By Akira / 最後の更新 2022年06月27日

エラー:Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした

SFC(システムファイルチェッカー)は、ユーザーがWindowsシステムファイルの破損を検出、修復することを可能にするWindowsのユーティリティです。しかし、時々「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。」と表示されて、システムスキャンの検証フェーズが16%、27%でブリーズしていて、「sfc /scannow」で修復できないこともあります。

Windowsリソース保護エラー

では、こんなになったらどうしますか?このページでは、「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」エラーを解決するため、4つの方法を説明します。興味があれば、続けて読んでください。

解決策:Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした

方法 1:セーフモードでSFCを実行する

1. 「Windows + R」を押して、検索ボックスで「msconfig」と入力して「OK」を押して「システム構成」を開けます。

2. 「ブート」タブで、「セーフブート」を選択して「OK」をクリックします。

セーフブート

3. そして、「再起動」を選択します。後は再び「sfc /scannow」を実行して、正常に機能するかどうかを確認します。

方法 2:「CHKDSK」コマンドでディスクエラーをチェックする

1. 「スタート」から検索ボックスに「cmd」と入力します。次に「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. 「chkdsk C: /r」と入力して「Enter」を押し、ドライブ上の不良セクターを見つけて読み取り可能な情報を復元します。(Cはシステムディスクです。他のドライブ文字に置き換えることもできます。)

3. ターゲットドライブが起動ディスクの場合は、「次回のシステム再起動時に、このボリュームのチェックをスケジュールしますか」と表示されたら、「Y」と入力します。

CHKDSK

4. 「exit」と入力して「Enter」を押し、コマンドプロンプトを終了します。

5. コンピュータを再起動すると、OSがロードされる前に「chkdsk」コマンドが実行します。もう一度「sfc /scannow」を実行して、問題がまだ存在するかどうかを確認してください。

方法 3: Winsxsフォルダのセキュリティ記述子を変更する

1. 「コマンドプロンプト」を管理者として実行します。

2. 「ICACLS C:\Windows\winsxs」と入力して「Enter」を押し、Winsxsフォルダのセキュリティ記述子に関する問題を修正します。

3. 「exit」と入力して「Enter」を押し、コマンドプロンプトを終了します。

Winsxs

4. コンピュータを再起動して「sfc /scannow」を実行し、問題が解決したかどうかを確認します。

方法 4:Windowsインストールを修復する

ここでは例としてWindows 10を取ります。

1. Windows 10で管理者アカウントにサインインします。

2. インストールした他社製のウィルス対策プログラムまたはセキュリティプログラムを無効にするかアンインストールして、Windows 10へのアップグレードを妨げないようにします。Windows10のインストールが完了したら、再インストールできます。

3. 最新のWindows 10インストールIOSファイルをダウンロードしてください。

4. ISOファイルをダブルクリックしてマウントします。ルートディレクトリで「setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。

5. Windows 10セットアップウィンドウが表示されたら、「今すぐダウンロードしてインストールする」を選択して「次へ」をクリックします。

6. 「ライセンス条項」ページでは「受け入れ」を選択します。

7. Windows 10セットアップは利用可能なアップデートを確認します。

8. Windows 10のインストール準備を整うと、選択した内容とアップグレード後に何が維持されるのかがわかります。「個人用のファイルとアプリを引き継ぐ」がデフォルトで選択されて、変更するには「引き継ぐものを変更」をクリックします。

セ

9. 準備してから「インストール」をクリックして、Windows 10インストールの修復を始めます。その後、「sfc /scannow」を実行し、問題が解決したかどうかを確認します。

注:Windows 10のインストールにはしばらく時間がかかるから、PCの電源を切らないでください。

万が一のため、先にWindowsをバックアップ!!

「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」エラーを解決する4つ方法があるけど、初心者にとっては、手順が複雑でちょっと不注意と間違えやすいです。データが完全に失われることにならないように、Windowsを定期的にバックアップすることをお勧めします。

AOMEI Backupper Standard(無料)は頼もしくて強力なバックアップフリーソフトです:

▶ファイルバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップの4つのバックアップソリューションをサポートします。
▶Windows PCとサーバ向けのAOMEI Backupperはスケジュールを設定して、毎月、毎日、毎週でバックアップを自動作成することができます。
▶増分バックアップまたは差分バックアップ(差分バックアップはAOMEI Backupper Professionalでサポートされています)を使用して変更されたファイルのみのバックアップをサポートします。これにより、ディスク容量を大幅に節約できます。
▶オペレーティングシステム(Windows 7、8、8.1、10、11、XP、Vistaなど)とストレージデバイス(USB、HDD、SSD、NAS、クラウドなど)で優れた互換性があります。

以下は、AOMEI Backupper Standardを使用してシステムイメージを作成するための詳細な手順です。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. そして「バックアップ」、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. そして、システムイメージを保存する場所を手動で選択します。ローカルドライブ、外付けHDD、USBメモリ、CD/DVD、NAS/共有フォルダ、クラウドストレージなどをバックアップ先として選択できます。

ターゲットディスク

手順 4. 「スケジュール」をクリックする。ポップアップウィンドウで、タスクを定期的にバックアップを設定できます。

スケジュール

手順 5. 操作を確認して、「開始」をクリックして、Windowsのシステムイメージを作成します。

開始

>>オプション:電子メール通知を有効にしたり、バックアップイメージファイルの圧縮レベル、インテリジェントセクターバックアップまたはバックアップサービスを選択したりすることができます。

>>スキーム:古いイメージファイルを自動的に削除して、ディスク容量を節約します。この機能を利用するには、AOMEI Backupper Professionalまたはそれ以上のエディションにアップグレードする必要があります。

▼AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

これで、Windowsのシステムイメージが成功に作成されました。また、AOMEI Backupper Standardの「復元」の機能を利用して、システムイメージを簡単かつ迅速に復元することができます。

結論

この記事では、「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」という問題を解決するのに4つの効果的な方法を紹介しました。ご要望に応じて1つを選んで行ってください。または、sfc /scannowエラーに陥って、Windowsを再インストールすることを避けるため、AOMEI Backupperでシステムをバックアップすることをお勧めします。