By Machi / 最後の更新 2022年01月11日

ユーザー事例:Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い

 

この前、私のパソコンは常にスムーズに動いていましたが、最近急にラグが発生するようになります。タスクマネージャーで確認すると、Windows Module Installer WorkerのCPU欄が50%になっていました。電源を入れただけでもそうです。
タスクの終了をクリックしても、5秒後に再表示されます。この問題を修正するにはどうすればよいですか?何か解決策があれば宜しくお願いします。

 

windows modules installer worker

Windows Modules Installer Worker(TiWorker.exe)とは、Windows Updateが完了した後に、不要なファイルの削除などの後処理をしているシステムアプリです。システムを安定的に稼働させるための重要な役割を担っています。一般的に、Windows Modules Installer Workerは問題がありませんが、時々、CPU使用率が異常に高くなり、ラグを起こすことがあります。

では、CPU使用率が持続的に高くなる問題を解決するにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、Windows 10でこの問題が発生する原因と12つの解決策をご紹介します。詳細については読み続けてください。

Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い原因

Windowsを更新すると、Windows Modules Installer Workerというプロセスは、すべてのWindowsファイルの更新と古いデータのバックアップを実行します。その時にWindows Modules Installer Workerが高いCPU使用率を示していたとしても、それは正常な状態なのでご安心ください。

Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率は、更新が完了した後、徐々に減少していくべきです。Windowsを更新した後でも長時間(約2時間以上)に高いCPU使用率を維持する場合、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高いという問題が発生していることを意味します。

これは技術的な障害破損したシステムファイルウイルス感染、または間違った更新によって引き起こされるかもしれません。しかし、その原因が何であろうと、この問題を解決する必要があります。

Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題を修正する方法

解決策を探しているとき、Windows Modules Installer Workerを無効にするよう提案されるかもしれません。しかし、そうすると、Windowsシステムを最新に保つことができず、ユーザー体験に直接影響を与える可能性があります。

それに、Windows Modules Installer WorkerはWindowsの重要なシステムアプリの1つであり、ウイルスではありません。また、Windows自身が、Windowsサービスに偽装したウイルスを防ぐための防御策を備えています。ですから、無効化する必要はありません。

それに、無効化する方法以外、この問題を解決できる他の方法もたくさんあります。これから、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題を修正する12つの方法をご紹介します。

方法1. インターネットの設定を変更する

インターネットの設定を変更することで、Windowsが自動的にアップデートされるのを防ぐことができます。現在使用しているネットワークに応じて、いずれかの方法を選択することができます。

◎ Wi-Fi

「スタート」ボタンをクリックし、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」と進み、表示されている稼働中のWi-FiのIDをクリックし、設定画面で「従量制課金接続」のスイッチをオンにします。

従量制課金接続

◎ イーサネット

手順 1. 「Win」キー+「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き、「regedit」と入力して「Enter」キーを押します。

手順 2. 以下のパスに移動し、

HKEY_LOCAL_MACHINE|SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\DefaultMediaCost

「DefaultMediaCost」フォルダを右クリックし、「アクセス許可」を選択します。

アクセス許可

手順 3. 「追加」をクリックし、「選択するオブジェクト名を入力してください」で、ユーザー名を入力し、「名前の確認」をクリックし、「OK」をクリックします。

ユーザー名

手順 4. 追加したユーザーを選択し、「フル コントロール」の「許可」オプションにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

許可

手順 5. 「レジストリ エディター」のメインインターフェイスに戻り、「Ethernet」をダブルクリックします。そして、「値のデータ」を「2」に変更し、「OK」をクリックします。

値のデータ

方法2. SoftwareDistributionフォルダーを削除する

SoftwareDistributionフォルダは、Windows Updateの様々な情報やファイルを格納するために使用されます。このフォルダーに破損したファイルが保存されている場合、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題が発生する可能性があります。

また、Windows 10では、新しいアップデートが表示されると、自動的に同名の新しいフォルダーが生成されます。そのため、SoftwareDistributionフォルダーを削除してもリスクはありません。でも、この操作は管理者アカウントで行う必要があります。

まず、SoftwareDistributionフォルダーを削除する際にエラーが発生しないように、Windows Updateサービスを一時的に無効化する必要があります。では、次のチュートリアルに従って、SoftwareDistributionフォルダを削除しましょう。

