By Comnena / 最後の更新 2020年06月09日

最近、コンピュータネットワークは急速に発展していますので、ほぼすべての家庭には、少なくとも一台のコンピュータを所有しています。また、中小企業は、サーバー・システムのコンピュータを使用して公務を処理しいます。Excel、Eord、TXTやPDFドキュメントそれに一部のアプリケーションの増加と共に、あなたは多分、データの安全性を心配するんでしょう。

このような状況で、Windows Server 2008でWbadminで共有ネットワークにスケジュールバックアップを作成することは最高のチョイスです。

-- 前書き

Wbadminとは

Wbadminは、バックアップ向けのコマンドラインで、Windows 7/8/Vista、Windows Server 2008/2008 R2/2012に適用されたツールです。Wbadminは「Wbadmin enable backup」、「Wbadmin start backup」、「Wbadmin stop job」、「Wbadmin get versions」、「Wbadmin start recovery」、「Wbadmin get status」など多くの機能を持っています。Wbadminはサポートしている機能は異なるバージョンのオペレーティングシステムによって異なります。管理者または管理者グループのメンバーではない場合、任意の操作を実行できません。スケジュールバックアップを作成する場合は、「Wbadmin start backup」の代わりに、「Wbadmin enable backup」を選択してください。

説明:
Wbadmin enable backup:毎日のバックアップスケジュールを構成して有効にします。
Wbadmin disable backup:毎日のバックアップを無効にします。
Wbadmin start backup:1回限りのバックアップを実行します。パラメータを使用しない場合、毎日のバックアップスケジュールが使用されます。
Wbadmin stop job:現在実行中のバックアップまたは復元操作を停止します。
Wbadmin get versions:ローカルコンピューターから復元できるバックアップの詳細を一覧表示します。別の場所が指定されている場合は、別のコンピューターから復元します。
Wbadmin start recovery:指定されたボリューム、アプリケーション、ファイル、またはフォルダーの回復を実行します。
Wbadmin get status:現在実行中のバックアップまたは回復操作の状態が表示されます。

▶ヒント:上述の具体的なWbadminコマンドオプションは「Wbadminコマンドオプションの一覧【バックアップと回復用】」記事を参考にしてください。

enale-backup

Wbadminコマンドを使用してバックアップスケジュールを行う方法

コマンドプロンプトを使用して、ファイル、フォルダ、ボリューム、システム状態およびアプリケーションなどを定期的にバックアップすることができます。次の手順に従ってそれを完成できます。

1. 管理者権限のコマンドプロンプトを開きます。検索ボックスに「CMD」を入力します。結果のリストから「CMD」または「コマンドプロンプト」を選択します。

2. 次のコマンドを実行します:

Wbadmin enable backup
-schedule: 14:00,
-addtarget: \\share1\folder backup
-include: e:\download -user:MI \Jack -password: 123456

これは、ネットワーク上のSHARE1フォルダにEボリュームのダウンロードフォルダを毎日の午後2時にバックアップすることを意味します。また、MIグループのメンバーJackは、パスワード123456を使用して共有ネットワークにアクセスすることができます。バックアップスケジュールを構成する時、自分の状況に基づいてドライブ文字を変更する必要があります。

備考:
-backupTarget:<バックアップの保存場所を指定>
-include:<バックアップに含める項目を指定>
-exclude:<バックアップ除外項目を指定>
-allCritical(バックアップにすべての重要なボリュームを含める)
-systemState(バックアップにシステム状態を含める)
-noVerify(エラー検証を行わない)
-user:<ユーザー名> -password:<パスワード>(共有フォルダへのアクセス許可のユーザー名とパスワードを指定)
-vssFull(VSSを使用して完全バックアップを実行)
-vssCopy(VSSを使用してコピーのバックアップを実行)
-quiet(ユーザープロンプトを表示せずにコマンドを実行)

▶ヒント:上述のWbadminオプションの具体的な使い方は「バックアップと回復のためにWindows Server 2016のWbadminを使用...」記事を参考にしてください。

