AOMEI Backupperによってのディスクリカバリー、ディスクの復元

なぜディスク復元が必要ですか?

ハードディスクは、一定期間に使用された場合、データが損失する可能性は高いです。全てのデータは、何か重要な役割があります。ディスクリカバリの方法は、データ保護の一つのオプションです。ディスクリカバリーの前提条件は、事前のディスクのイメージファイル作成です。ディスクバックアップの重要性をご理解ください。「ディスクバックアップ」をご参照下さい。データ損失の原因が表示されています。

  • ご存知のように、現在の開発情報化時代では、様々なウイルスからいつでもデータの損失につながっています。

  • 何かの理由で、ディスクをフォーマットする必要があります、またはアクセスできないということをプロンプトされます。フォーマットした後、ディスク上のすべてのデータが失われます。

  • 間違った操作でディスクは読み込めなくなります。ディスク上のデータ損失になります。

  • データの損失は、ディスク上の「不良トラック」と「不良セクタ」の問題から生じている可能性があります。

  • 「無効なディスク」とプロンプトされた場合は、ディスクをフォーマットする必要があります。その結果、ディスク上のデータも失われます。

上記のようなすべての状況にとって、ディスクのリカバリーが非常に重要です。同時に、任意の時点で、ディスクバックアップをすることが必要です。バックアップイメージファイルを持っている場合、任意のデータ損失も復元することができます。

AOMEI Backupperによってのディスク復元

AOMEI Backupperは、ほとんどのユーザーの基本的なニーズを満たせます。ディスク/パーティション/ボリュームの復元とバックアップ両方を完成することができます。 「パーティションとボリュームのバックアップ」「パーティションとボリュームの復元」には詳細情報があります。この記事を読んで、詳細がわかるようになります。この専門的なソフトウェアは、Windows2000以降のWindowsオペレーティングシステムのすべてのエディションで動作できます。MBRまたはGPT、内蔵または外付け、ベーシックまたはダイナミックディスクと関係なく、このプログラムは、理想的に働けます。例えば、Windows 7のダイナミックディスクをバックアップしたいならここをクリックして方法を参考できます。

前に述べたものについては、ディスクリカバリーが前提条件があります。事前にディスクをイメージファイルにバックアップすることです。バックアップされたイメージファイルがない場合、ディスク回復動作は実行できません。この資料の冒頭に述べた資料を参照してディスクバックアップの実行方法を明確にできます。イメージファイルの安全性を確保するために、CD/ DVDに書き込むことができます。

ここでディスク復元の手順を表示します。

ヒント:事前にバックアップを作成する必要があります。そして、このフリーウェアを ダウンロード し、インストールして起動します。

ステップ1:次の2つのアプローチで、復元したいバックアップを選択して復元を開始します。

アプローチ 1:
「ホーム」タブで、対応するバックアップタスクの「復元」オプションをクリックします。

Home Restore

そして、それは復元タブにスキップします。選択したバックアップタスクのすべてのバックアップバージョンが表示されます。復元したいものを選択して、「次へ」をクリックします。

Restore

アプローチ 2:
「復元」オプションをクリックしてして、すべてのバックアップタスクが一覧表示されます。 復元したいものを選択して「次へ」をクリックします。 イメージファイルがリストボックス(例えば、ディスクがCDまたはネットワークパスにバックアップされている場合)に表示されない場合、「パス」ボタンをクリックしてバックアップしたイメージファイルを参照します。

Backup List

次のインタフェースでは、このバックアップタスクの時点を選択して「次へ」をクリックします。

Backup Point

ステップ 2: バックアップ·バージョンを選択した後、イメージファイル内のソースディスクを選択して「次へ」をクリックします。

(ディスク全体を復元しない場合、「ディスク上のパーティションを復元」ボタンをクリックしこのディスク上のパーティションを選択して復元することができます。)

Backup Point

ステップ3: バックアップされたイメージファイルを復元する宛先ディスクを選択します。「次へ」をクリックします。(宛先ディスクとしてバックアップされたディスクまたは他のものを選択することができますが、我々はバックアップされたディスクをお勧めします。)

Destination Disk
注意:宛先ディスク上のデータが上書きされますので、重要なデータをバックアップまたは、別の場所に転送してください。

ステップ 4: ソースディスクと宛先ディスクは、このステップで表示されます。動作を確認して「開始」をクリックします。

Destination Disk>
注意:
  • 「パーティションのサイズを編集」をクリックして、宛先ディスク上のパーティションのサイズを編集することができます。「パーティションのサイズを変更せずにクローン」、「全てのパーティションをディスクにフィット」、「ディスク上のパーティションを編集」三つのオプションを含んでいます。

  • 「セクタ単位の復元」項目は選択可能です。

ステップ 5: 操作が完了したら、「完了」をクリックします。

注意:

宛先ディスク上の任意のプログラムが実行されている場合、プログラムはそれを終了すると要求します。終了できない場合は、操作を完了するためにこのソフトウェアは、プロンプトを表示し、自動的にコンピュータを再起動します。

AOMEIのバックアップと復元のユーティリティを使用して、ディスク全体、または単にパーティション、さらにいくつかの選択的なファイルを復元することができます。記事「選択的なファイルの復元」を読んでより多くの情報を得られます。異なるストレージデバイスにディスクを復元することができます。例えば、SSDにHDDを復元します。このソフトウェアが起動すると、以前のすべてのバックアップ·タスクが「復元」インターフェースに表示されます。ここでは、対応するタスクを選択してまたはイメージファイルを開いてイメージファイルを復元することができます。