By ゆき / 最後の更新 2020年01月06日

不良セクターがあるハードディスクからデータをコピーする方法を知りたいですか?この記事では、クローニングソフトウェアを使って最も簡単な方法を説明します。

不良セクターとは、HDDの物理的な損傷やフラッシュメモリトランジスタの故障のためにアクセスも書き込みもできないセクタです。ユーザーはchkdskコマンドを実行してハードディスクのエラーをチェックし、不良セクターを見つけ出せます。古すぎ、過熱、ファイルシステムエラー、ウイルス感染など、さまざまな理由でハードディスクの不良セクタが発生する可能性があります。

ハードディスクに不良セクタが生じた場合、コンピュータは正常に動作しません。ディスク上の個人データにアクセスすることはできません。場合によっては、システムのロード、再起動、シャットダウンに時間がかかることさえあります。ユーザーにとって最悪なことに違いないんだろ。

不良セクター:HDD損害の前触れ

悩みつい最近、ノートパソコンの調子がおかしいんです。一部のファイルを読み取れなくて、ブルースクリーンがよく発生します。調べてみると、HDDに不良セクターが出ていたみたいです。それで、Samsung 840 EVO SSDを購入して換装すつもりです。しかし、Samsungの移行ソフトウェアを使用してHDDからデータを新しいSSDにクローンする時、不良セクターがあるのでデータを移行できないというエラーメッセージが出ました。SSDにOSをクリーンインストールせずに今のデータをHDDに丸ごと移行する方法がありますか?

これはRedditからの本当のケースです。このユーザーは、不良セクタのあるハードディスクからデータをコピーする方法を知りたいです。ハードディスクに不良セクタができたら、すぐに対策を講じる必要があります。

不良セクターが発生した場合はどうすればいいですか。

正しい対策をとる限り不良セクターは本当にひどいわけではありません。実は2つの効率的な方法があります。

1. WindowsのCHKDSKユーティリティーでHDDを修復する

WindowsのCHKDSKユーティリティーでお使いのハードディスクを部分的に修復することができます。CHKDSKを実行する前に、すべての回復できるものを復元しておくのをお勧めします。その後、次の手順でハードディスクを修復してみます。

 

  • 1. Windows 10の場合はスタートボタンを右クリックして、ポップアップメニューに「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。Windows 7ではWindowsキーを押すとスタートメニューが開いて、検索ボックスにcmdと入力して、出ている検索結果に「コマンド プロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックします。

  • 2. 「chkdsk /f /r /x E:」を入力し、Enterを押して修復プロセスを実行します(Eは不良セクター所在のパーティションのドライブレター)。

修復した後、このHDDをこれから続いて使用することをやめたほうがいいです。すくなくともデータを他のドライブにコピーすることをお勧めします。

2. 不良セクタのあるHDDを別のドライブにコピーする

CHKDSKを使用することの欠点は、壊れかけるディスクを完全に壊す可能性があります。さらに、ハードディスクの修復は時間がかかる作業です。これが、不良セクタを含むハードディスクを別のドライブにクローンすることをお勧めする理由です。

厄介なのは、多くのソフトウェアが不良セクタを含むHDDを複製できないこと、または有料版を使用する必要があることです。信頼できるフリーウェアはありますか?答えはイエスです。AOMEI Backupper Standardは、最高の無料クローン作成ソフトウェアで、Windows 10、Windows 8.1 / 8、Windows 7、Windows Vista、およびXP上でスムーズに動作します。

このフリーウェアを使うと、不良セクタをスキップしてハードディスクのクローンを作成できます。この強力なソフトウェアを使って、ハードディスクをSSDに、MBRをGPTディスクにクローンすることもできます。ちなみに、ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)テクノロジでは、クローン作成プロセスによって作業が中断されることはありません。

不良セクターのあるディスクをコピーする方法

不良セクターを含むディスクのクローンを作成する方法は簡単です。まずはターゲットHDD/SSDをパソコンに接続します。クローン作成後、ターゲットディスクは上書きされます。重要なデータがある場合は、事前にディスクをバックアップする必要があります。

次に、AOMEI Backupper Standardをインストールして実行します。数回のクリックでコピーを完成します。

こちらからダウンロード

  • 1. 「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

    ディスククローン

  • 2. ソースディスクを指定します。次へをクリックします。

    ソースディスク

  • 3. ターゲットディスクを指定して「次へ」をクリックします。

    ターゲットディスク

  • 4. この「操作概要」の画面でコピーのプロパティを確認できます。次に、「開始」をクリックして不良セクターのあるディスクのクローンを作成します。

    操作概要

ヒント ● 手順4で「パーティションを編集」をクリックすると、ターゲットディスク上のパーティションサイズを変更できます。ただし、この機能はプロ版によってサポートされています。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてパーティションを編集できます。
●「セクター単位のクローン」は使用されているかどうかにかかわらず、プログラムが全てのセクターをクローンすることを意味します。従って、ターゲットディスクははソースディスクより大きなサイズを持つ必要があります。
●ターゲットディスクがSSDの場合は、「SSD 4Kアライメント」をクリックしてSSDを最適化し、SSDの読み書き速度を向上させることができます。
●古いHDDに不良セクタがほとんどなく、修復可能な場合は、HDDを再フォーマットし、クローン作成後に2番目のストレージとして使用できます。
●起動順序を変更して、新しいディスクから起動します。

まとめ

AOMEI Backupperは、簡単な手順と直感的なインターフェースで不良セクターがあるのディスクをコピーする問題を解決するのに役立ちます。その上、このフリーウェアはディスクの復元、パーティションのクローン、パーティションのバックアップなどのような多くの実用的な機能を提供します。必要によってそれらの機能をつかって便利な生活を送ります。