自動バックアップを作成する特別なソフトウェア

確かに、上記の方法を使用してスケジュールバックアップを作成することは少し難しくて面倒です。また、大きいバグがあります:その前、一度共有フォルダにデータをバックアップした場合、今、同じフォルダに新しいデータをバックアップしたら、前回のバックアップが書き込まれます。また、新しいフォルダにバックアップする場合、それは無効になります。

Wbadminによって作成されたスケジュールバックアップは多くのデメリットがあるので、サード製のソフトウェアを選択するほうが賢明です。AOMEI Backupper Serverは最高のチョイスです。AOMEI Backupper Server版はWindowsサーバー向け、最も簡単なデータバックアップ&災害復旧ソリューションです。そして、多彩な機能を提供します。

✦ 事業継続性を確保する:システム障害が発生する前に、自動または手動ですべての大切なデータをバックアップします。
✦ サーバーダウンタイムを最小限に抑える:WinPEブート環境に対応し、ファイルを選択的に復元します。
✦ ディスクストレージを管理する:自動クリーンアップまたは増分&差分バックアップを実行します。
ユニバーサル復元をサポートする:異なるハードウェアへバックアップイメージを簡単に復元します
✦ すべてのWindows OSに対応する:Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムをサポートします。
リアルタイムファイル同期:ソースファイルを監視し、変更が発生すると、新しく追加、変更または削除されたファイルをターゲットパスに同期します

いま、AOMEI Backupper Server体験版を無料ダウンロードしてお試しください。

AOMEI Backupperを使用してバックアップスケジュールを行う方法

手順 1. AOMEI Backupper Serverの30日間無料体験版をダウンロードし、インストールし、起動します。

手順 2. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」をクリックします。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 3. 「フォルダを追加」をクリックします。バックアップしたいフォルダを追加します。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 4. 次にはバックアップ先を指定します。「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 5. Share/NASデバイスをAOMEI Backupperに追加するために、左下隅の「ネットワーク場所を追加」ボタンをクリックします。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 6. Share/NASのIPアドレスを入力する必要があります。また、Share/NASデバイスの表示名を入力することができます。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 7. Share/NASデバイスを追加した後、Share/NAS内のすべてのフォルダは、右側のリストボックスに表示されます。バックアップイメージファイルを保存するフォルダ(バックアップ先)を選択してから「はい」をクリックします。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 8. インターフェイスの左下隅「スケジュール」をクリックして、いつバックアップタスクを実行するかを設定します。

▶ヒント:上述のスケジュールを制定する具体的な方法は「AOMEI Backupperで自動バックアップをスケジュールする方法」記事を参考にしてください。

★補足:「オプション」をクリックして、圧縮レベルを指定したり、システムイメージを暗号化したりすることもできます。

windows serverバックアップ スケジュール

手順 9. すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

windows serverバックアップ スケジュール


個人PCの場合、AOMEI Backupper Professionalは信頼性が高くてとてもオススメです。@(/o・ェ・o)@/

専門的な個人PC向けのバックアップソフト--AOMEI Backupper Professional

☞AOMEI Backupper Standardの機能をすべて含み、システム/ディスク/ファイル/パーティションのバックアップと復元ができます。
☞システムクローン、ユニバーサル復元、イメージを合併するような新機能を使用できます。
☞差分バックアップなどのような高度な機能を利用できます。
☞CD/DVDにバックアップ、ファイル/フォルダのリアルタイム同期、イメージを暗号化などの機能を使用できます。
☞Windows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Vista、XP(32ビット版と64ビット版)に対応します。

もっと見る »

まとめ

最近、Windows Server 2008のデータの増加に伴って、データの安全性は非常に重要になってきます。共有ネットワークにスケジュールバックアップを作成することがますます必要になります。

AOMEI Backupperは専門的なバックアップソフトです。それはあなたが簡単かつ安全に共有ネットワークにスケジュールバックアップを作成するのに役立ちます。さらに、このソフトウェアは写真を同期、システムイメージを作成、外付けHDDにバックアップなど、より多くの機能を提供します。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。o(〃'▽'〃)o