By Machi / 最後の更新 2022年09月27日

ファイルをネットワークドライブへのバックアップについて

Windows 7のバックアップと復元は、システムイメージのバックアップを自動的に作成するのに役立ちます。でも、Windows 7のファイルをネットワークドライブにバックアップする場合、そのツールが動作できない可能性があります。なぜなら、Homeバージョンにはネットワークドライブオプションがないのです。そのため、コンピューターをProfession、Education、Ultimateなどの上位バージョンにアップグレードしなければなりません。

つまり、ファイルやフォルダをネットワークドライブにバックアップするには、Proおよびその他の上位バージョンの場合、Windowsバックアップと復元を使用することができます。Homeユーザーの場合は、AOMEI Backupper Professionalなどのサードパーティ製のツールを使用する必要があります。正直に言うと、このようなソフトウェアを使用したほうがはるかに簡単になります。制限がなく、任意のネットワークの場所にバックアップできます。

ファイルをネットワークドライブにバックアップするソフト

AOMEI Backupper Professionalはファイルのバックアップに役立ち、とっても人気なソフトウェアなのです。AOMEI Backupper Professionalにより、ファイルを簡単にネットワークドライブに自動バックアップすることができます。全てのWindows PCバージョンに対応している上に、各種のドライブもサポートします。抜群な柔軟性を持っています。

自動バックアップの場合、毎日、毎週、毎月、USB挿入、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の5つのモードをサポートしています。また、増分バックアップだけでなく、差分バックアップもサポートしています。さらに、電子メール通知を有効にして、バックアップが正常に完了したかどうかを確認できます。

まずAOMEI Backupperをダウンロードして、そして以下のステップを参照してください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ファイルをネットワークドライブに自動的にバックアップする方法

ステップ 1. 「バックアップ」タブで、「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

ステップ 2. 区別できるように、「タスク名」に名前を編集することができます。そして「フォルダを追加」または「ファイルを追加」を選択します。

名付けとファイル選択

ステップ 3. 逆三角形アイコンをクリックし、「共有またはNASデバイスの追加」を選択し、ネットワークドライブのパスを入力し、保存先を選択します。

ターゲットパス

ステップ 4. 「スケジュール」をクリックし、自動バックアップを設定します。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックします。完了するまで待ちます。

◎ヒント:

バックアップファイルをより便利に管理するには、AOMEI Backupperはクラウドストレージ-AOMEI Cloudを提供しています。「クラウドバックアップ」機能で、ファイル/フォルダをAOMEI Cloudにバックアップできます。このモードでも自動バックアップに対応しています。デフォルトで、増分バックアップに従って自動バックアップを実行します。

クラウドバックアップ

インタネットがあれば、AOMEIアカウントにログインして、どこでもバックアップを復元できます。復元するにはログインが必要なので、不正アクセスを防ぎます。データの安全性を確保できます。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ使ってみてください。

まとめ

以上はAOMEI Backupperでファイルをネットワークドライブに自動的にバックアップする方法でした。それだけじゃなく、AOMEI Backupper ProfessionalはファイルをOneDrive、Dropbox、Amazon Cloudドライブなどに同期するサービスも提供します。一方、システムクローン、ダイナミックディスクボリュームのバックアップなどの高級機能も備えております。もし、パソコンはサーバーである場合、AOMEI Backupper Serverを検討してくだい。

AOMEI Backupperは世界中のデータを守るために生まれて、ユーザー達から信頼のおかけで成長しています。ぜひ、AOMEI Backupperを体験してみてください。