By AOMEI / 最後の更新 2021年05月25日

バックアップに最適なストレージデバイスは何?

バックアップを作成することは非常に重要です。バックアップを使用すると、データの損失を最大限に回避できます。また、無視できない質問があります。バックアップに最適なストレージデバイスは何ですか?
多くのユーザーは、追加の外付けHDD、USBメモリ、NASなどを購入することを選択します。でもこちらは、外付けHDDをクラウドストレージデバイスにバックアップすることを推薦します。無料のスペースを提供するし、また、HDDの障害、システムクラッシュなどのリスクはありません。さらに、何かが起こっても、インターネット接続を介してどこからでもバックアップにアクセスできます。

Dropboxにバックアップする方法は?

一般的な方法

デフォルトでは、DropboxはすべてのファイルのコピーをコンピューターのDropboxフォルダに同期します。時間が経つにつれて、ファイルが増えてきます。したがって、遅かれ早かれ、HDDの容量が不足になります。でも心配しないでください。Dropboxには、すべてのファイルとフォルダのコピーではなく、特定のフォルダをコンピューターに同期できる選択型同期と呼ばれる機能があります。では、詳細な方法を見てみましょう~

ステップ 1. コンピューターの下部にある「Dropbox」アイコンをクリックし、「基本設定」を選択してください。

ステップ 2. 「同期」ボタンをクリックして、次のウィンドウを呼び出します。

ステップ 3. メニューで「基本設定...」を選択してください。

ステップ 4. 「同期」をクリックしてください。

ステップ 5. 「選択型同期...」(Linux と Windows の場合)をクリックするか、「同期するフォルダを選択」(Mac の場合)をクリックしてください。

ステップ 6. パソコンのHDD上に必要ないフォルダの左側にあるチェックマークをオフにします。オフにしても dropbox.com 上で引き続き利用できます。

ステップ 7. 設定が完了したら、「更新」を選択してください。

外付けHDDのバックアップソフトウェア

外付けHDDのバックアップに関しては、Windowsの組み込みツールについて考えられます。ただし、Windowsの組み込みツールは、内蔵HDDしかバックアップできません。外付けHDD上のデータを選択するか、バックアップディレクトリでHDD全体を選択すると、エラーコード0x80070032が発生する場合があります。したがって、外付けHDDのバックアップソフトウェアとして使用することはできません。

そいう場合、AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。この強力なソフトにより、外付けHDD全体をバックアップすることができます。また、外付けHDDのデータだけもバックアップできます。その上、さまざまなオプションを提供しています。Dropbox、Google Drive、Amazon、NAS、外付けHDD、内蔵HDDなどにバックアップできます。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

外付けHDDにデータをバックアップする詳細な手順

ステップ 1. 外付けHDDをコンピューターに接続し、Windowsで検出できることを確認してください。

ステップ 2. AOMEI Backupper Professionalを起動し、ホームページで「同期」⇒「ベーシック同期」をクリックしてください。※ベーシック同期:変更されたファイルをソースディレクトリからターゲットディレクトリに同期します。デフォルトでは、新しく追加&更新されたファイルのみ同期され、削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期するか選択可能です。

そのほか、以下の同期方式を選択することもできます。
リアルタイム同期:同期元のフォルダをリアルタイムで監視し、同期元のフォルダが変更されると、変更内容がすぐ同期先のフォルダに同期されます。
ミラー同期:同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持し、ターゲットディレクトリでソースディレクトリと一致していないファイルは、削除または上書きされます。
双方向同期:一方でファイルを変更すると、もう一方のディレクトリで同期を取ります。

同期

ステップ 3. 「フォルダを追加」をクリックし、外付けHDDから対象のフォルダを選択してください。

フォルダを追加

ステップ 4. 以下の画像のようにドロップダウンメニューをクリックし、「クラウドドライブを選択」をクリックし、次のウィンドウで「Dropbox」を選択してください。

クラウドドライブを選択

ご注意:Dropboxの特定のフォルダにバックアップする場合は、Dropboxをダブルクリックして、Dropboxにすべてのフォルダが表示されます。次に、フォルダを選択してください。

ステップ 5. すべてをセットアップしたら、「開始」をクリックしてください。

開始

まとめ

外付けHDD上のデータを保護するための最善の方法の1つは、外付けHDD上のデータをDropboxにバックアップすることです。Dropboxへのバックアップの主な利点は、どこからでも任意のデバイスでバックアップにアクセスできることです。というのは、インターネットに接続している限り、バックアップのコピーが取得できます。でも一方、操作中にいくつかの制限があります。

外付けHDDのバックアップソフトウェアは非常に重要です。適切なソフトウェアにより、すべてが簡単になります。AOMEI Backupperにより、簡単にクリックするだけで、外付けHDDのデータをバックアップすることができます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較