Windows Server2003/2008/2012向けのサーバー自動バックアップの方法

Windows Server2003、2008、2012を再びバックアップするのを忘れましたか。この時は、ソフトウェアを使用して、サーバー自動バックアップを実現するの最適なタイミングです。この記事はサーバー用のシステムイメージバックアップの作成をご紹介します。

ゆき
July 24, 2019

Windows Server2003/2008/2012向けのサーバー自動バックアップの方法

サーバーバックアップの重要性

公式部門と企業に最も一般的に使用されたWindows Serverは、重要なデータ、分類されたファイルと機密文書をたくさん保持するかもしれません。だから、サーバー自動バックアップを実現できるプログラムをインストールするのは大切です。ご存知のように、ウイルス感染、システムクラッシュやヒューマンエラーによって起こるデータ損失を避ける方法がたくさんあります。例えば、Windows Serverバックアップソフトウェアを使用して、重要なデータのコピーを作成します。あるいはソフトウェアを利用して、サーバー自動バックアップを設定します。

多くの状況で、全てのディスクをバックアップしたり、セクター単位でシステムをバックアップする必要があります。しかし、Windows内蔵バックアップツールはフォルダ単位でバックアップするだけができ、セクター単位とディスクの自動バックアップができません。または、Windows内蔵のプログラムはイメージファイルの圧縮をサポートしないので、イメージファイルはより大きな容量を占めます。ですから、セクター単位でサーバーを自動にバックアップするために、色々な機能をサポートするAOMEI Backupperを使用することができます。このソフトウェアをインストールした後に、定期的にシステム、ディスクやパーティションを自動にバックアップすることができます。このようにすれば、任意の嫌な状況が発生したら、サーバーの以前状態を取り戻すことができます。

Windows Server 2003、2008、 2012向けのAOMEI Backupper

AOMEI Backupperは異なるオペレーティングシステムによって2つのインストールパッケージを提供します。1つのパッケージはWindows 7、8、Vista、XPとWindows Server 2003、2008、2012に適用しますが、もう1つのは、 Windows 7、8 とServer 2008、2012に適します。両方のパッケージはServer 2008、2012をサポートできることがもう気づいたかもしれません。ここをクリックして、このソフトウェアを無料でダウンロードします。

サーバー自動バックアップの方法

次は、システムバックアップの機能を利用して、サーバー自動バックアップを作成しましょう。AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし、起動します。そして、「システムバックアップ」が「バックアップ」オプションの下にあることが見えます。「システムバックアップ」をクリックして、新しいインタフェースに入ります。このプログラムは自動にシステムパーティションをバックアップソースとして、選択します。だが、外付けHDDや他の場所を宛先パスとして選択する必要があります。

サーバーシステムを自動にバックアップするのに最も重要なステップは自動システムバックアップのスケジュールを設定することです。追加の「スケジュール」オプションをクリックして、スケジュールバックアップの設定ウインドウに簡単に入ります。デーリー、ウィークリー、マンスリーバックアップなど、オプションが利用可能で。

概要

一言で、サーバー自動バックアップ所謂スケジュールバックアップは、企業と個人的なユーザーにとって、データ損失を避けるのに不可欠なものです。Windows Serverの自動パーティション/ディスクバックアップのステップは自動システムバックアップと一緒です。パーティション/ディスクバックアップのスケジュールを設定したい場合、この記事のステップを参考にしてください。また、作成されたバックアップスケジュールを削除し、変更したい場合、ホームオプションをクリックし、主なインタフェースに戻ってください。