By AOMEI / 最後の更新 2019年10月31日

UEFI / GPTディスク

GUIDパーティションテーブル (GUID Partition Table, GPT) は、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格である。これはインテルの提案しているEFI標準の一部であり、旧来のBIOSで使用されているマスターブートレコード (MBR) の置き換えを意図している。

UEFI / GPTディスクには、Microsoftのシステムパーティション、Microsoftの予約済みパーティション、Windowsパーティション、およびリカバリパーティションのデフォルトパーティションがあります。

最適なUEFIディスククローンソフトウェア

まず、次のハードドライブがある場合は、独自のディスククローン作成ソフトウェアを探す必要があります。

Ⅰ. Samsungハードドライブ:オペレーティングシステム、プログラム、個人ファイルを現在のハードドライブから新しいSamsung SSDに移行するように設計されたSamsungデータ移行ソフトウェア。

Ⅱ. WDハードドライブ:WD SmartWareまたはWD Anywhereバックアップソフトウェアを使用することができます。

Ⅲ. Intelハードドライブ:Intel®データ移行ソフトウェア。

Ⅳ. Seagateハードドライブ:Seagate DiscWizardソフトウェア。

Ⅴ. Transcendハードドライブ:Transcend SSDソフトウェアは、SSD全体を別のディスクにクローンできるディスク管理ソフトウェアです。ただし、Transcend SSDはシステムクローンの問題を解決できない場合があります。

ただし、以上のクローンソフトウェアは、他のブランドのハードドライブには適合していません。さらに、これらのクローンソフトウェアは、クローン作成時に特定の転送制限がありますし、パーティションのクローン作成、ファイル同期などには使用できません。

では、どのようなクローンソフトウェアは最適でしょうか?ここでAOMEI Backupper Professionalを強くオススメします。上記のクローンよりも柔軟で強力であり、Windows XP、Vista、7、8、10で動作できます。その他、各種のクローン作成、ファイル同期などもできます。

UEFIディスクをSSDにクローンする方法

以下はUEFI / GPTディスクをSSDにクローンする手順です。

手順 1. AOMEI Backupper Professional(30日間無料体験版)をインストールして実行してください。ホームページで「クローン」、「ディスククローン」を選択してください。

ディスククローン

手順 2. UEFI / GPTディスクをソースディスクとして設定し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

手順 3. ターゲットディスクとしてSSDを選択し、「次へ」を選択してください。

ターゲットディスク

ご注意:GPTシステムディスクからMBRディスクへクローンする(Professional版でサポート)時、最大3つのパーティションのみコピーできます。UEFIディスクに3つ以上のパーティションが含まれている場合、MBR SSDをGPTに変換するか、UEFI / GPTディスクをMBRに変換してから再試行してください。

手順 4. UEFI / GPTディスクをSSDにクローンする操作を確認し、「SSD 4Kアライメント」をチェックし、「開始」をクリックしてください。

アライメント

ヒント:

「SSD 4Kアライメント」:このオプションは、SSDドライブの読み取りと書き込みのパフォーマンスを向上します。

以上のとおり、この強力なソフトウェアを使用すると、UEFIディスクをSSDにクローンするのがとても簡単です。さらに、パソコンとディスク問題なんでも楽に解決できます。

AOMEI Backupperの力を借りて、発展しつつある情報化時代に楽しめるようにしてください。

人気記事