場所を調整できます。

♦ SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDの場合、この機能を有効にして、SSDの読み取りおよび書き込み速度を向上させます。

セクター単位のクローン:このオプションをオンにすると、使用されているセクター、不良セクター、または空白セクターのいずれであっても、GPTハードディスク上のすべてのセクターがクローンされます。そして、それはクローンするためにはるかに時間がかかります。このオプションをチェックすると、パーティションの編集オプションが使用できなくなります。

まとめ

AOMEI Backupperの助けを借りて、GPT(UEFI)ディスクをより小さなSSD、またはより大きなSSDに簡単にクローンできます。さらに、WinPEブータブルメディアを作成して、クローン後にシステムを起動し、コマンドラインクローンを実行して無人タスクを実行できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。