By Comnena / 最後の更新 2021年08月27日

起動しないPCのHDDをバックアップする理由

人々は日常生活の中で時々いくつかのコンピュータの問題に遭遇します。例えば、HDD故障、起動問題、システムイメージの作成、外付けHDDへPCのバックアップ、SSDへOSの移動です。それらの一部はシステムの保守作業ですが、他のはコンピューターの使用に影響を与えます。

起動失敗の問題に遭うなら、どうすればいいですか?OSの再インストールは確かにOSを再構築できますが、古いOS上に保存された写真、ドキュメント、ビジネス契約と電子メールはどうしますか?起動しないPCのHDDをバックアップする方法を見つける必要があります。

起動しないPCのHDDをバックアップする方法

一般的に、この目標を達成する方法は3つあります。コマンドラインプロンプト、インストールディスクまたはブータブルメディアを使用して起動しないPCのHDDをバックアップできます。実はコマンドラインプロンプトを使用してHDDをバックアップするのは普通のユーザーにとって適合しません。それはコンピューターの知識と慎重を必要とします。

インストールディスクでHDDをバックアップ

手順 1. インストールディスク(Windows 7を例とします)を挿入して、インストールディスクから起動します。起動すると以下の画面が表示されるので「次へ」をクリックします。

インストールディスク

手順 2. インストール画面が表示されたら、「コンピューターを修復する」をクリックします。

コンピュータを修復する

手順 3. 「システム回復オプション」の画面が表示されたら、「Windowsの起動に伴う…」を選択し、「次へ」をクリックします。

システム回復オプション

手順 4. 回復ツールの選択画面では、「コマンドプロンプト」を選択し、コマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプト

手順 5. 「notepad」を入力して、「Enter」を押します。そして、「開く」をクリックして、下部の「ファイルの種類」の隣にあるボックスの中で「すべてのファイル」を選択します。

notepad

手順 6. 「コンピューター」をクリックして、気になるファイルをコピー、貼り付けることができます。

コンピューター

ブータブルメディアでHDDをバックアップ

もし、インストールディスクを持っていない場合、USBあるいは他のディスクを利用して、ブータブルディスクを作成する必要があります。またディスク全体をバックアップする代わりに、この方法はファイルだけをコピーできます。

AOMEI Backupper Standardでブータブルメディアを作成できます。このソフトウェアは附属されたアドウェアなしでWindows 7/8/10のために無料です。それは他の場所にISOファイルを輸出するだけでなく、CD/DVDにWindows PEイメージを焼くことをサポートします。必要なら、それをダウンロードして、ブータブルメディアを作成しましょう。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Backupperで起動しないPCのHDDをバックアップする手順は次のとおりです。

ヒント:コンピューターにUSBドライブまたはディスクを接続します。お使いのコンピューターは起動できない場合、他のよく作業するPCに次の操作を完成します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。「ツール」→「ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. 「Windows PE-Windows PE基づいてブータブルメディアを作成」を選択します。そして、AOMEI BackupperはWindows AIKをインストールする必要があるかどうかを検出します。Windows XPまたはVistaを実行しているほとんどの場合、このToolkitをインストールする必要があります。もし、それがない場合まずインストールしてください。

Windows PE

ステップ 3. 使いのPCのブートモードがレガシBIOSかUEFIか(つまり、起動ディスクはMBRかGPTか)により、「UEFIブータブルディスクを作成します」と「レガシーなブータブルディスクを作成します」からWindows PEのブートモードを1つ選択します。

PCのブートモード

ステップ 4. ブータブルメディア、「USBブートデバイス」を選択します。「次へ」をクリックして、プロセスが完了することを待っています。

USBブートデバイス

ステップ 5. それは完了した後、ブータブルデバイスをプラグから抜きます。バックアップしたいHDDがインストールされたPCに挿入します。ブータブルデバイスを使用して、直接にPCを起動します。あるいは、BIOSに入って、起動順位を変更して、コンピューターを起動します。AOMEI Backupper Standardは自動的に起動します。「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 6. バックアップの必要があるディスクを追加します。

バックアップの必要があるディスク

ステップ 7. バックアップを保存する場所を選択します。USBドライブにバックアップを保存できます。「開始」をクリックします。

開始

まとめ

AOMEI Backupper Standardを使用して、起動しないPCのHDDをバックアップするのはとても役立ちます。実は、ブータブルUSBを作成して、それを放って置いて、必要な時それを使用すればいいです。そうすれば、起動しないPCのHDDをバックアップするたびに、最後の3つのステップを実行する必要があります。

Professional版にアップグレードすると、差分バックアップ、バックアップスキームとバックアップイメージの暗号化などより高度な機能のロックを解除できます。Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。最後までありがとうございます。