By Machi / 最後の更新 2022年04月15日

なぜファイルをWindows 10からWindows 11に転送するのか?

Windows 11が正式にリリースされたことは既にご存知かと思います。マイクロソフトによると、現在Windows 10をお使いで、Windows 11の最小システム要件を満たしている場合、Windows 11に無償でアップグレードできるとのことです。したがって、ユーザーの中には、すでにWindows 10をWindows 11にアップグレードしていて、Windows 10からWindows 11にファイルを転送したいと考えている人もいるでしょう。

「更新プログラムのチェック」または「Windows 11 インストール アシスタント」を使用して、Windows 10をWindows 11にアップグレードした場合、ファイルを移行する必要がありません。しかし、お使いのコンピュータがWindows 11のシステム要件を満たしていない場合や、ローカル再インストールを選択した場合は、事前にファイルのコピーを取っておかないと、アップグレードした後、データが失われる可能性があります。

下記はパソコン間にファイルを転送する3つの簡単な方法をご紹介します。どのような場合であっても対応できるので、心配しないでください。 

パソコン間にファイルを転送

簡単にファイルをWindows 10からWindows 11に転送/移行する方法

方法 1. 「OneDrive」でWin10からWin11にファイルを転送/移行する

現在Windows 10をお使いの方は、標準で備えるクラウドストレージ「OneDrive」を知ったり、既に使ったりするかもしれません。

「OneDrive」はデスクトップ、ドキュメント、ピクチャなど、現在使用しているコンピューター上の重要なフォルダーをバックアップでき、同じアカウントでサインインすることで、別のPCからでもファイルを利用することができます。そして、ユーザーに5GBの無料クラウドストレージスペースを提供します。

つまり、Windows 10ですべての重要なフォルダーをバックアップし、Windows 11で同じアカウントでサインインすれば、OneDrive内のすべてのフォルダーがWindows 11に同期されます。OneDriveのデスクトップアプリやクラウドストレージからアクセスすることもできます。また、ファイルの容量が5GB以下の場合は、容量を追加購入する必要はありません。

それでは、OneDriveを使ってネットワーク経由でWindows間にファイルを転送する方法をご紹介しましょう:

手順 1. Windows 10で「onedrive」を検索して、検索結果で「OneDrive」フォルダーをクリックします。初めてOneDriveを使用する場合は設定が求められます。電子メールアドレスとパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

「サインイン」をクリック

注意:アカウントをお持ちでない場合は、「アカウントを作成」をクリックし、必要な情報を入力してください。

手順 2. 「OneDriveフォルダー」ウィンドウが表示され、OneDriveの保存場所が表示されます。確認して「次へ」をクリックします。

OneDriveフォルダー

注意:OneDriveフォルダの場所を変更したい場合は、左下の「場所の変更」をクリックしてください。確認した後、「次へ」をクリックします。

手順 3. 次のいくつかのページはOneDriveを理解するのに役立ちます。目を通して、「次へ」または「後で」をクリックします。

「後で」をクリック

手順 4. 「OneDriveの準備ができました」ウィンドウで、「OneDriveフォルダーを開く」をクリックして、すべてのファイルがここにあるかどうかを確認します。

「OneDriveフォルダーを開く」をクリック

手順 5. Windows 11のコンピュータを起動します。そして、先ほどと同じようにOneDriveアカウントにサインインして設定します。

デフォルトでは、「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャ」の各フォルダが自動的に同期されます。これらのフォルダを変更したい場合は、雲のアイコンを右クリックして、「ヘルプと設定」→「設定」→「バックアップ」→「バックアップを管理」を選択し、いずれかのフォルダのチェックを外すことができます。また、「アカウント」の「フォルダーの選択」で、「OneDrive」フォルダでオンデマンドで使用するファイルを選択することができます。

Microsoft OneDriveを使ってWindows間にファイルを転送することが非常に便利ですが、まだいくつかの制限とデメリットがあります。例えば、「OneDrive」フォルダに保存・変更されたファイルしか同期できないことや共有しやすいため情報が漏洩しやすいことなどです。

方法 2. 外付けHDDでWin10からWin11にファイルを転送/移行する

OneDriveを使ってパソコン間にデータを移行するには、インターネットが必要ですが、インターネットがない場合はどうすればよいでしょうか?インターネットがなくても、Windows 10からWindows 11にデータを移行することができるので、ご安心ください。

最も簡単な方法は、外付けHDDやUSBドライブを使用します。用意するストレージデバイスは、転送したいデータをすべて格納できる容量があることを確認してください。その後、以下の手順で転送を行いましょう:

手順 1. 外付けHDDをWindows 10のコンピュータに接続します。

外付けHDDをコンピュータに接続

手順 2. 転送したいすべてのファイルをあるフォルダにコピーします。このフォルダを右クリックして、「コピー」を選択します。

手順 3. そして、「Windows」キー +「E」キーを押し、「エクスプローラー」を開き、サイドバーの「PC」をクリックして、ドライブを見つけ、ダブルクリックして新しいウィンドウを開きます。空白のスペースを右クリックして、「貼り付け」オプションを選択すると、ファイルの転送が始まります。プロセスが完了するまでお待ちください。

手順 4. ドライブをWindows 10のコンピュータから安全に取り外し、Windows 11のコンピュータに接続します。その後、「エクスプローラ」でドライブを開き、Windows 10のコンピュータで保存しているフォルダをコピーして、現在のコンピュータに貼り付けます。

この方法でWindows 10からWindows 11にデータを移行するのはとても簡単ですが、ファイルを2回転送しなければならないので、時間がかかります。もし大きなファイルがあれば、転送速度がより遅くなります。

