By ゆき / 最後の更新 2020年05月08日

問題:ドライブは修復できませんでした

USBメモリ、SDカードまたは外付けHDDをパソコンに挿入した時や、書き込みを行っている最中に、「リムーバブルディスクをスキャンして修復しますか?」といったメッセージが表示されるかもしれません。こういう時、「スキャンおよび修復」をクリックするか、または「プロパティ」→「ツール」タブからエラーチェックの「チェック」→「ドライブの修復」をクリックすることでドライブのスキャン・修復を実行することができます。

しかし、以下の「このドライブの修復中に問題が発生しました。ドライブは修復できませんでした。」画面になり、USBの修復ができない場合もあります。

ドライブ修復できない

ドライブ修復できない原因

USBメモリ、SDカードまたは外付けHDDをスキャンして修復しようとする時に、「このドライブの修復中に問題が発生しました」と表示される原因は次のとおりです。

●書き込み過ぎが原因の可能性が高そうです。USBメモリに書き込む場合、10%程度は容量を残しておこうと思います。(この原因なら、メモリの一部のデータを削除して、USBの容量を解放してみることができます。)

●USB 3.0に対応しているメモリをUSB 2.0ポートに接続していることも不安定になる可能性もあるかもしれません。

●ファイルシステムやシステムファイルが破損してしまいます。

Windows 7/8/10で破損ファイルを修復する方法

●「安全な取り外し」を利用せず、USBメモリを外すか、または使用中のUSBメモリを強制的に外します。

●ウイルスに感染してしまいます。

※ヒント:万が一の事態に備えて、日頃からUSBメモリ、SDカードまたは外付けHDDのデータをバックアップしておいた方がいいです。

ドライブは修復できない時の対処法

「このドライブの修復中に問題が発生しました」エラーを修正する前に、データの消失を防ぐために、まずはディスクのバックアップを取っておきましょう。

ドライブのバックアップを行う方法

バックアップを作成するには、強力なバックアップ&復元フリーソフトAOMEI Backupper Standardをお勧めします。AB StandardはWindows 10、8.1/8、7、XP、Vistaに対応し、完全無料ですし、誰でも簡単に使えます。さまざまな国のユーザーたちに信頼されています。

それは、ディスク/システム/パーティション/ファイルバックアップを取ることだけでなく、バックアップスケジュール(デイリー、ウィークリー、マンスリー)を設定することもできます。

◎しかし、USBメモリ挿入時に自動バックアップを行うこと、ターゲットディスク上のパーティションを編集すること、やSSD 4Kアライメントなど、もっと高度な機能を使用したい場合、Professional版にアップグレードする必要があります。

▼AOMEI Backupper Standardでディスクバックアップを実行する手順:

手順 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

手順 2. 「バックアップ」タブ→「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

手順 3. 「ディスクを追加」をクリックして問題が発生するドライブをソースディスクとして選択します。

ディスクを追加

手順 4. 次は他のドライブをターゲットディスク(バックアップ先)として指定します。

バックアップ先

●ヒント:USBメモリ、SDカードまたは外付けHDDなどの対象ドライブを共有フォルダ、クラウド、NASなどにバックアップできます。

NASにバックアップ

手順 5. 最後は「開始」をクリックします。ディスクバックアップが完了したら「完了」をクリックします。

補足バックアップのほか、AOMEI Backupper Standardも素晴らしいHDDクローンフリーソフトです。また、Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、Server版を使用することができます。企業で台数無制限のPCを守りたい場合、Technician版を選ぶことができます。AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

ドライブは修復できない問題の解決策

ディスクバックアップが完了した後、「このドライブの修復中に問題が発生しました」エラーを修正するいくつかの方法を解説しましょう。

√対策1:クリーンブートを実行する

手順 1. セーフモードで起動します。(具体的な方法:パソコンを起動して、Windowsロゴが表示される前にF8キーを連続的に押します。そして詳細ブートオプションメニューでセーフモードを選択します。)

手順 2. セーフモードで「このドライブの修復中に問題が発生しました」エラーメッセージが表示されない場合、パソコンを通常モードで再起動してクリーンブートを実行します。

  • クリーンブートとは:常駐サービスや常駐プログラムを「Windows標準のもの」だけにして、できるだけクリーンな状態でWindowsを起動させること

手順 3. 検索ボックスにmsconfigと入力して「システム構成」を選択します。

手順 4. ポップアップウィンドウで「サービス」タブをクリックし、「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れて、「すべて無効」をクリックします。

サービス

手順 5. そして「スタートアップ」タブをクリックして、「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

スタートアップ

手順 6. ここで表示されるすべての項目を「無効にする」必要があります。そして、タスクマネージャーを閉じてOKをクリックします。

無効にする

手順 7. パソコンを再起動すると、クリーンブート環境で起動します。

※ヒント:以上の手順はWindows 8/8.1/10に適用されます。ただし、Windows 7の場合、「システム構成」の「全般」タブで「スタートアップのオプションを選択」チェックを入れて、「スタートアップの項目を読み込む」チェックを外します。そして「サービス」タブですべての項目にチェックを入れて、「Microsoft のサービスをすべて隠す」チェックを入れて、「すべて無効」をクリックします。

√対策2:chkdskを実行する

手順 1. 検索ボックスにcmdと入力してコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」します。

手順 2. chkdsk F: /f/rと入力してEnterキーを押します。(Fは修復できないドライブのドライブ文字です。)

手順 3. しばらくお待ちください。ドライブのチェック&修復が完了した後、exitと入力してコマンドプロンプトを終了します。

★もっと詳しくはWindows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法を参考にしてください。

  • ヒント:対象ドライブに不良セクタがあれば、スキャンと修復中にデータが失われる可能性があります。

√対策3:システムファイルチェッカーを実行する

手順 1. コマンドプロンプトでsfc /scannowを入力してEnterキーを押します。

手順 2. システムファイルのチェックと修復が完了した後、exitと入力してコマンドプロンプトを終了します。

手順 3. パソコンを再起動して「このドライブの修復中に問題が発生しました」が表示されるかを確認します。

★関連記事:Windows 7/8/10「sfc /scannow」で修復できない時の対処法9つ

√対策4:ハードウェアやデバイスのトラブルシューティングを実行する

手順 1. コントロールパネルを開き、トラブルシューティングを見つけてクリックします。

手順 2. 「ハードウェアとサウンド」の「デバイスを構成する」をクリックします。

デバイスを構成する

手順 3. 次の画面で「詳細設定」をクリックして「自動的に修復する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

詳細設定

手順 4. すると、ハードウェアやデバイスの問題を検出して解決します。トラブルシューティングが完了した後「閉じる」をクリックします。

√対策5:スタートアップ修復を実行する

手順 1. スタートボタンを選び、設定更新とセキュリティ回復の順に選びます。「PCの起動をカスタマイズする」で「今すぐ再起動する」を選択します。

手順 2. PC が再起動したら、「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」→「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

手順 3. そして「スタートアップ修復」をクリックします。修復が完了するまでしばらく待ちます。修復に成功した場合は、Windows 10(OS)が正常に再起動します。

スタートアップ修復

★関連記事:

Windows 7でスタートアップ修復が終わらない時の4つの対処法

PCに問題が発生した時、Windows 10を修復する6つの方法

結論

何らかの原因により、「このドライブの修復中に問題が発生しました」と表示され、ドライブは修復できないことがあるでしょう。こういうとき、大切なデータを失わないようにまずはAOMEI Backkupper Standardを使用してドライブのバックアップを取る必要があります。そして、この記事で紹介されているいくつかの対処法を試してみて問題を解決しましょう。