By ゆき / 最後の更新 2021年01月20日

回復パーティションとは?

回復パーティションとは、システムハードドライブ上の特殊なパーティションのことで、普段これを使うことはありません。システムに問題が発生したり、パソコンの調子が悪くなったりする場合にシステムを工場出荷時などの特定の状態に復元するために使われます。

    回復パーティションには2種類あります。

    ①Windows回復環境(WinRE)を保存するパーティション:これは、WindowsをGPTディスクにインストールすることによって作成されます。通常、Windowsの回復パーティションには、オペレーティングシステムしか含まれないため、数百MB単位の小さなものです。Windows10の回復パーティションは、450MBだけで、Windows8や7ではもっと少なくなります。

    ②リカバリーパーティション:これは、パソコンの製造メーカー(Dell、Lenovo、HPなど)によって作成され、プリインストールされたもので、工場出荷時のデフォルト設定に復元するためのものです。これには、OS、各種ドライバー、アプリが含まれるため、数十GB単位の大きさになります。

Windows 10/8/7で回復パーティションを安全に削除する方法

Windows8の標準機能で回復パーティションを作成

Windows8ではトラブルシューティングと回復のために使用される回復ドライブ(USBメモリ)、システム修復ディスク(CDまたはDVD)を作成できます。

回復ドライブ(USB)を作成

手順 1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロールパネル」をクリックします。「コントロールパネル」が表示された後、「表示方法」を「大きいアイコン」または「小さいアイコン」に切り替え、「回復」をクリックします。そして「回復ドライブの作成」をクリックし、「ユーザーアカウント制御」が表示されるので「はい」をクリックします。

回復ドライブの作成

手順 2. 「回復ドライブの作成」が表示された後、「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。

※ヒント:パソコンに回復パーティションが保存されていない場合は、チェックボックスは灰色で表示され、チェックを入れることができません。チェックを入れることで、回復パーティションがUSBメモリにコピーされます。作成された回復ドライブ(USB)を使用してパソコンをリフレッシュまたは初期状態に戻すことができます。

回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします

手順 3. 「USBフラッシュドライブの接続」が表示された後、回復ドライブの作成に使用するUSBメモリ(十分な空き容量を確保してください)をパソコンに接続します。そして「次へ」をクリックし、「USBフラッシュドライブの選択」が表示された後、「使用可能なドライブ」欄から対象となるドライブ(USBメモリ)をクリックし、「次へ」をクリックします。

使用可能なドライブ

手順 4. 回復ドライブを作成する時、USBメモリ上に保存されているデータはすべて削除されるため、重要なデータをバックアップしておくことを確認し、「作成」をクリックします。

※ヒント:回復ドライブに回復パーティションがコピーされたので、「回復パーティションを削除します」をクリックすると、ハードディスク内に保存されている回復パーティションは削除されます。回復パーティションを削除すると、ドライブの空き領域を増やすことができますが、回復ドライブを利用しないと、パソコンをリフレッシュしたり初期状態に戻したりすることができなくなります。

システム修復ディスク(CD/DVD)を作成

USB回復ドライブを作成する機能はWindows8以降に追加されます。Windows7ではシステム修復ディスクだけを作成できます。もちろん、この機能はWindows 8にも搭載されています。

手順 1. Windows8のシステム修復ディスクを作成するには、まず「コントロール パネル」⇒「システムとセキュリティ]⇒[ファイル履歴]の画面左下に表示されるメニューから「Windows 7のファイルの回復」(このアプレットは名称から誤解されがちだが、実際にはWindows 8のバックアップや復元に関わる操作が可能だ)を開きます。

※ヒント:「コントロール パネル」右上の検索ボックスに「回復」と入力し、「Windows 7 のファイルの回復」を選択することもできます。

Windows 7のファイルの回復

手順 2. 次に、左側メニューにある「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

システム修復ディスクの作成

手順 3. すると「システム修復ディスクの作成」というダイアログが表示されるので、書き込み可能なCD/DVDドライブに空のCD-R/DVD-Rメディアを挿入します。そのドライブをダイアログ上で選択してから「ディスクの作成」ボタンをクリックすると、システム修復ディスクの作成が始まります。