方法 3. 無料の同期ソフトでWin10からWin11にファイルを転送/移行する

パソコンの間のデータ移行がより手軽になるため、AOMEI Backupper Standardを使用することを強くお勧めします。お使いのコンピュータにインターネットがあるかどうかにかかわらず、このWindows 11/10/8.1/8/7/XP/Vista用の同期フリーソフトを使用して、Windows 10からWindows 11にファイルを転送することができます。OneDrive、ネットワーク共有、NAS、ネットワークドライブ、外付けHDD、USBドライブなどのあらゆる種類のストレージデバイスに対応しています。

また、一方向同期などの同期モードを選択することができます。そして、毎日、毎週、毎月の頻度で自動同期を設定することができます。さらに、最初の同期は完全同期で、その後の同期は変更されたファイルのみを同期します。

興味のある方はぜひダウンロードして、使ってみてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

これから、AOMEI Backupper Standardでパソコン間にデータを移行する方法をご案内します:

手順 1. AOMEI Backupper Standardを開きます。そして、「同期」→「ベーシック同期」の順にクリックします。

「ベーシック同期」をクリック

AOMEI Backupper Professionalなどの上位版へアップグレートすると、次の3つより高度な同期モードが利用可能:
リアルタイム同期変更されたファイルをリアルタイムで同期元から同期先へ同期します。
ミラー同期:同期先は常に同期元と同じファイルを保存します。同期先に追加されたファイルが削除されます。
双方向同期:同期元に変更があれば、同期先に同期します。同期先に変更があれば、同期元にも同期します。

手順 2. 「フォルダの追加」をクリックし、「PC」を選択して、Windows 11のコンピュータに転送したいファイル/フォルダを選択します。

「フォルダの追加」をクリック

注意:フォルダ/ファイルを1つ追加した後、ソースパス上の「+」アイコンをクリックして複数のフォルダ/ファイルを追加し続けることができます。

手順 3. 次に、ファイルの同期先を選択します。逆三角形のアイコンをクリックすると、「クラウドドライブを選択」、「ネットワーク共有またはNASを選択」、「ローカルパスを選択」の3つのオプションが表示されます。必要に応じていずれかのオプションを選択します。ここでは、「クラウドドライブを選択」を例に挙げて説明します。

「クラウドドライブ」を選択

そして、表示されるウィンドウで、「OneDrive」を選択し、「はい」をクリックします。

「OneDrive」を選択

手順 4. 同期先を選択した後、問題がなければ、「開始」をクリックしてファイルの転送が始まります。

「開始」をクリック

ヒント:
削除操作も自動的に同期したい場合は、「オプション」で「削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期します」をチェックに入れてください。
また、「自動同期」で、自動同期を設定することができます。自動同期は「毎日」、「毎週」、「毎月」の頻度を設定することが無料です。「USB挿入」と「イベントトリガー」は、AOMEI Backupper Professionalで利用可能です。

ホットな話題:Windows 11の無償アップグレードについて

「ファイルをWindows 10からWindows 11に移行」と検索すると、多くのユーザーが自分のPCがWindows 11にアップグレードできますか?どうやってWindows 11をダウンロードしてインストールしますか?どうやってWindows 11をWindows 10にダウングレードしますか?などをまだ知りたがっています。以下はこれらの疑問にお答えします。ご参考になれば幸いです。

1. Windows 11への無償アップグレードが可能かどうかを確認する方法は?

マイクロソフトによると、お使いのコンピュータがWindows 10バージョン2004以降で、Windows 11の最小システム要件を満たしている場合、Windows 11に無償アップグレードが可能です。

お使いのコンピューターがこれらの要件を満たしているかどうかを確認するには、Windowsに搭載されている「 PC正常性チェック」、またはサードパーティ製ツール(AOMEI Backupper StandardのWin 11更新チェックツールなど)を使用することができます。

PC正常性チェック

2. Windows 11をダウンロードしてインストールする方法は?

「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」で「更新プログラムのチェック」をクリックします。無料アップグレードが利用可能な場合は、「ダウンロードしてインストール」をクリックして、Windows 11のインプレースアップグレードを実行します。

Windows Update

また、Windows 11のインストールアシスタントやWindows 11のISOファイルなどを使用し、手動でWindows 10をWindows 11にアップグレードする方法もあります。

3. データを失わずにWindows 11をWindows 10にダウングレードする方法は?

マイクロソフトによると、Windows 11を10日以内にインストールした場合、「回復」で「Windowsの以前のバージョン」を使って、データ損失せずにWindows 11をWindows 10に戻すことができます。

Windowsの以前のバージョン

この機能がうまくいかない場合やアップグレードからの経過日数が10日以上の場合は、Windows回復環境で更新プログラムをアンインストールするか、直接Windows10をクリーンインストールするかを選択することができます。このような場合に、Windows 11でファイルを外付けHDDにバックアップすることを忘れないでください。そうしないと、データを失う可能性があります。

まとめ

以上はファイルをWindows 10からWindows 11へ移行する3つの方法をご紹介しました。必要に応じてファイルをOneDriveに同期するか、外付けHDDを使用するか、またはプロの同期ソフトを使って直接ファイルを転送するかを選択することができます。 

3番目の方法は操作が簡単で制限も少ないので、一番いいと思います。そして、この方法で使用する無料の同期ソフトは、OneDriveや外付けHDDだけでなく、Windowsが認識できる他のストレージデバイスにも対応したり、自動同期を設定できたりするような多くの便利な機能を備えます。