By Comnena / 最後の更新 2020年05月14日

Windows Server Backupのベアメタル回復とは何ですか?

ベアメタル回復(BMR)は、オペレーティングシステム(OS)またはシステム全体を、「ベアメタル」とは異なるハードウェアを持つ別のマシンに回復できるようにするWindows Server Backupの機能です。BMRを使用してOSを仮想マシンに移行したり、元に戻したりしたら、復元先のマシンにソフトウェアやシステムをインストールする必要がありません。

ベアメタル回復の準備は何ですか?

ベアメタル回復を実行するには、Windows Server Backup(WSB)を利用して、次のことを行う必要があります。

1 . Windows Server 2008(R2)、2012(R2)、2016または2019のベアメタルバックアップを作成します。バックアップ対象を選択する時、「ベアメタル回復」という項目を追加する必要があります。

Windows Serverベアメタル回復

2 . Windows回復環境を使用できるようにするには、Windows Serverリカバリディスクまたはインストールディスクが必要です。例えば、Windows Server 2012を回復する場合は、Windows Server 2012でリカバリディスクを作成する必要があります。

3 . 復元先のドライブに十分なディスク領域があることを確認します。回復する場合、復元先のドライブは、バックアップされたソースディスクと同じサイズかそれ以上である必要があります。

Windows Server Backupを利用してベアメタル回復を行う方法は?

準備が整ったら、以下の手順に従ってWindows Serverベアメタル回復ができます。この方法は、R2を含むWindows Server 2008、2012、2016、2019に適用されます。

手順 1. 新しいサーバーにWindows Serverインストールディスクを挿入し、そこから起動します。言語とキーボードを選択し、「次へ」をクリックします。

Windows Serverベアメタル回復

手順 2. 次の画面で、「今すぐインストール」ではなく「コンピューターを修復する」をクリックします。

Windows Serverバックアップベアメタル回復

手順 3. オプションの選択画面が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。

ベアメタル回復

手順 4. 詳細オプション画面で「イメージでシステムを回復」をクリックします。

ベアメタル回復

手順 5. 目的のオペレーティングシステムをクリックします。今回はWindows Server 2012です。

ベアメタル回復

手順 6. 次の画面で、利用するバックアップイメージを選択します。最新のシステムバックアップイメージを利用したい場合は「利用可能なシステムイメージの~」を選択します。「次へ」をクリックします。画像が外付けHDDに保存されている場合は、ドライブを新しいサーバーに接続する必要があります。

ベアメタル回復

手順 7. バックアップバージョンを指定したら、「完了」をクリックしてベアメタルの復元を開始します。復元するデータの量によっては、しばらく時間がかかる場合があります。

ベアメタル回復

プロセスが完了したら、新しいサーバーマシンで以前のOSを起動できます。前述のように、復元先のドライブがソースディスクよりも小さい場合、リカバリは次のエラーで失敗します:「システムの復元は正しく完了しませんでした。」もっと簡単なWindows Serverバックアップソフトウェアが欲しいなら、AOMEI Backupperを試して、サーバーを異なるハードウェアに復元することができます。

簡単なWindows Serverベアメタル復元ソフトウェアーAOMEI Backupper

AOMEI Backupper Serverは、最も簡単なデータバックアップ&災害復旧ソリューションです。Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019(R2を含む)およびWindows PCシステム(Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP)をサポートします。Windows Serverバックアップとは異なり、ベアメタル回復を実行するときに、より小さなディスクに復元できます。

ご存知のように、新しいサーバーのファームウェアは元のサーバーと異なる場合があります。その場合、BIOSまたはUEFIのせいでシステムイメージ復元ができません。でも、AOMEI Backupperを使用して、MBRからGPTディスクに直接復元することができます。30日間の無料トライアルをダウンロードして、AOMEI Backupper経由でベアメタル復元を実行しましょう。

無料ダウンロード

Windows Serverシステム向け

AOMEI Backupper Server

30日間無料体験版

✎注:上述のとおり、まずAOMEI Backupperを使用してサーバーのバックアップを取る必要があります。システムに関係するパーティションのみを含む「システムバックアップ」を作成できます。或いは、起動ディスク全体を含む「ディスクバックアップ」を作成できます。

AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Serverベアメタル回復を行う方法は:

ステップ 1. AOMEI Backupperで作成したブータブルメディアをWindows Serverに接続し、そこから起動します。バックアップイメージを外部ドライブに保存した場合は、ドライブもWindows Serverに接続します。

ステップ 2. AOMEI Backupper Serverをロードした後、「復元」と「イメージファイルを選択」をクリックして、前に作成したバックアップイメージファイルを探します。

ベアメタル回復

ステップ 3. 「イメージ情報」ページで、「このシステムイメージを復元」を選択し、下部にある「システムを他の場所に復元」を選択します。

ベアメタル回復

ステップ 4. Windows Serverのベアメタル復元を受け取る場所を指定し、「次へ」をクリックして続行します。

ベアメタル回復

ステップ 5. 「操作概要」ページで、実行する操作をプレビューします。異なるハードウェアに復元した後、システムが起動可能であることを確保するには、「ユニバーサル復元」オプションを選択します。「開始」をクリックして復元を開始します。

ベアメタル回復

しばらくすると、プロセスが完了します。

まとめ

Windows Server Backupのベアメタル回復を実行する方法はなんですか?このページでは、ステップバイステップのガイドと他のWindows Serverベアメタル復元ソフトウェアが提供されています。Windows Server Backupのベアメタル回復と比較して、AOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」は簡単で高速です。HDDまたはSSDのファームウェアや容量が異なることを心配する必要もありません。

もし、社内の無制限のPCとサーバーを復旧したいなら、AOMEI Backupper Technician Plusはオススメです。それは無制限クライアントに有償技術サポートをサービスとして提供することができます。また、社内の台数無制限のPC&サーバーを保護することができます。そして、生涯アップグレードを購入したなら、AOMEI Backupper Technician Plusを以降のバージョンへアップグレードするには更新料を支払う必要がありません。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。