いつ、パーティション/ボリュームの復元が必要?

ハードディスクを複数の領域(パーティションまたはボリューム)に分割して、まったく違う用途のデータを別々に格納しているのはかなり便利でしょう。しかし、パーティションまたはボリュームはいつも安全な場所とみなされるわけではありません。パソコンにエラーが発生し、パーティションにアクセスできなくなったり、パーティションを誤って削除してしまった場合、その上の重要データも消失するかもしれません。

こういう場合には、何らかの原因で破損/紛失してしまったパーティション(またはボリューム)を復元して、失ったデータを取り戻すことができます。

パーティション/ボリュームを復元する必要がある場合:

●パーティション/ボリュームに保存されたデータを喪失しました。たとえば、Dドライブのデータを誤って削除しました。

●ファイルシステムが破損しています。たとえば、パーティションをダブルクリックすると、「ドライブ *: を使うにはフォーマットする必要があります。」というエラーが表示されます。

●パーティションテーブルが無効になったり破損したりすると、パーティション/ボリュームが正しく機能しなくなります。

●ウイルスやマルウェアを完全に削除またはクリアするためにパーティション/ボリュームを消去する必要がありますが、その上のデータがすべても削除されます。

●ダイナミックボリュームのメタデータ領域が見つからなかったり、破損しています。

しかし、パーティションの復元を実行するために、事前にパーティションのバックアップまたはダイナミックボリュームのバックアップを作成する必要があります。日頃から重要なデータを、定期的にバックアップしたほうがいいです(バックアップという良い習慣を身につけよう)。データを失ってもバックアップから復元することにより、簡単に取り戻すことができます。

パーティション/ボリューム復元フリーソフト(無料)

AOMEI Backupperは世界中のデータを常に守ることに専念します。その無料版「AOMEI Backupper Standard」はパーティション復元フリーソフトとして、復元の機能だけでなく、強力なバックアップ機能も持っています。人々の要求をほとんど満たすことができます。

AOMEI Backupperはディスク/パーティション(またはダイナミックボリューム)/システム/ファイルのフル/差分/増分バックアップを作成したり、復元を実行することができます。Windows PC(Windows 10/8.1/8/7/XP/Vista)およびWindowsサーバ(Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003)をサポートします。また、MBR/GPTディスク、プライマリパーティション/論理ドライブ、ダイナミックボリュームなどに対応します。

★今すぐ無料版や体験版をダウンロードして試してみましょう。

AOMEI Backupperでパーティションを復元する手順

上述のように、パーティションを復元するために前もってAOMEI Backupperでパーティションをバックアップしてイメージファイルを作成する必要があります。イメージファイルがなければ、復元操作を実行できません。

そのため、作成したイメージファイルを大切に保管してください(例えば、外付けHDD、CD/DVD、USBメモリ、共有フォルダなどに保存する)。万が一の時に、そのイメージファイルを利用してパーティションを正常に復元することができます。

次はAOMEI Backupperで紛失したパーティションまたはボリュームを復元する方法についてご紹介しましょう。

ステップ 1. このパーティション復元ソフトをダウンロードし、インストールし、起動します。復元したいイメージファイル(パーティションバックアップタスク)を選択します。イメージファイルの選択に2つの方法があります。

◎方法 1:左側にある「復元」タブ→「タスクを選択」をクリックして、すべてのバックアップタスクが表示されます。復元したいイメージファイルをクリックして 「次へ」をクリックします。

Backup List

※ご注意:対象のイメージファイルがバックアップタスクの一覧に見つからない場合、「イメージファイルを選択」をクリックして、保存先によりイメージファイルを手動で指定することができます。

◎方法 2:「ホーム」タブで、復元したいパーティションバックアップタスクを選択して「復元」をクリックします。

Home Restore

ステップ 2. イメージファイルから復元したいパーティションまたはボリュームを選択して「次へ」をクリックします。

Backup Point

ステップ 3. パーティションの復元先を選択して「次へ」をクリックします。パーティションまたはボリュームを元の場所へ復元することをお勧めします。もちろん、別のパーティションも選択可能です。

Partition Restore

ステップ 4. 最後は問題なければ「開始」をクリックして、パーティションの復元操作を実行します。(※ヒント:「パーティションを編集」をクリックして、復元先のパーティションのサイズを変更することができます。)

操作概要

ステップ 5. 復元操作が終わったら、「完了」をクリックしてプログラムを終了します。

ご注意:復元先のパーティションに実行中のプログラムがある場合、それを中止するか再起動モードで復元を実行します。システムパーティションを復元する場合、コンピュータの再起動が要求されます。システムパーティションが損傷して、システムが起動できなくなる場合、ブータブルCDを利用してシステムパーティションの復元を完成することができます。