By Comnena / 最後の更新 2021年10月18日

ディスクミラーリングとは?

ディスクミラーリング

「ミラーリング」という言葉は、「鏡のように完全に同じものを映し出す」という意味で広く使われます。そのため、バックアップや共有などの目的で、1つのディスクを別のディスクに「クローン」「コピー」「バックアップ」することもディスクミラーリングと呼ばれています。
ディスクミラーリングとは、ハードディスク(HDD)の故障に備えて、複数のディスクにまったく同じデータを保存することです。ディスクミラーリングをデータバックアップとして利用することができます。

HDDをミラーリングする理由

ディスクミラーリングには、ディスク上のすべてのデータを保護することに加えて、次のメリットがあります。

ご存知のように、HDDが故障した後、データ復旧は簡単ではありません。故障の程度により、1万円以上かかることも珍しくないです。事前にディスクミラーリングを行えば、そのような復旧は必要ありません。ディスクミラーリングは、2台のHDDに完全に同じデータを保存することで、一方が故障しても、もう一方に同じデータがあるので、故障したものを新しいものに変えるだけで済みます。データの損失はありません。
そのほか、企業においては、HDD故障は業務が停滞する主な原因になるでしょう。事前にディスクミラーリングを行えば、その心配がありません。1つが故障してももう1つが無事に稼働できます。急な業務の停滞に見舞われるリスクがほとんどありません。
長年使用しているHDDに大量のデータが保存されているでしょう。ディスクの空き容量が少なくなると、パソコンの動作は重く・遅くなります。こういう時にHDDをより大きなHDDにミラーリングすることで問題を解決できます。また、パソコンのパフォーマンスを向上させるために、HDDをSSD(高速な読み書き)にミラーリングすることもできます。

最適なミラーリング方法を選択

上述のように、バックアップまたはクローンでディスクをミラーリングできますが、それらはどのような違いがあるのでしょうか?

バックアップによるミラーリングは、ディスクイメージ(1つの圧縮ファイル)を別のHDDに作成することです。1つのディスクに複数のバックアップイメージファイル(異なる復元ポイント)を保存することができます。イメージファイルは直接使用できません。バックアップ元のHDDと同じように使用するために、イメージファイルを復元する必要があります。
クローンによるミラーリングは、ディスク全体を別のHDDに丸ごとコピーすることです。完全なコピーだと思います。起動ディスクをミラーリングする場合、ミラーリングしたHDDも起動可能となり、HDD交換後、そのまま直接使用できます。クローン元のHDDとそっくりで、違いがありません。使用に復元を実行する必要がありません。

結論として、ディスクミラーリングには、バックアップより、クローン作成の方が優れていることは明らかです。

ノート:さらに、ミラー同期もあります。ソースディレクトリで変更(新しく追加または修正)されたファイルがターゲットディレクトリに同期され、同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持できます。

最高のミラーリングソフト

ここでは、強力な無料HDDミラーリングソフトAOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。このソフトは次の機能を持っています。

ディスククローン:これにより、オペレーティングシステム、アプリケーション、ユーザーファイルなど、ハードディスク上のすべてのデータを別のディスクにクローンできます。ディスククローンを使い、HDDをSSDに、またはSSDをより大きなSSDに簡単にクローンできます。
パーティションクローン:これにより、ディスク上の特定のパーティションのクローンできます。パーティションクローンを使い、Ext4パーティション、NTFSパーティションなどをコピーできます。
セクター単位のクローン:コンピューターのHDDまたはその他のストレージデバイスのすべての領域をクローンします。十分な予算があり、大きなSSDを購入した場合、クローンツールを使用すると、新しいSSDと古いHDDのパーティションレイアウトを同じに保つことができます。
SSD 4Kアライメント:SSDにクローン場合は、SSDのパフォーマンスを向上させ、SSDの使用時間を延ばすのに役立ちます。
バックアップと同期:このソフトウェアには、バックアップおよび同期機能もあります。必要に応じて、最適なミラーリング方法を選択できます。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

クローンフリーソフトでHDDをミラーリングする方法

次は、AOMEI Backupper Standardを利用して1つのHDDを別のHDDにミラーリングする方法・手順についてご紹介しましょう~ヾ(*´∀`*)ノ

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、開きます。「クローン」⇒「ディスククローン」をクリックします。

注意:起動ディスクをGPTからMBRへ、GPTからGPTへ、MBRからGPTへクローンする場合、個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードしてください。

ディスククローン

手順 2. ミラーリングしたいディスクをソースディスク(クローン元のディスク)として選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスクとして選択

手順 3. 次には、ターゲットディスク(クローン先のディスク)を選択して「次へ」をクリックします。

クローン先のディスク

手順 4. 操作概要が表示されます。最後は、ディスククローンに関する情報を確認し、問題なければ「開始」をクリックしてディスクミラーリングを行います。

開始

手順 5. 進行状況は表示され、確認できます。100%に達すると「完了」をクリックして、クローン作成タスクを終了します。

進捗状況

終わりに

ディスクミラーリングが完了した後、古いHDDを新しいHDDへ取り替えることができます。また、AOMEI Backupperはバックアップ、クローン、同期3つのミラーリング方法を提供します。直感的で分かりやすい指示画面があるので、パソコン初心者でも簡単に使用できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。