By Comnena / 最後の更新 2021年06月24日

WindowsでOSをUSBメモリにバックアップする原因

USBメモリバックアップ

電子情報の時代に、コンピュータにおけるデータの重要性はますます高まりつつあります。バックアップを重視しているユーザーもますます多くなっています。災害時にバックアップイメージを使用してパソコンを簡単に復元させることができます。USBメモリは、優れた転送ツールであるだけでなく、優れたストレージデバイスです。したがって、OSをUSBにバックアップすることはコンピュータを保護するための良い方法です。

また、USBを介してシステムイメージを一つのパソコンから別のパソコンに復元する場合は、OSをUSBにバックアップする必要があります。または、USBメモリドライブにシステムドライブをバックアップし、そのドライブから復元します。

さらに、USBスティックは柔軟性が高く評価されています。OSをUSBメモリにバックアップすると、システムをいつでも持ち歩くことができます。任意のパソコンに挿入して、慣れたOSと快適な個人設定を使用するようになります。

それ以外、AOMEI Partition Assistantの「Windows To Go Creator」機能を使用して、Windows 10/8で上述のことを実現できます。とにかく、原因にかかわらず、OSをUSBにバックアップする方法を学ぶ方が良いでしょう。

組み込みツールでWindows OSをUSBフラッシュに移行します

Windowsは、コンピュータユーザー向けに組み込みのシステムバックアップユーティリティを提供します。それらは、Windows 7の「バックアップと復元」、Windows 8の「Windows 7のファイルの回復」、およびWindows 10の「バックアップと復元(Windows 7)」です。Windows 8と10のファイル履歴は、主にファイルのバックアップと復元に使用されます。

それでも、これらのユーティリティを使用してシステムイメージの保存先としてUSBフラッシュドライブを選択すると、「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という警告が表示され、システムのバックアップが停止します。

ドライブは有効なバックアップの場所ではありません

これについて考えられる説明は、Windowsが作成された日以来、USBドライブにシステムイメージを配置することは安全ではないことをWindowsが発見したことです。その場合は、別の方法に目を向けることができます。

WindowsでOSをUSBフラッシュドライブにバックアップするツール

Windowsは、パソコンユーザー向けの内蔵システムバックアップユーティリティを提供します。それにもかかわらず、USBメモリをシステムイメージの保存先として選択すると、「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません。」という警告が表示され、そこにシステムをバックアップできなくなります。これはUSBメモリドライブの容量はまだ非常に小さいため、システムイメージをUSBドライブに保存するのは安全ではないかもしれません。もちろん、今はもう問題ではありませんでしたが、大容量USBドライブへシステムイメージを保存するのは重要です。ただし、USBメモリの容量は8GBを超えなければなりません。

内蔵ツールが私たちの要求を満足させない場合、サードパーティ製のソフトウェアはいい選択です。AOMEI Backupper Professional版は、Windows 10/8/8.1/7/VistaやWindows XPなどのWindowsシステムをサポートする信頼性の高いバックアップおよび復元ソリューションです。このソフトを使用すると、OSをUSBメモリドライブにバックアップすることは簡単になります。このソリューションは、ほぼすべてのリムーバブルUSBメモリドライブ(USB 1.0/2.0/3.0)、サムドライブやペンドライブなどをサポートしています。必要によって、異なるバックアップモードも選択可能です。増分バックアップと差分バックアップでは、USBメモリの容量を節約できます。無料試用版をダウンロードして使ってみてください。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

補足:システムをワンキーでバックアップ&復元したいなら、AOMEI OneKey Recoveryを勧めます。このソフトは回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることができます。その回復パーティションを利用して、簡単かつ高速にシステムを復元することができます。

AOMEI BackupperでUSBメモリにOSをバックアップする方法

手順 1. USBメモリをパソコンに接続します。AOMEI Backupperをインストールして起動します。「バックアップ」タブの「システムバックアップ」をクリックします。

usb os バックアップ

手順 2. USBメモリフラッシュドライブを保存先として選択します。手動でシステムドライブを選択する必要はありません。AOMEI Backupperはそれを処理します。

USBメモリを選択

手順 3. 他の設定をすると、左下隅にある3つのオプションを使用してください。最後、「開始」をクリックしてバックアップを始めます。

バックアップを開始

ヒント:
オプション:バックアップイメージの暗号化、圧縮および分割オプションを提供します。
スケジュール:フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの間でバックアップタイプを変更し、毎日、毎週、または毎月のモードを設定します。
スキーム:作成されたバックアップイメージの数を超えると、古いバックアップを自動的に削除するのに役立ちます。

まとめ

AOMEI Backupper Professionalは専門的なバックアップソフトです。それはWindowsツールでOSをUSBフラッシュドライブにバックアップしないことを解決するのに役立ちます。コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@