WindowsでIDE HDDをSATA SSDにアップグレードする最も簡単なソリューション

IDEとSATA HDDについて

IDE(Integrated Drive Electronics)インターフェースはWestern Digitalとコンパックコンピュータによって開発され、ATA(Advanced Technology Attachment)またはパラレルATAとも呼ばれます。IDE HDDは1986年から、コンピュータに広く使用され、最大133MB/sのデータ転送速度があります。IDEは最初のHDDの標準インターフェースで、何十年も続いています。

IDE HDD

しかし、技術の発展とともに、HDDのデータ転送速度はものすごく上がっていきます。この伝統的なIDE HDDは、もはや人々の要求を満たすことができません。2003年以降に登場した、新しいタイプのデータ転送の規格SATA( シリアルATA)HDDは素早くIDE HDDに取って代わります。SATA HDDはクロック信号を埋め込んで稼働するので、誤りを訂正するのにもっと優れた能力があります。それはデータ転送の信頼性も高めます。また、IDEはホットプラグをサポートしないがSATAインターフェースはそれをサポートします。

IDE HDDをSSDにアップグレードする理由

IDE HDDと比べてSATAディスクは多くのメリットがあります:

まず、SATAディスクのデータ転送速度は6GB/sです。これはデータ転送速度を上げたいユーザーのニーズを満たします。そして、SATA HDDは大きな容量で作成されます。IDE HDDであろうと、SATAディスクであろうと、その主な目的は様々なデータを保存することです。間違いなく、PCユーザーの中で大きな容量のあるHDDはもっと人気を得ることができます。最後は、ここで他の技術的特徴を一つずつ説明しないが、これらの技術は私たちにもたらす便利性からみて、IDE HDDをSATAディスク(つまりSSD)にアップグレードする価値があります。

古いHDDを新しいHDDに置き換えた後、一部のユーザーはクリーンインストールを行おうとします。それにもかかわらず、ほとんどのPCユーザーはIDE HDDをSATA SSDにクローンするほうが簡単だと気づきます。そのため、全てのソフトウェアやプログラムを再インストール、システム設定を再構築する必要がありません。さて、どのようにIDEをSATAにアップグレードしますか?

IDE HDDをSSDにアップグレードする前に

開始する前に、いくつかのことを準備する必要があります。

  • Windows 10/8/7を実行しているPC。お使いのPCがSATAインターフェースをサポートするかどうかを知っているのは重要です。サポートしない場合、SSDをPCに接続するためにIDE-SATA変換アダプタが必要です。

  • IDE HDDを交換するためのSATA SSD。

  • 頼もしいIDE HDDデュプリケーター – AOMEI Backupper Professional。これはIDE HDDからSATA SSDにデータを移行した後、パソコンが正常に起動することを確保します。AOMEI Backupperは大容量のIDE HDDを小容量のSATA SSD、または小容量のIDE HDDを大容量のSATA SSDにクローンすることをサポートします。これはパーティションのサイズを変更する時間を節約します。

  • ノートパソコンでIDEをSSDにアップグレードしたい場合、SATA-USB変換ケーブルは必要です。

AOMEI BackupperでIDE HDDをSSDに交換する方法

1. SATA SSDをPCにインストールします。AOMEI Backupperをインストールして起動します。「クローン」タブで「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

2. IDE HDDをソースディスクとして選択してSSDをターゲットディスクとして選択します。この手順に注意してください。さもないと、全ての重要なデータを失うかもしれません(ターゲットディスクは上書きされます)。

ソースディスク

ターゲットディスク

3. SSDの読み書き速度を向上させるために、画面の左下にある「SSD 4Kアライメント」チェックボックスをチェックしてください。この部分でセクター単位のクローンを行うかどうかを選択することもできます。

操作概要

4. 最後は「開始」をクリックして操作を実行します。

5. クローン後、古いIDE HDDを取り外してSSDが稼働しているかどうかとをテストできます。SSDから起動する前に、BIOSでIDEモードをAHCIモードに切り替えることを忘れないでください。

ヒント:ブータブルメディアを作成してWindows PEモードでこのタスクを完成できます。これはより少ない電力と時間を費やします。

AOMEI Backupperの助けを借りて、5つの手順だけでIDE HDDをSSDにアップグレードできます。実際に、このオールラウンドソフトウェアは他の多くのことも可能です。SATAディスクのほかに、HDDをMSATA SSDにクローンすることもできます。後でSSDを使用する時、このソフトウェアを使用してファイルを外付けHDDに自動的にバックアップしてPCの保護層をもう1つ追加できます。