By Akira / 最後の更新 2022年08月11日

F11・システムリカバリに関する知識

システムリカバリを行うためのキーまたは複数のキーの組み合わせを開発しているパソコンメーカーがあります。Dell、HPまたはLenovo製コンピュータ(PC、ノートパソコン、デスクトップ)にとっては、ハードウェアまたはソフトウェアの障害によりコンピュータが壊れたら、F11キーを使用してシステムリカバリを行えます。

HP製パソコンには、HP Backup and Recovery Manager(バックアップと回復)という名前のツールが備わっています。このツールを使用すると、正常にシステムリカバリを実行することができます。ただし、回復パーティションが必要です。HP製パソコンに問題が発生し、システムリカバリを実行必要がある場合、HPのパソコンの電源をオンにしてEscキーをすぐに押すと、スタートアップメニューが表示されます。F11キーを押し、HPパソコンのシステムリカバリにアクセスします。

一般に、Dell製パソコンには利用可能なリカバリパーティションがあります。このリカバリパーティションを利用し、お使いのパソコンを工場出荷時設定に復元できます。では、Dellのリカバリパーティションにアクセスする方法は何ですか?Dellパソコンの起動時に表示されるDellロゴの画面で、Ctrlキー+F11キーを合わせて押し、指示に従って復元してください~

HPなどのパソコンでF11からシステムリカバリを行うことは無効!

それにもかかわらず、F11からシステムリカバリを行うことは無効という問題はHPなどのパソコンに発生する可能性があります。それはなぜですか?Dell/HPパソコンのリカバリパーティションが削除または上書きされたら、F11キーを使用してもリカバリパーティションにアクセスすることはできません。つまり、HPなどのパソコンでF11からシステムリカバリを行うことができません。

一方、お使いのHPパソコンを起動しないし、システムリカバリが行えないです。では、F11が無効になった場合にHP/Dellパソコンをリカバリする方法は何ですか?

Windows 8/10/11でF11からシステムリカバリが行えない・解決方法

ご心配しないで、HPなどのパソコンでF11からシステムリカバリが行えなく、システムを起動しないことに対する解決策があります。

Windowsインストールディスクを使用してWindows OSを再インストールするか、お使いのDell/HPパソコンを初期化するという二つの方法があります。これらの2つの方法と比較して、HP/Dellパソコンのシステムリカバリは1番理想的な方法です。

どのようにWindows 7/8/10/11でDell/HPパソコンのシステムリカバリを行いますか?ここでは、AOMEI Backupper Standardをお勧めします。実際には、普通のパソコンで外付けHDDにシステムバックアップイメージを作成し、ブート可能なメディアを作成してそこからパソコンを起動し、システムバックアップイメージをパソコンに復元する必要があります。

システムイメージの作成

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。「バックアップ」⇒「システムバックアップ」の順に選択します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムバックアップ

2. 適切なタスク名をボックスに入力します。

開始

3. システムイメージを保存する用の外付けHDDを選択します。

ヒント:プログラムは、自動的にシステムファイルに関連付けられたシステムパーティションを選択します。

4. 「開始」をクリックします。

システムイメージの復元

5. 次に、AOMEI Backupper Standardによって作成されたブータブルメディアからパソコンを起動します。

6. システムイメージからお使いのパソコンを復元します。

7. 外付けHDDをお使いのパソコンに接続します。AOMEI Backupper Standardを起動し、「ホーム」タブでシステム・バックアップ・タスクを見つけて「復元」を選択します。

復元

8. バックアップポイントを選択します。

バックアップポイント

9. 「このシステムイメージを復元」するかまたは「システムイメージからパーティションを復元」するかを選択して「次へ」をクリックします。

システムイメージを復元

10. 「開始」をクリックし、復元を行います。

復元を行う

補足:また、AOMEI OneKey Recoveryを利用して、Lenovo OneKey Recoveryのように、ワンキーで回復パーティションを作成してシステムをバックアップしたり、システムに問題が発生した場合にイメージファイルを利用してパソコンを復元したりすることができます。より便利で、操作しやすいです。Lenovo、Dell、HPまたはToshibaなどのパソコンで工場出荷時の回復パーティションを作成するほか、AOMEI OneKey Recovery Customizationでは自社のイメージやブランド・アイデンティティに合わせて、ロゴ、テキスト、リンク、画像などを含むUI(ユーザーインターフェイス)をカスタマイズすることもできます。

まとめ

しばらく待ってから、HPなどのパソコンでF11からシステムリカバリを行うことは無効という問題が解決されます。さらに、AOMEI Backupper Standardは、ハードディスクのバックアップ、Dell/HPパーティションのバックアップ、パーティションの復元、分割、コメント、バックアップイメージの暗号化およびバックアップイメージの結合など機能をサポートします。

最も重要なことは、ローカルHDD、外部HDD、ネットワーク共有、NAS、USBメモリやクラウドなどの他の場所にHDD全体またはパーティション全体をクローンすることができることです。

パソコン上級者にとっては、AOMEI Backupper Professional版を使用して、ユニバーサル復元を有効にしたり、システムをクローンしたり、異なるハードウェアを搭載するコンピュータに復元したりすることができます。