◎ Windows Updateサービスを一時的に無効化する

「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、「services.msc」と入力し、「Enter」キーを押して「サービス」ウィンドウを開きます。「Windows Update」サービスを見つけて右クリックし、「一時停止」または「停止」を選択します。問題が解決した後、上記の方法を参考にして「Windows Update」サービスを有効にすることができます。

一時停止/停止

◎ SoftwareDistributionフォルダーを削除する

手順 1. エクスプローラを開き、「ローカル ディスク(C:)」の「Windows」フォルダに移動します。「SoftwareDistribution」フォルダを見つけて右クリックし、「削除」を選択します。

削除

手順 2. コンピュータを再起動します。「スタート」ボタン→「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「更新のプログラムのチェック」をクリックして、Windows Updateを更新します。

更新プログラムのチェック

方法3. Windows トラブルシューターを実行する

また、「トラブルシューティング」というツールでWindows Updateの問題を解決することもできます。このツールは無料で、Microsoftアカウントを持っていない方でも使用できます。

まず、「スタート」ボタンをクリックして、「設定」→「更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」の順にクリックし、「Windows Update」を見つけてクリックし、「トラブルシューティング ツールの実行」をクリックします。最後にプロンプトの指示に従って、修復プロセスを実行します。

トラブルシューティングツールの実行

方法4. Windows 10の自動更新を無効にする

Windows Modules Installer WorkerはWindows Updateのコアコンポーネントであるため、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題を解決するには、Windows 10の自動更新を無効にすることができます。

手順 1. 「Win」キー+「I」キーを押して「Windowsの設定」を開き、「更新とセキュリティ」オプションをクリックし、「Windows Update」タブをクリックして、右ウィンドウの「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

手順 2. 「詳細オプション」ウィンドウで、「更新の一時停止」の下にある「日付の選択」をクリックし、日付を指定して、停止期間を設定します。

更新の一時停止

方法5. Windows Updateサービスを再起動する

時々、Windows Updateサービスを再起動するだけでこの問題が解決できます。

手順 1. 「Win」キー+「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き、「services.msc」と入力して「Enter」キーを押します。

手順 2. 「Windows Update」を見つけ、右クリックして「再起動」オプションを選択します。

再起動

方法6. Windows Module InstallerとWindowsアップデートを手動に変更する

一部のユーザーからのフィードバックによると、Windows Module InstallerとWindows Updateを手動に変更すると、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題を解決できることが示されています。

手順 1. 「サービス」を開き、右のリストから「Windows Module Installer」を見つけて、ダブルクリックします。

windows module installer

手順 2. 「Windows Module Installerのプロパティ」ウィンドウで、「スタートアップ種類」を「手動」に設定し、「適用」→「OK」の順にクリックして変更を保存します。

手動

手順 3. そして、また右のリストから「Windows Update」を見つけてダブルクリックし、「スタートアップの種類」を「手動」に設定し、「適用」→「OK」をクリックして変更を保存します。

手動

手順 4. 「Win」キー+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、「gpedit.msc」と入力し、「Enter」キーを押して、「ローカル グループ ポリシー エディター」を開きます。「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Update」に移動し、「自動更新を構成する」を見つけてダブルクリックします。

自動更新を構成する

手順 5. 「自動更新を構成する」で、「有効」を選択します。そして、「自動更新の構成」下のボックスをクリックし、「自動ダウンロードしインストールを通知」を選択します。「適用」→「OK」をクリックして設定を保存します。

自動ダウンロードしインストールを通知

✹ 注意:「Windows Update」を「手動」に設定した後、Windowsシステムの安定性を向上させるには、「Windows Update」を定期的に(毎週または毎月)チェックする必要があります。

方法7. システムファイルチェッカーを実行する

Windowsの更新に関連する1つまたは複数のシステムファイルが破損している場合、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題が発生する可能性があります。これを解決するには、システムファイルチェッカーツールを使用して、これらのファイルを自動的にスキャンして修復します。