※ドライブの書き込み速度にもよりますが、数分で完了するはずです。システム修復ディスクの容量は64bit版のWindows8で約240MBなので、CD-Rでも十分です。

ディスクの作成

Windows8に標準搭載されている機能は回復パーティション(回復ドライブおよびシステム修復ディスク)をUSBまたはDVD/CDに作成できますが、簡単な作業ではありません。しかも、十分な容量があるUSBメモリ、空のDVD/CDなどを用意しなければなりません。次は、Windows8で回復パーティションを作成するためにより簡単な方法をご紹介しましょう。

シンプルな方法で回復パーティションを作成

如何なるストレージデバイスを準備することなく、1つのソフトウェアをダウンロードするだけで回復パーティションを作成する方法がありますか?

Windows8回復パーティション作成ソフト

OneKey Recoveryは、システムバックアップの簡単な手段を提供するために設計された強力なユーティリティです。Windows7またはWindows8で回復パーティションを作成するのによく使用されています。

メーカー製のパソコンにおいて、出荷時にOneKey Recoveryソフトウェアがあらかじめインストールされているかもしれません。例えば、Lenovo OneKey RecoveryはレノボのIdeaシリーズに搭載されているバックアップと復元ソフトウェアです。

※詳細情報:Lenovo OneKey Recoveryでシステムをバックアップして回復ディスクを作成することができます。もし必要ならば、パソコン起動時にOneKey Recovery(ワンキーリカバリー)ボタンを押すことでいつでもパーティションを復元してパソコンをご購入時(工場出荷時)の状態に戻すことができます。

通常、OneKey Recoveryで作成された回復パーティションは隠しパーティションとしてハードディスクに保存されています。Lenovoのほか、Dell、HP、Toshibaなどのメーカーも独自のOneKey Recoveryを持っています。ユーザーにとってOneKey Recoveryはコンピュータセキュリティ(安全性)を保つための良い方法です。

しかし、上述のOneKey Recoveryには、いくつかの欠点があります。例えば、Lenovo OneKey Recoveryソフトウェアはレノボ製のPCだけで使用可能ですが、東芝製のPCにインストールできません。東芝製のPCでTOSHIBA Recovery Wizardだけは使用可能ですが、その使い方とLenovo OneKey Recoveryはかなり違うので、Lenovo OneKey Recoveryの操作に慣れているユーザーはTOSHIBA Recovery Wizardを使用したくないかもしれません。

ここでは、ほとんどすべてのパソコンにインストールできる、誰でも簡単に使えるOneKey Recoveryソフトウェアを強くお勧めします。それはAOMEI OneKey Recoveryです。

AOMEI OneKey Recoveryで回復パーティションを作成

AOMEI OneKey Recoveryは、自作パソコンであろうと、メーカー製パソコンであろうと、すべてのWindowsパソコン(Windows 10、8.1/8、7、Vista、XP、Windows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019、SBS 2003/2008/2011、WHS 2011)に対応します。回復パーティションを作成するために、USBメモリ、DVD/CDなどのストレージデバイスを準備する必要がありません。作成されたシステムイメージを保存する場所もWindowsエクスプローラに表示されません。

無料体験 Win PC&Server

AOMEI OneKey Recoveryの操作はLenovo OneKey Recoveryに似ていますが、Lenovo OneKey Recoveryよりもわかりやすく簡単に使用できます。このソフトウェアのメイン画面は次の通りです。ただ2つのボタンがあります。

メイン画面

Windows8の通常時には「OneKey System Backup」ボタンをクリックすると、システムをバックアップして回復パーティションを作成することができます。「OneKey System Recovery」をクリックすると、復元を実行してパソコン全体をバックアップした時点の状態に戻すことができます。パソコンが正常に起動しない場合には、起動時に「F11」または「A」キーを押すと回復環境でAOMEI OneKey Recoveryが起動するので、そこからバックアップまたは復元を行うこともできます(BIOSとUEFI 環境で起動方法が異なります)。

終わりに

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。

そのほかのAOMEIバックアップ&復元製品

AOMEI Backupper Professionalという強力なバックアップ&復元ソフトもあります。システムだけでなく、ディスク/パーティション/ファイルのバックアップ&復元も簡単かつ迅速に実行できます。1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~

ab techplus