By ゆき / 最後の更新 2020年03月28日

デュアルブートとは

1台のコンピュータに内蔵した、2台のディスク上の2つのパーティションに、2つのシステム(オペレーティングシステム)をインストールし、どれかを選んでブートするようになっている、といったような状態のことである。

--フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』により

なぜ、デュアルブート環境でHDDをSSDにクローンするの?

ウィキペディアにより、デュアルブートとは、1台のコンピュータに2つのOSを組み込み、どちらも起動できるように設定する状態または環境ですコンピューターを起動するたびにどちらのOSを起動するか選択できます。

☞デュアルブート環境で古いHDDを新しいHDDまたはSSDにクローンする必要があるかもしれません。

●1. お使いのHDDは容量が小さすぎて、自分のニーズを満たすことができません。より多くのディスク容量を得るために、デュアルブート環境で小容量HDDを大容量HDDまたはSSDにクローンすることができます。

●2. HDDはSSDに比べてあまり優れていません。HDDは「1ドライブで保存できるデータ量が大きい」「容量単価としては安価」という利点がありますが、その読み書き速度が遅いです。SSDはPCやアプリケーションの起動速度が早いですし、「耐衝撃性能が高い」「音が静かで省電力」という利点もあります。そのため、デュアルブート環境でOSの入ったHDDをSSDへクローンするのは良い選択になります。

★関連記事:SSD対HDD:どれが最高の選択肢ですか

●3. 古いハードディスクの調子が悪くなります。HDDの稼動部も精密な構造で、ディスクを回転している軸や、磁気ヘッドが消耗してくると徐々に不具合が発生してきます。また、ウイルス感染、サイバー攻撃、ハードウェア故障やファイルシステム障害なども原因となるかもしれません。そのため、定期的にHDD上のデータをまるごとバックアップするのは素晴らしい方法です。必要があれば、バックアップを新しいHDDまたはSSDに復元することができます。或いはデュアルブート環境でHDDを新しいHDDまたはSSDに直接クローンすることもできます。

●4. HDDを交換・アップグレードするためにOSを再インストールするのはちょっと複雑で面倒です。ご存知のように、システムのインストールには結構時間がかかります。後は、よく使われるアプリやプログラムをインストールしたり、設定したりする必要があります。OSの再インストールを回避するために、デュアルブート環境でHDDをそのままSSDにクローンした方がいいです。

デュアルブート環境でHDDをクローンできるの?

AOMEI Backupper Standardという強力なディスククローンフリーソフトは、Windows10、Windows8.1/8、Windows7、XP、Vistaに対応し、NTFS、FAT32、FAT16、EXT2、EXT3など、ほとんどのファイルシステムをサポートします。どんなデュアルブート環境(例えば、Windows XPとWindows 7とのデュアルブート環境)でもHDDをSSDへ簡単にクローンできます。※「セクター単位のクローン」を利用すると、HDDの使用領域と未使用領域すべてをクローンして、クローンしたSSDも起動できることを確保します。

無料のAOMEI Backupper Standardのアップグレード

システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、またはGPTからGPTへクローンしたい場合、個人用のProfessional版またはビジネス用のWorkstation版にアップグレードしてください。アップグレード後「システムクローン」機能も利用可能です。また、Windows Serverに対応したい場合、Server版を選んでください。もっと見る »

30日間無料体験

高級版

ダウンロード数が2千万回を超えた

デュアルブート環境でHDDをSSDにクローンする簡単な方法

上述のように、AOMEI Backupper Standardは「ディスククローン」機能を提供して、実行中のプログラムを終了せずHDD(すべてのデータ、OSの環境や設定など)を丸ごと別のHDDまたはSSDにクローンできます。「パーティションクローン」機能も備えて、個々のパーティションを選択的にクローンできます。

AOMEI Backupper Standardを使用してデュアルブート環境でのHDDをSSDにクローンする方法は次のとおりです。ここではWindows XPとWindows 7を含むデュアルブート環境を例としましょう~

ステップ 1. クローン先のSSDをお使いのコンピューターに接続して認識できることを確認します。AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。「クローン」タブをクリックして「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. クローンしたいソースディスクを選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

NOTE:ターゲットディスクに保存されている既存データは上書きされるため、重要なデータがあるかどうかを確認してください。事前にAOMEI Backupperの「バックアップ」機能でバックアップを取ることができます。

ターゲットディスク

上書き

ステップ 4. ソースディスクとターゲットディスクの情報を確認します。

NOTE:SSDのパフォーマンスを向上させるために「SSD 4Kアライメント」前のチェックボックスにチェックを入れることを忘れないでください。

操作概要

ステップ 5. 「開始」をクローンして、HDDのクローンを実行します。

進捗状況

ステップ 6. 処理の完了を待っています。終わったら「完了」をクリックします。

    ✎注意点:

  • クローン元のHDDよりも、クローン先のSSDの方がサイズが大きい必要があります。そのため、ターゲットディスクに十分な容量があることを確認してください。

  • クローン中に一部のプログラムやアプリケーションはクローン元のHDDを使用している場合、AOMEI Backupperはコンピューターを再起動してクローンタスクを再起動モードで完成させることが要求されます。

  • この方法でHDDをSSDにクローンした後、クローン元のシステムディスク(HDD)とクローン先のSSDを2台の内蔵ドライブとしてパソコンに取り付けるなら、デュアルブート環境を作成、構成することもできます。

最新版に生涯無料でアップグレードできる

この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。