By Akira / 最後の更新 2022年05月17日

実例:UEFIハードディスクのクローンを作成したい

 

UEFI GPTディスクをSSDにうまくクローンできますか?

GPTレイアウトを使用して750GBのHDDを搭載したAsus Ultrabookを持っており、Windows 8 x64を使用しています。ディスク全体を128GB SSDにクローンしたいです。しかし、それは失敗しています。SSDに合うようにパーティションを縮小し、別のクローンソフトでUEFI/GPTベースのディスクをSSDにクローンしようとしたところ、うまくいきました。
しかし、SSDから起動しようとすると、エラーが発生しました。そこで、どうすればUEFIディスクをSSDにクローンして、コンピュータがSSDから正常に起動できるようになりますか?何か提案があれば、よろしくお願いします。

- あるユーザーからの質問

UEFI/GPTディスクについて

GUIDパーティションテーブル(GUID Partition Table, GPT)は、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格です。これはインテルの提案しているEFI標準の一部であり、旧来のBIOSで使用されているマスターブートレコード(MBR)の置き換えを意図しています。

UEFI/GPTディスクには、Microsoftのシステムパーティション、Microsoftの予約済みパーティション、Windowsパーティション、およびリカバリパーティションのデフォルトパーティションがあります。

uefi

UEFI/GPTのディスクをクローンする理由

通常のディスククローンと同じ、UEFI HDDをコピー・クローンするのに幾つかの原因があります。その主な理由は次の2点に要約されます。

■既存のUEFIディスクをアップグレードするためです。一部のユーザーは古いディスクを交換するために、UEFIブートディスクをSSD、より大きなディスク、より新しいディスクにクローンします。明らかに、新しいディスクやSSDは、長年使っていたディスクよりも、多くのメリットがあります。それに、この方法はWindows OSとソフトウェアを再インストールする必要がありません。

■バックアップを作るために、UEFIディスクをコピーする人もいますよね。時々、ディスクコピーはディスクバックアップと同じものとみなされます。しかも、コピー・クローンというのはイメージ復元にかかる時間と手間を節約/省略します。ただ一つの欠点があり、ディスクコピーはバックアップイメージよりも、もっと多くのストレージ容量を占有することです。

また、他の目的を考えていて、UEFI/GPTのディスクをクローンしたいかもしれませんが、一言でもしほとんど使わない外付けHDDをちょうど持っているなら、UEFIディスクのコピーを作成/実行するのは悪くないアイデアです。

最適なUEFIディスククローンソフトウェア

時々、一部のハードディスクはディスククローンソフトウェアまたはデータ移行ツールをスナップインして、ユーザーが特定の目的のためにデータを移行することができます。まず、以下のハードディスクを所有する場合、UEFI HDDをSSDにクローンする前に、ハードディスクの専用ディスククローンソフトウェアを探さなければなりません:

Ⅰ. Samsungハードドライブ:オペレーティングシステム、プログラム、個人ファイルを現在のハードドライブから新しいSamsung SSDに移行するように設計されたSamsungデータ移行ソフトウェアがあります。

Ⅱ. WDハードドライブ:WD SmartWareまたはWD Anywhereバックアップソフトウェアを使用することができます。

Ⅲ. Intelハードドライブ:Intel®データ移行ソフトウェアを使用することができます。

Ⅳ. Seagateハードドライブ:Seagate DiscWizardソフトウェアを使用することができます。

Ⅴ. Transcendハードドライブ:Transcend SSDソフトウェアは、SSD全体を別のディスクにクローンできるディスク管理ソフトウェアです。ただし、Transcend SSDはシステムクローンの問題を解決できない場合があります。

ただし、以上のクローンソフトウェアは、他のブランドのハードドライブには適合していません。さらに、これらのクローンソフトウェアは、クローン作成時に特定の転送制限がありますし、パーティションのクローン作成、ファイル同期などには使用できません。

では、どのようなクローンソフトウェアは最適でしょうか?ここでAOMEI Backupper Professionalを強くオススメします。上記のクローンよりも柔軟で強力であり、Windows XP、Vista、7、8、10、11で動作できます。その他、各種のクローン作成、ファイル同期などもできます。

では、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、以下の手順に従って、UEFIディスクをSSDにクローンしましょう~

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

UEFIディスクをSSDにクローンする方法

以下はUEFI/GPTディスクをSSDにクローンする手順です。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして実行してください。ホームページで「クローン」、「ディスククローン」を選択してください。

ディスククローン

手順 2. UEFI/GPTディスクをソースディスクとして設定し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

手順 3. ターゲットディスクとしてSSDを選択し、「次へ」を選択してください。

ターゲットディスク

ご注意:GPTシステムディスクからMBRディスクへクローンする(Professional版でサポート)時、最大3つのパーティションのみコピーできます。UEFIディスクに3つ以上のパーティションが含まれている場合、MBR SSDをGPTに変換するか、UEFI/GPTディスクをMBRに変換してから再試行してください。

手順 4. UEFI/GPTディスクをSSDにクローンする操作を確認し、「SSD 4Kアライメント」をチェックし、「開始」をクリックしてください。

アライメント

ヒント:
パーティションを編集:GPT HDDをSSDにクローンする時、より大きいパーティションでクローンする場合、すべてのパーティションに未使用領域を追加することをチェックするか、SSDのパーティションサイズを手動で調節することができます。
セクター単位のクローン:このオプションをチェックしたら、UEFIディスクより大きいSSDを用意しなければなりません。そうしたら、UEFIディスクのすべてのセクターをクローンして、クローン時間がもっと長くなります。
SSD 4Kアライメント:このオプションを使用すると、SSDドライブの読み取りと書き込みの速度が速くなります。
クローン化したディスクから最高の性能を得るために、Windows 10をNVMeに転送することができます。
UEFIディスクのクローン、ハードディスクを大容量ドライブにクローン、MBRディスクをGPTにクローン、Windows 10をM.2 SSDに移行、M.2 SSDをM.2 SSDにクローンなども使用可能です。

パーティションの編集をしないで、UEFIディスクを大容量ドライブにクローンする場合、クローンが完成した後、未割り当てのスペースができ、未割り当てのスペースをCドライブや他の既存のパーティションに結合したり、新しいパーティションを作成して大容量ドライブのストレージスペースを完全に使用したりすることができます。

クローンしたSSDから起動する方法

Windows 11/10/8/7でSSDにUEFIディスククローンを行った後、パソコンをシャットダウンし、元のUEFI/GPTハードディスクを小さいSSDに交換し、起動中にF2、F10、F12、DELまたはESCキー(メーカーによる)でBIOSに入り、小さいSSDを最初の起動デバイスとしてセットし、最後にパソコンを通常起動することができます。

bios

まとめ

上記のステップによると、AOMEI Backupperの助けを借りて、UEFIディスクをSSDにクローンするのは簡単です。それに、この強力なUEFIディスククローンソフトウェアは、ハードディスクをより大きなSSDにクローンしたり(128GB SSDを256GB SSDにクローンするなど)、OSを再インストールせずにWindows 10 OSをSSDに移行したりすることも可能です。

Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011を実行している場合、AOMEI Backupper Serverを試して、異なるハードウェアコンピュータへの復元、ボリュームディスクのクローン、リアルタイムファイル同期などのより高度な機能を楽しむことができます。