By ゆき / 最後の更新 2019年08月15日

仮想マシン上のWindows Serverオペレーティングシステムのバックアップユーティリティーでシステムをネットワークドライブにバックアップした後、バックアップからシステムを復元する時、VHDファイルからバックアップが見つからないことがあります。今回の記事はこの問題の対応策を説明します。

VHDフィアルとは?

VHD」は「仮想ハードディスク」の略称です。互換性の高いディスクイメージファイルとしてVHDファイルはWindows ServerのHyper-V機能の一部として使用されています。VHD仮想ディスクはファイル、フォルダとパーティションを単一のファイルに格納します。

Windows Server 2019でVHDファイルを復元する方法

VHDの形式でサーバーをネットワークドライブにバックアップするユーザーが少なくないんです。ただし、一部のユーザーは、サーバーを復元しようとすると、VHDファイルからバックアップイメージを見つけられない事に気づきました。ここでは、その問題の原因を説明し、Windows ServerでVHDファイルを物理ディスクに正常に復元する方法を紹介します。

どうしてバックアップイメージが見つからない

Hyper-Vの通常のネットワークアダプターでは、Windows Serverでドライバーが必要です。即ち、これらのドライバーがインストールされていないと、Windows回復環境の下にネットワークに繋げることができません。ドライバーがない場合、Windows回復環境はネットワークを利用できず、ネットワーク上のイメージを見つけられないも当然な事です。

従って、VHDファイルからシステムを復元する前、Hyper-Vマネージャーコンソールで既存のネットワークアダプターを削除し、仮想マシンにレガシィネットワークアダプターを追加する必要があります。

VHDを物理ディスクに正しく復元

  • 1. バックアップを含むVHDファイルの場所(例:\\192.168.0.120\share\backup )を取得します。

  • 2. サーバーとバックアップ所在のネットワークドライブは同じLAN上にあることを確認します。

  • 3. サーバーにインストレーションディスクを挿入し、BIOSで起動順位を変更し、インストレーションディスクから起動します。

  • 4. 最初の画面で、言語とその他の設定をセットアップして、「次へ」をクリックします。

  • 5. 「コンピューターの修復」→「トラブルシューティング」→「システムイメージの回復」の順にクリックし、画面上に表示されているオペレーティングシステムを選択します。

  • 6. 以前の日付に復元するのを中止するには、「キャンセル」をクリックします。

  • 7. 「次へ」→「詳細設定」→「ネットワーク上のシステムイメージを検索する」をクリックして、「はい」をクリックしてネットワークに接続してVHDを探します。

  • 8. VHDファイルが見つからないため、バックアップイメージの場所を指定するように求められます。「キャンセル」をダブルクリックして、「トラブルシューティング」→「コマンドプロンプト」をクリックします。

  • 9. 下記のコマンドをそれぞれ入力してEnterを押します。

    • net use \\192.168.0.120\share\backup(このコマンドは、VHDファイルを含むネットワーク共有に接続するために使用されます。必要に応じてユーザー名とパスワードを入力してください。)

    • diskpart

    • select vdisk file="\\191.168.0.120\share\backup\backup.vhd"

    • attach vdisk

  • 10. 「exit」と入力してDiskpartツールとコマンドプロンプトを閉じます。

  • 11. 「トラブルシューティング」→「システムイメージの回復」をクリックし、バックアップイメージが見えます。手順説明に従って、サーバーを回復します。

ずっと簡単な方法でWindows Serverをバックアップ/復元

上記の方法を読んだ方はもう頭がぼんやりしているでしょう。大切なサーバーデータをバックアップするのは重要ですが、バックアップと復元のやり方は必ずしも複雑でありません。インストレーションディスクでVHDファイルを復元する方法はややこしくて、失敗する可能性もあります。ここでは最も簡単なWindowsサーバーバックアップ方法を説明します。

プロ向けのサーバーバックアップソフトを一度試してみませんか。AOMEI Backupper Serverは最善なWindowsサーバーバックアップソフトです。簡潔なUIで豊かな機能は非常に使いやすいです。

AOMEI Backupper Server|購入

90日間無条件返金対応

30日間無料体験対応

年中無休24時間メールサポート

Windows Serverのバックアップを作成

このソフトはファイルバックアップパーティションバックアップディスクバックアップシステムバックアップをサポートしています。ここではWindows Serverのバックアップを例にとって説明します。

AOMEI Backupper Serverを立ち上げ、メインインタフェースで「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。一見したところ分かる手順でバックアップのタスクを作成します。

bu システムバックアップ

AOMEI BackupperはWindowsサーバーをローカルディスク、NAS、クラウドストレージ、USBメモリや外付けHDDにバックアップできます。バックアップはUSBドライブをサーバー/PCに挿すと自動的に実行するように設定できます。さらに、このツールは毎日、毎週、または毎月にバックアップを実行するようにスケジュールを作成する機能が備わっています。大切なディスク容量を節約するため、差分バックアップを利用するのをおすすめします。

AOMEI Backupper ServerでWindows Serverを復元

サーバーのバックアップを作成したら、いつでもバックアップイメージから復元できます。システムイメージを復元するには、「復元」をクリックし、システムバックアップのタスクを選択して画面の指示に従ってサーバーを復元します。

システム復元

バックアップが同じコンピューターに保存していない場合は、イメージをUSBドライブにコピーして。そこからバックアップを復元できます。二台のコンピューターが同じネットワーク上にある場合はユニバーサル復元機能を利用して直接にイメージをターゲットコンピューターに復元できます。

Windows仮想サーバーでVHDファイルを復元するには、既存のネットワークアダプターを削除し、Hyper-Vマネージャーコンソールにレガシィネットワークアダプターを追加する必要があります。そうしないと、ネットワーク共有上にシステムイメージが見つからない可能性があります。そして、すべてのプロセスは複雑です。

一方、AOMEI Backupper Serverを利用して簡単な手順でサーバー/PCをバックアップします。最も便利かつ安全なサーバーの管理方法を体験するのはいかがでしょうか。