By Akira / 最後の更新 2022年03月15日

Windows 7をUSBドライブにバックアップする原因

Windows 7をバックアップすることが非常に重要です。事前にバックアップしたら、ハードウェア障害、ウイルス感染、システムクラッシュなどの緊急事態が発生した場合も、システムとディスクを以前の状態に復元できて、データ損失を心配する必要はありません。

そのため、システムイメージのバックアップを保存する安全な場所を選択することは重要な一環になります。NAS、ローカルドライブ、CD / DVDなど、たくさんの保存道具があり、どう選ぶのはいいでしょうか?

バックアップを内蔵ハードドライブに保存すると、ハードウェア障害が発生した場合、すべてのバックアップが失われる危険性があります。また、共有場所が常に接続される場合、マルウェアとウイルスに感染する可能性がありますので、NASへのバックアップも安全ではありません。

ここでは、USBドライブへのバックアップという安全で信頼できる方法をお勧めします。USBドライブへのバックアップには多くのメリットがあります。

バックアップが完了するとUSBドライブはコンピューターから分離されます。そのため、データはハードウェア障害、マルウェアとウイルス感染を回避することができます。
ほとんどのコンピューターにUSBポートがあります。USBドライブを使用すると、コンピューターに非常に簡単にアクセスできます。
USBドライブは小型でポータブルです。ポケットに置いて、どこでも持ち運ぶことができます。

Windows 7をUSBドライブにバックアップする方法

次は、Windows 7をUSBドライブにバックアップする2つの方法を紹介します。状況に応じて、いずれかの方法を選択してください。

方法 1. Windows 7の内蔵ツールを使用する

Windows 7のバックアップと復元ツールは簡単な機能を持ち、第三者のソフトウェアの速さと比べられません。ともかく、このツールで仕事を遂行する3つの手順を紹介します。

まずはバックアップと復元ツールを開き、2つの方法があります:

  • ● Windowsの検索ボックスにバックアップを入力して、出ていた結果にバックアップと復元をクリックして開きます。

  • ● スタートメニューにコントロールパネルを開いて、システムとセキュリティ>バックアップと復元

1. 左側のパネルにシステム イメージの作成 をクリックします。

システムイメージの作成

2. システムイメージを格納しようとする保存先を選択して(USBフラッシュドライブはHDDの下に表示されます)、次へをクリックします。

保存バスの選択

次の画面にシステムパーティション以外にもバックアップしたいパーティションをチェックできます。システムパーティションとブートパーティションは既にチェックされ、変更できません。

ターゲットディスクの選択

3. 最後の確認画面にバックアップの開始をクリックして作業を実行します。

Confirmation

方法 2. サードパーティ製のバックアップソフトを使用する

内蔵ツールが私たちの要求を満足させない場合、サードパーティ製のソフトウェアはいい選択です。AOMEI Backupper Professional版は、Windows 11/10/8/8.1/7/VistaやWindows XPなどのWindowsシステムをサポートする信頼性の高いバックアップおよび復元ソリューションです。このソフトを使用すると、OSをUSBメモリドライブにバックアップすることは簡単になります。このソリューションは、ほぼすべてのリムーバブルUSBメモリドライブ(USB 1.0/2.0/3.0)、サムドライブやペンドライブなどをサポートしています。必要によって、異なるバックアップモードも選択可能です。増分バックアップと差分バックアップでは、USBメモリの容量を節約できます。無料試用版をダウンロードして使ってみてください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

補足:システムをワンキーでバックアップ&復元したいなら、AOMEI OneKey Recoveryを勧めます。このソフトは回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることができます。その回復パーティションを利用して、簡単かつ高速にシステムを復元することができます。

では、以下の手順に従って、AOMEI Backupper Professionalを使用して、Windows 7をUSBドライブにバックアップしましょう~

手順 1. USBメモリをパソコンに接続します。AOMEI Backupperをインストールして起動します。「バックアップ」タブの「システムバックアップ」をクリックします。

usb os バックアップ

手順 2. USBメモリフラッシュドライブを保存先として選択します。手動でシステムドライブを選択する必要はありません。AOMEI Backupperはそれを処理します。

USBメモリを選択

手順 3. 他の設定をすると、左下隅にある3つのオプションを使用してください。最後、「開始」をクリックしてバックアップを始めます。

バックアップを開始

ヒント:
オプション:バックアップイメージの暗号化、圧縮および分割オプションを提供します。
スケジュール:フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの間でバックアップタイプを変更し、毎日、毎週、または毎月のモードを設定します。
スキーム:作成されたバックアップイメージの数を超えると、古いバックアップを自動的に削除するのに役立ちます。

まとめ

AOMEI Backupper Professionalは専門的なバックアップソフトです。それはWindowsツールでOSをUSBフラッシュドライブにバックアップしないことを解決するのに役立ちます。コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@