By Akira / 最後の更新 2022年11月15日

Windowsインストール済みアプリをバックアップする理由

Windowsを再インストールしたことがあれば、その仕事がいかに退屈であるかを知っています。実際には、Windows OS自体は、インストレーションディスクまたはUSBドライブを使用してすばやくインストールすることができます。しかし、すべてのプログラムとアプリケーションを再インストールし、好きなように設定するには、多くの時間と忍耐が必要です。

従って、うまく作動しているパソコンに対して、現時点でインストールされたアプリケーションをバックアップすることは重要です。いざ何かの不具合でWindowsを再インストールしなければいけない場合、すべてのアプリケーションと個人設定がなくなってしまいます。こういう時に、アプリケーションのバックアップイメージを持っていれば、Windowsとアプリケーションをいちいち再インストールせず、設定せず、すべての手間を省けて簡単に復元することができます。

更に、新しく購入したパソコンに古いパソコンからデータを転送したい場合は、バックアップイメージを持って、データはもちろん、Windowsさえを新しいパソコンに転送することができます。

Windowsの組み込みユーティリティーでインストール済みアプリをバックアップ

Windows組み込みユーティリティーの「バックアップと復元」ツールはこのアプリケーションバックアップのタスクを基本的に完成できます。次に、「バックアップと復元」を使用してインストールされたプログラムやアプリケーションをバックアップする手順を詳しく説明します。デフォルトで、プログラムとアプリケーションはCドライブにインストールされたから、システムバックアップは最も簡単な方法です。問題があれば、システム復元を実行してすべてのアプリケーションを復旧します。

1. Windowsの検索ボックスに「コントロールパネル」と入力し、Enterを押します。コントロールパネルのウインドウに「バックアップと復元」をクリックし、次の画面の左上にある「システムイメージの作成」をクリックします。

バックアップと復元

2. バックアップイメージの保存先を指定します。

バックアップ保存先

ヒントシステムとプログラムをUSBメモリにバックアップする場合は、空き容量が少なくとも64GB以上の大容量USBメモリを準備することをお勧めします。そうでないと、「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」というエラーメッセージが表示されることがあります。

3. バックアップの情報を確認し、「バックアップの開始」をクリックします。

この方法は複雑ではないんです。しかし、Windowsの組み込みツールに制限があります。たとえば、増分バックアップはサポートされていないため、スケジュールされたフルバックアップでは多くのスペースが必要になります。また、「バックアップと復元」ツールでは、NTFSにフォーマットされたボリュームのみ対応します。さらに、システムとプログラムを異なるハードウェアに転送することはできません。

したがって、制限なし高機能のバックアップツールを望むなら、以下を読み続けてください。

AOMEI Backupper Professionalでインストール済みアプリをバックアップ

Windows向けのバックアップソフト

AOMEI Backupper Professionalは、多くの強力な機能を備えたプロのバックアップおよび復元ソフトウェアです。増分バックアップをサポートするので、新しく追加されたファイルのバックアップは多くのスベースを節約できます。最も便利な点はバックアップイメージを違うパソコンに復元できます。これで、新しいパソコンを購入すると、簡単にシステムとプログラムをそこへ転送できます。

このソフトウェアは、NTFS、FAT32、FAT16とexFATは勿論、EXT2、EXT3、EXT4およびその他のファイルシステムをサポートしています。すべてのWindowsバージョンに対応しており、ほとんどのストレージドライブとクラウドストレージをバックアップ対象として指定できます。この強力なソフトは今回のテーマの問題を簡単に解決できます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

インストール済みアプリのバックアップ方法

これから、Windows XP/7/8/8.1/10/11でバックアップを作成する方法を説明します。

1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして実行します。「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。なおCドライブだけではない、他のパーティションにもアプリをインストールした場合は「ディスクバックアップ」機能を利用してください。

システムバックアップ

2. システムドライブは既に自動的に選択されます。バックアップイメージを保存先として指定して済みます。後は「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

宛先パス

ここは、「オプション」、「スケジュール」および「スキーム」の3つのオプションがあります。それらのオプションを利用すると、より高度な設定を行えます:
オプション:イメージファイルを暗号化、圧縮、分割し、メール通知などの設定をします。
スケジュール:名前の通り、バックアップをスケジュールに従って自動的に行います。イベントトリガー、USB挿入などの自動バックアップをサポートします。
ここでディスク容量の使用を抑えるように設定できます。増分バックアップや差分バックアップなどのバックアップ方法を利用して、古いバックアップイメージを自動的に削除し、常に最新バージョンのバックアップに保持することができます。

AOMEI Backupperのほか、Lenovo OneKey RecoveryのようなツールAOMEI OneKey Recovery(OKR)で回復パーティションを直接作成して、システムを回復パーティションにバックアップすることもできます。より便利で、操作しやすいです。パソコンを他の企業や他の人に渡す(または販売する)前にOKRを利用して、システムをバックアップして回復パーティションを作成した方がいいと思います。システムに問題が発生した場合に、回復パーティションのイメージファイルを利用して、パソコンを以前の状態に戻すことができます。また、AOMEI OneKey Recovery Customizationでは自社のイメージやブランド・アイデンティティに合わせて、ロゴ、テキスト、リンク、画像などを含むUI(ユーザーインターフェイス)をカスタマイズすることができます。

無料体験 Windows PCとサーバー
安全かつ高速

まとめ

上記のように、Windowsの組み込みユーティリティーまたはAOMEI Backupper Professionalを使用して、インストール済みアプリとプログラムをバックアップするのは簡単です。より良いバックアップ体験を得て、貴重なデータを保護するためにはAOMEI Backupperをお勧めします。

また、このソフトを利用して、Windows 11を新しいPCに移行できます。興味があれば、ぜひダウンロードしてもっと多くの機能を体験しましょう~