By ゆき / 最後の更新 2020年04月28日

64Bitシステムとは

Windows10を使っている方は多いと思いますが、同じWindows10でも「ビット数」に違いがあるのをご存知ですか?

豆知識

ここで言う「ビット」とはパソコンが取り扱えるデータの最小単位のことで、この数値が大きいほど扱える情報の量も増えます。

パソコンはこれまで4ビット、8ビット、16 ビット、32ビットと進歩してきて、2008年の後半からは64ビットのパソコンも普及し始めたんだ。

12345645646

Windows10には「32ビット版」と「64ビット版」2種類があります。32ビットは「32bit」や「x86」、64ビットは「64bit」や「x64」と表記されることもあります。Bit数によって、インストールするプログラム(ドライバーなど)が異なる場合やアプリが動作しない場合があります。

Windows10の「32bit版」と「64bit版」の違いは以下の通りです。

32Bitと64Bitの差は、簡単に言えば、コンピューターのCPU(中央処理装置)が処理する情報量の違いです。32Bitなら2の32乗、64Bitなら2の64乗の情報を一度に処理できます。つまり、64bit版の一括処理できるデータ量が32bit版より大きいです。

32ビットよりも64ビットのパソコンの方が処理能力が高いですし、処理速度も早いです。

32bit版では、搭載可能なメモリの上限が4GBですが、64bit版では128GBです。

32bitではパソコンに容量2TBを超える起動ディスクが搭載されていても容量2TBまでしか使えませんが、64bit版なら問題ありません。

基本的に「64bit版」の方が高性能になっているため、機械設計、分析、アニメーション、ビデオの編集、オーサリング、科学、コンピューティングなどの領域に使用されます。一般ユーザなら、32BitのOSを使用しても良いです。

パソコン購入の際に32bitか64bitで迷われている場合、特別な理由がない限り、64bit版を購入すれば問題ないのですが、コスト重視で性能を抑えたいユーザーや古い型のものを使用したいユーザーなどは「32bit版」のOSを購入できます。

※注:しかし、コンピューターはすでに購入済みである場合、そのハードウェアに基づいて、32Bitシステムまたは64Bitシステムを選択してください。パソコンに32ビットのCPUを組み込んでいる場合、32ビットオペレーティングシステムしか使用できません。

Windows10で32ビット版か64ビット版かを確認する方法

次は、お使いのWindows10は32ビット版か64ビット版かを確認する方法をご紹介しましょう。

◎Windowsの設定

まずはWindows10の「設定」ボタンから 32Bitか64Bitかを確認していきます。

step 1. スタートメニューの「設定」ボタン(歯車アイコン)をクリックしてWindowsの設定を開きます。

設定

step 2. 「システム」をクリックして左側メニューの下の方にある「バージョン情報」をクリックします。

システム

step 3. Windows10に関するバージョン情報などが表示されます。その中の「システムの種類」から32または64ビットのOSを確認することができます。

バージョン情報

※ご覧のように、この例では「64ビット オペレーティングシステム」です。

◎コントロールパネル

そして、コントロールパネルから32Bitか64Bitかを確認していきます。

step 1. 検索欄に「cont」と入力し、結果から「コントロールパネル」をクリックして開きます。

step 2. 「システムとセキュリティ」⇒「システム」をクリックします。

システムとセキュリティ

コントロールパネル

step 3. すると、「コンピューターの基本的な情報が表示」されます。その中の「システムの種類」から32または64ビットのOSを確認することができます。

システムの種類

※ご覧のように、この例では「64ビット オペレーティングシステム」です。

Windows10 64Bitシステム向けの無料バックアップソフト

トラブルに備え、PCのシステムバックアップは必要で、不可欠です!「パソコンが不安定」「動作が重い」「正常に起動しない」といった不具合が発生した時に、バックアップを使ってシステムを復旧させることができます。

しかし、32bit版のWindows 10向けアプリは、64bit版Windows 10で動作しないかもしれません。ここでは64bitと32bit両方に対応する無料バックアップソフト - AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

強力なバックアップフリーソフト | AOMEI Backupper Standard

AB Standard版はユーザーフレンドリーなインターフェースがあり、32bit版と64bit版のWindows 10、8/8.1、7、XP、Vistaに対応し、優れた機能をたくさん備えます。例えば、ディスク/パーティション/システム/ファイルのバックアップ&復元、同期、クローンを簡単に実行できます。ブータブルメディアを高速に作成できます。バックアップスケジュール/圧縮レベルを自由に設定できます。
もっと見る »

ダウンロード

無料


誰でも簡単に使えます。無料版でも基本な機能を全部利用できます。

もし、個人用Professional版またはビジネス用Workstation版にアップグレードすると、ストレージ容量を節約するためのバックアップスキームを利用したり、イベントトリガー/差分バックアップを作成したりすることもできます。

Windows10 64Bitシステムをバックアップする方法

▼次は、AOMEI Backupper StandardでWindows10 64Bitをバックアップする方法について説明しましょう。

step 1. この無料バックアップソフトをダウンロードし、インストールし、起動します。

step 2. 「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。プログラムは自動的にシステムパーティションを選択します。

システムバックアップ

step 3. システムイメージを保存する場所(バックアップ先)を選択します。内蔵ハードディスクにバックアップできますが、ここでは外付けHDD、クラウド、共有フォルダなどにバックアップすることを推薦します。

バックアップ先

step 4. 「オプション」「スケジュール」が利用可能です。最後は「開始」をクリックして、システムバックアップを実行します。

AOMEI BackupperでWindows10 64Bitシステムをバックアップする方法は以上です。この記事は少しでもお役に立てれば幸いです。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡してください。よろしくお願いします。