手順 1. 「Win」キー+「X」キーを押してWindowsメニューを開き、「コマンド プロンプト(管理者)」オプションを選択します。

手順 2. 「コマンド プロンプト」に「sfc /scannow」と入力し、「Enter」キーを押して、システムファイルチェッカーツールを実行します。プロセスが完了した後、コンピュータを再起動します。

sfc

✹ 注意:システムファイルチェッカーツールの実行中は、シャットダウンや再起動などを実行すると、重大な結果につながることがあるので、中断しないでください。

方法8. DISMでWindowsのシステムイメージのエラーを確定して修復する

DISMとは、Windowsのシステムイメージをスキャンし、エラーを確定してから修復するコマンドラインツールです。システムファイルチェッカーツールで問題を解決できない場合、このツールを使用してみましょう。

「コマンドプロンプト(管理者)」で「Dism.exe /Online /Cleanup-Image /Restorehealth」と入力し、「Enter」キーを押してコマンドを実行します。これで、DISMが自動的にWindowsシステムをスキャンし、検出されたエラーも自動的に修復するので、プロセスの完了を待つだけです。

DISM

方法9. クリーンブートを実行する

Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題を解決するために、「システム構成」で「スタートアップの選択」を「クリーンブート」に変更することができます。

手順 1. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「msconfig.exe」を入力し、「Enter」キーを押します。

手順 2. 「システム構成」ウィンドウで、「通常スタートアップ」オプションを選択し、「OK」をクリックします。その後、コンピュータを再起動し、変更を有効にします。

通常スタートアップ

方法10. TiWorkerプロセスの優先順位を下げる

「タスク マネージャー」を開くと、TiWorker.exeというプロセスが表示されます。それは、Windows Modules Installer Workerです。このプロセスの優先度を変更することで、CPU使用率を下げることができます。

「Ctrl」キー+「Shift」キー+「Esc」キーを押して「タスク マネージャー」を開き、TiWorker.exeを見つけて右クリックし、「優先度の設定(Set priority)」→「低(Low)」を選択します。

tiworker.exe

方法11. Trusted Installerを停止する

一部のユーザーからのフィードバックによると、Trusted Installer Serviceを停止することで、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題を解決できることが示されています。

手順 1. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウで「regedit」と入力し、「Enter」キーを押して「レジストリ エディター」を開きます。そして、以下のパスに移動します。

Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TrustedInstaller

手順 2. 右側のウィンドウで「Start」ファイルをダブルクリックします。そして、「値のデータ」を「3」に設定し、「OK」をクリックして変更を保存します。

値のデータ3

上記の11つの方法で問題を解決できませんが、以前にシステムをバックアップしておく場合、バックアップを使ってシステムを以前のバージョンに復元することで問題を解決することができます。この場合に、AOMEI Backupper Standardを使用して、バックアップを復元することは良い選択です。

方法12. Windows 10を以前のバージョンに復元して問題を解決する

AOMEI Backupper StandardはWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP向けのプロのバックアップ&復元ソフトウェアです。アカウントを登録しなくても、無料で使用できます。いくつかの簡単な手順で、システムをバックアップ・復元することができます。

次に、AOMEI Backupper Standardでシステムを復元する方法をご紹介します。始める前に、システムのバックアップを作成することが必要です。システムバックアップを持っていない方は、このリンクを参照して、バックアップを作成してください。作成した後、下記の手順に従って、システムを復元しましょう。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして開きます。「復元」→「タスクを選択」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

タスクを選択

手順 2. 復元したいタスクを選択し、「次へ」をクリックします。

バックアップタスク

手順 3. 「イメージ情報」画面で「このシステムイメージを復元」を選択し、「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを復元

手順 4. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
AB Stdは、同じコンピュータ上のシステムイメージの復元をサポートしています。システムイメージをハードウェアの異なる他のPCに復元したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、「ユニバーサル復元」機能をご利用ください。
PCが起動できない場合、他のPCにAOMEI Backupperを使って、ブータブルメディアを作成し、それを使用して、故障したPCにシステム復元を実行することができます。

まとめ

Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率が高い問題で悩んでいる方は、ぜひこの記事で紹介した12つの方法を使用してください。前の11つの方法で問題を解決できない場合、または問題を修正している時に新しいエラーが発生することを心配する場合、12番目の方法で紹介したプロのバックアップ&復元フリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使って、Windows 10システムを以前のバージョンに復元することをお勧めします。

また、AOMEI Backupper Standardの「システムバックアップ」機能を使って、システムを自動バックアップすることができます。それで、システムバックアップを常に最新バージョンに保持できるだけでなく、必要に応じて任意の以前のバージョンに復元することもできます。今すぐダウンロードし、データを守りましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速